« 夢と言えば... | Main | 超私的アニメ評価 2005年 4月期 »

April 30, 2005

ふっと思い立って富津

もう日付変わっちゃったけど 29日の話。
朝、変な夢でいつもとあまり変わらない時間に目が覚めてしまい、そして外は穏やかないい天気。これは「家にいないで出かけてこい」と言うことだ、と勝手に解釈して(?) ちょこっとバイク乗ってきました。通勤で乗らなくなったから、かなり久しぶり。

んじゃどこに行こう、と考えたときに最初に思い浮かんだのが、ちょっと前まで通っていた職場(出向先)のちょっと先、青海から羽田空港の方へ行ける臨海トンネル。あそこを自分の運転で走ったことがないので行ってみたいな、と。
そこから地図をたどって、「ああ、アクアラインがあるな。うみほたる行くか」「んで木更津に渡って南下するかな。館山まで行けるかな」程度の計画で出発したのでした。10時半ごろ。

久しぶりに通った、以前の通勤路。休日だからかちょっとは空いてたけれどやっぱり混むところは相変わらずで「ここは左折車で詰まりやすいから右車線のほうが流れがいいんだよな」とか思い出しながらお台場へ。直進していた交差点を左折して臨海トンネル方面へ。さすがにこっちに来るとレジャーの車よりトラックなど業務用の車両のほうが多くてちょっとビビりつつ、速度取り締まりを警戒しつつ(苦笑)、トンネルを通過。そして羽田空港方面へ。
アクアライン方面への道が一回でわからずに空港をぐるっと回ってしまいながらもやっと首都高入り口に。料金所のおっちゃんが声をかけてきました「今日は温かくてよかったねぇ。どこまで行くの ?」「ええ、アクアラインへ。風が強くないといいんですけどね~」「ああ今日は吹いてるみたいだね。気をつけて」とか会話して出発。ちょっと首都高湾岸線を走ってからアクアラインへ。
うみほたるまではひたすらトンネル。ひたすら直進。でも周りの車の渦なのかちょっと風を感じたような ? なんか不思議な道でした。飛ばしたくなる気持ちも起きず、まったりと遅い車の後ろを走ってました。
そして「やや混雑」状態のうみほたる到着。天気がイイ ! 暖かい !! そして風が強い !!! ...恐れていたことが。この先の海上部分は 60km/h 規制中だとか。引き返してしまおうかとも思ったけれど「ここまで来たんだし」と木更津方面へ。

横風、風速 15m(泣)。隣車線まで飛ばされたりはしないまでも、かなりフラフラします。レインボーブリッジで 30m(瞬間) とかの風を受けて隣車線まで飛ばされた経験はありますが、距離が短かかったのでちょっとの我慢で済みました。でもこのアクアラインは倍ぐらい(?)長いのでけっこうきつかったです...次来るときは風の具合を調べてからにします...。
アクアラインの料金所で。「いやー風強いですねぇ」「ああ、15mぐらい吹いてるのかな」「走ってて怖かったです」「...(反応よく見てなかったけど返答に困ってた ?)」さすがに毎日現場にいる人だとこのぐらいの風は「いつものこと」っぽいようで、風に飛ばされるようなヤツは来るな、ということかもしれません...。

さておなかも空いたしバイクもガス欠が近くなってきたので木更津市内、県道 87号と90号を食堂とガソリンスタンド(プリペイドカード割引が強力な宇佐美があることは調べてある)を探しながらゆっくり走る、走る...あれ、行きすぎた ? いや、道に迷った ? えーと地図を調べなおして...ああ、こっちだ。なんてことをやりながらようやく宇佐美のスタンドに到着。ハイオク、満タン、プリカでね。
あとは食堂、食堂...あれ、もう富津ですか。んじゃ富津岬のほうに行ってみるかな。ああ、このへんだと食堂とか何軒かあるし、ほかにも客が来てる...けど食堂の外まで行列作ってる...そんなに有名な店なのか。まあ先に岬の方も見てからにするかな。...岬のほうはショボい売店しかない...。ダメだこりゃ。戻ってきてもやっぱりあの店は混んでるな...パスだパス。...なんて考えながら南の海岸沿いの道やらあちこち通って、そういえば「右: 館山方面」「左: 木更津方面」の分岐で左折したかなぁ...気がついたら郡ダムなんてところに着いてました。数週間前ぐらいの「仮面ライダー響鬼」で見たような見ないような池をちょこっと眺めて、よくわからない道から 127号、そして 16号へと帰ってきました。

いいかげんおなかが空ききったところにたまたま見つけた回転寿司屋の「磯あそび」。もう 15時過ぎというのに空席待ちができるほど混んでました。私は 1人だったしちょうどいいタイミングで入ったのかすