« April 2004 | Main | June 2004 »

May 27, 2004

ときめきメモリアル 10周年

10年前の今日、1994年5月27日発売。とか。

当時私は小さなゲーム製作下請け会社の新入りプログラマでした。「新入り」なわりにはゲームのメイン部分のプログラム作ったり、ということであまり新入り扱いされなかったですかね。そういう余裕もなかったところのようだったし、自分も「新人」レベル以上の仕事をやれていたと思う。

まあそれはおいといて。当時スーファミも持ってなく、もちろんセガのもNECのも持っていなかった私は、先輩(といってもほぼ同い年) 2人が話題にしているこの PCエンジンのゲームのこともあまり気にしていなかったのでした。

(以下、記憶が曖昧になりつつあるけど)
夏の間にモデム(300bps!!)を後輩から安くもらってダイヤルアップでパソコン通信を始め、最初は技術系の話とか競馬の話とかに参加していたんですもちろんゲームの話題も。そしたらなんかすげー盛り上がってるゲームのスレッドがあったわけですよ、PCEなのにすごい盛り上がりで。それがときメモだったわけで、それらの盛り上がりを見て、自分でもプレイしたくなってきたので、PC Engine DUO-R 本体ごとソフト購入、見事の足を踏み外してしまったわけです(苦笑)。

その後、東京BBS上で特設された@TMEMOに入り浸り、中心メンバーの周辺にまとわりつき(笑)、飲み会に出席し、いろいろと友人知人を増やしていきました。そのうちときメモ声優さんが出るお芝居を観に行こうとか、声優さんと飲みに行こうとか、声優さんに仕事振ろうとか(これは俺か^^;)いう話も出てきて、交友関係から仕事の方向性まで影響受けまくり。とくに交友関係。今メインでつるんでいるメンバーは東京BBS上とかときメモ系BBSとかで知り合ったメンバーばかりです...。

まあ恋愛ゲーとしての金字塔なのはいうに及ばず、我々ファンの人生も歪ませた(笑)ほどの偉大なゲームではあったと思いますよ。これ以降、こんな衝撃を受けるほどのすばらしいゲームには出会えていないような気がします。

おっと DOAX(ビーチバレー)も衝撃作でしたけど、衝撃のベクトルの向きが違うので、そのへんはまた別の話で(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ときめきメモリアル10周年記念週間 2

昨日の事故の話でこっちを書き忘れてたけど、プレイはしました。
うっかり登場キャラクタを増やしてしまい、3年の秋から冬にかけて爆弾の大連鎖が起きてしまいました。もう電話してこないでもわかってるよ、好雄...。
でも、卒業式には外井が ! いや館林見晴んがいました !! よかった。久しぶりのプレイでいきなり女々野郎だったらかなりショックだったろうから(^_^;

そして現在は 2周目を開始。目標は「フォースギアを出す(電脳部を極める)」「詩織狙い」。容姿の落としすぎの気をつければ何とかなるんじゃないかな、と思いつつ2年目文化祭でツインビーを出して、惨敗して中断、また明日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2004

事故現場に居合わせた

今日の帰りは、そこそこ道が空いていたのでロクにすり抜けもせず(普段も停車中の車の間を抜けるぐらいしかしていない)にまったりと走っていました。
ほかのバイクたちはじゃんじゃん追い抜いていき、信号をフライング気味に走り出していきます。私は「あーなんか今日はそんな気力ないやー」とトロトロと加速して、まわりの四輪と同じような速度で走ってました。

