« gooカレンダー | Main | 開運相談 その2 »

February 28, 2005

開運相談 その1

先週末の土日(26日と27日)、ウチに珍しく女性の訪問客が来ました。でも知り合いや友人でもなくましてや恋人なんぞでもなく(泣)、ただの「開運コンサルタント」さんなのでした。

ことの始まりはさらに 10日ほどさかのぼったある朝、そろそろ出勤しようかと準備していたら「ピンポーン」と。

「○○(場所)の開運相談事務所の者なんですが、今キャンペーンで(略」
(飛び込み営業に若い女の子なんて珍しいな。話聞くぐらいならいいか)

そう、言い忘れましたが私はけっこう、この手の「勧誘」に話だけつきあってやって「やっぱり要りません」というのをよくやるんです。駅前で 3分祈らせてあげたりとか、手相見せてあげたりとか、映画のチケット売りつけられそうになったりとかはもちろん、電話勧誘でもマンションとか先物とかいろいろ話を聞くだけならいろいろ聞きましたね。
で、そのときも「若い女の子だし、ちょっとだけ話聞くか」と思ったわけで。たぶんオッサンとかバアサンだったら門前払いでしたね(笑)

「ああ、はいはい」
「今まで手相とか診てもらったことは ?」
「ああ、駅前でよく『手相を見せてください』ってのがいるじゃない、あれに見せたことはありますよ」
「で、どんなこと言われました ?」
「いや、聞き流してたので憶えてない」
「そうですか。今診てもいいですか ?」
「ああ、どうぞ。はい。」

でまあいろいろと言われましたが、やっぱり忘れました。いろいろとイイことを並べてたように思います(^_^; 「ああ、そうなんですか」程度にしか気にしませんから。

で。

「うちは姓名判断とかもやってるんですよ」
「ああ、俺の名前ってつけるときに姓名判断で占ってもらって決めた、って聞いてるので、イイ数字が並んでますよ。例えば総合計 32画は大吉数でしょ ?」
「えーと...(ハンドブックをパラパラとめくって) ああ本当ですね。どうですか ? よろしかったらもっと詳しく、四柱推命なども併せて無料で診断しますけれど ?」
「ああ、無料ならお願いしましょうかね」
「ありがとうございます。ではお誕生日を...」

てな感じで「無料診断」をしてもらうことに。で結果は後日持ってくるとのことでその日は帰って行ったのでした。

でその数日後、忘れかけてた頃に「無料診断の結果が出たのでお伺いしたいのですが」と電話。じゃあ土曜日に来てくださいな、ということで土曜日の訪問になったのでした。

(続く)

|

« gooカレンダー | Main | 開運相談 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/3116196

Listed below are links to weblogs that reference 開運相談 その1:

« gooカレンダー | Main | 開運相談 その2 »