家も近くなってきたいつもの交差点、今まで流れていた車の流れが急に悪くなった。「前は何をやっているんだ」と信号待ちの車の脇を抜けて先頭に出てみると、
交差点の端っこに倒れている人と壊れているバイク、そしてそのバイクのモノと思われる破片が飛び散っている様が...。
一人の人がその倒れている人に話しかけ、介抱しているよう。そしてほかにも事故対応の人出が欲しそうだったので、私もバイクを歩道に上げて停車、ヘルメットを脱いで駆けつけました。
「警察には電話しましたか ?」「今、あの人が救急車呼んでます」 ...あう、人身事故だし救急車が先ですよね(^_^; もうすでにオロオロしている俺。
そうこうしているうちにオフ車のバイクの人が車の人(これが加害者だったらしい)を連れてきて、介抱と現場の整理に当たる。また、私と同様通りすがったおニィちゃん(見た目ヤンキー風)が近くの工事現場からパイロンを持ってきたり発煙筒を炊き出したりと手際よくまわりの交通への標示物を置いていくのを見て関心...。やるときはやるんだなぁ。
さて私はオタオタしつつも破片を拾い集めたり、交通整理を手伝ったりと簡単なことをやりつつ介抱の様子などを見る。被害者はどうやら意識などはあるようだけれど、頭を打ったらしくフルフェイスヘルメットの前面が壊れ、鼻血を出していた...。しきりに「意識がなくなる感覚があったらすぐに言ってください」と介抱人に言われている...確かに脳をやられていると急に様態が変わることがあるから...。
救急車、警察が来るまで 10分もかからなかったはずなんだけど、やっぱりこういうときは時間が遅く感じるもので、救急車のサイレンが聞こえてきたときは「やっときたー」という感じでしたよ。
程なく自転車やパトカーで警察官も登場、加害者本人や目撃者に話を聞き始めました。この時点でさっきのヤンキー風ニィちゃんは帰って行った。今考えると俺もこれぐらいで立ち去って良かったのではないかと思う(^_^; なんか帰るタイミングをのがして、目撃者のみなさんが警察と別れる最後までずっとぼけっとまとわりついてしまってました(^_^; もちろん当事者でないし、目撃者でもないし、なにもめざましい仕事もしてなし。

ちなみに目撃者の話によると、信号が赤になるときに突っ込んできた四輪と信号が青になるときに見切りで発進したバイク(50ccスクーター)との接触事故、とのこと。ただし、四輪のほうがそのまま逃げようとしたため、居合わせたオフ車の人が追いかけて連れ戻してきたらしい。...これも偉いなぁ。俺にできるかなぁ。四輪の運転手はおばさんというにはちょっと若めの女性。警察官とのやりとりを聞くとまだ免許取ってそれほど長くないらしい(?)。完全に青ざめていてかなり同様していた様子だったから、彼女は二度と車を運転しないだろう...というか当て逃げを計ろうとするような人はもう運転して欲しくないなー、と思うですよ。

そんなこんなでようやく家に帰ってきた、のはいいんだけれど、道中ガクガクブルブルしっぱなし。いや、帰ってきてからも食欲が落ちて夕食は無理矢理押し込んだ感じ。やっぱりショックを受けてしまったようで、しばらくは丁寧な運転をすることでしょう...。いや、ちょうど「免許取得3ヶ月」で危ない時期じゃないかなと自覚し始めていたし、落ち着いて周りの状況をよく見て走るようにしますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2004

ときめきメモリアル10周年記念週間

と勝手に銘打って、今家で PC エンジン版をプレイし始めました。
押し入れからソフト、PC エンジン DUO-R 本体、AC アダプタ、コントローラを次々と発掘、無事起動できたと思ってオープニングを眺めた後、いざゲームスタートの段になって「メモリーが壊れています」という悲しい知らせが...まあ、何年も放っておいたしなぁ。しょうがないか、とフォーマットをかけ再起動、ゲーム再挑戦。

「あなたの名前を教えてね」懐かしいねー。

苗字、名前、あだ名、誕生日、血液型は自分のものなのですらすらと入れられたが、藤崎詩織の誕生日と血液型...確かこれで所属部と初期相性が変わるんだっけ ? すっかり忘れてるのでてきとーに打ち込む。

そしてようやくプロローグ。けっこう細かい配慮がしてあるんだよねぇ。今観ても感心する。こういう心配りの積み重ねが全体のクオリティの形作っていく、ということを最近のゲーム屋の連中は忘れてはいないだろうか...。おっと、もう引退して数年も経つ部外者が言ってもしょうがないか。
それはさておき、ゲームゲーム。とりあえず運動部で虹野さんを出しつつ詩織もそこそこ相手をする。ほかのキャラは出さないように...。朝日奈さんがぶつかってきたり館林見晴んのイタ電はあるがまだ問題ないな。そして1年目のクリスマスで清川さん追加。まあ順調なのかな。

2年目、部活をそこそここなしつつ学力、容姿を上げていく。なにもしていない清川さんの好感度パラメータが上がりまくっている模様...後で爆弾にならなければいいけど。デートは主に虹野さん。弁当イベントなどをこなしつつ文化祭へ。

ツインビーで惨敗して今夜は終了、また明日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2004

超私的アニメ評価 2004年 5月期

4月期からの変更分。

・恋風: B+ → A「妹モノ」の新しい形。必見。
わざとイタイ方向に進ませているとしか思えない、確信犯的シナリオはもはや「笑える」レベル。

・鉄人28号: D+ → E+
半端な時代考証、シナリオのレベルまで昭和30年代というダメさ加減。見限った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2004

使途不明金

(私は家計簿を毎日 1円単位までつけています)

ここ最近、というか今日と一昨日の分なんだけれど、財布の残高計算が合わない...。
一昨日は x82(82、182、282...)円。今日は x52(52、152、252)円。百の位が不明なのはゲーセンで使った金額がいまいち自信持てないから。でも 82円や 52円の小銭を使うような買い物を忘れるというのは今までなかったことなので、なんか自分の記憶力が心配になってくる...。まずいかなぁ。

本当に何に使ったんだろう。思い出せない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日帰りショートツーリング

7連休にするために今日は休暇を取って、そして日帰りツーリングに行きました。
天気もいいし、(いちおう)平日だし、空いていそうだと思って。

三浦半島をぐるっと回って海岸沿いを鎌倉、江ノ島へ。帰りは藤沢から高速乗ってらくらく日帰り。の予定で。

往き

都内が渋滞する前に出発したかったけど二度寝してしまい、9時に出発。すでに大原交差点を先頭に渋滞...。それでも第三京浜は空いていたのでスイスイと最初の目的地「ペリー記念館」へ到着。まあここは記念碑とか見に来ただけなので写真撮るぐらいで出発。

そして海沿いの道をくねくねと三崎港へ。昼食時に到着、刺身定食を食べる。さすがにマグロが美味しい。ついでに塩辛を買う。

午後は134号線をひたすら西へ...あれ、ガラガラというわけでもないのに 1時間ちょっとで江ノ島に着いちゃった。距離を測り間違えたようで、かなりの時間的余裕が発生。公園でぼけーっとしたり、江ノ島のお宮とか散歩して 3時半ごろ帰路に。

帰り

藤沢市内、1号線、けっこう混んでてノロノロ。それでも有料道路(横浜新道)は流れていたのでスムースに玉川へ到着。
さて環八の大渋滞。さっきの比じゃない。246、環七もずっと渋滞で、江ノ島 - 玉川間よりも、玉川 - 豊玉間のほうが時間かかりましたよ。距離はずっと短いのに...。それでも 18時前には帰宅して、家で夕飯を食べられるほどの余裕がありました。
ちなみに合計走行時間は6~7時間、距離は約180km。

バイクでの高速道路走行はまったく問題なし。すいすいーっと走っててちらっと速度計を見て100km/h出てて驚いてしまうほどで、追い越しとかで120km/h出しても車体・エンジンはまだまだ余裕。...でも自分のビビリミッターが効いてきてなかなかそれ以上スピードを出せずじまい。まあふつーは100km/hでいいかな。

次はどこに行こう。もうちょっと遠出するか、もっと観光を多くするか、かなぁ。今日は見どころのチェックもロクにしていかなかったのであまり観光らしいことをしていないや。宿を取れるなら倍くらい遠い(8~12時間走行とか)ところでも問題ないかな。温泉とかで疲れを取れることが条件だけど(^_^;
それとも次は道連れを見つけて「ソロ」でなくすことが優先課題か ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »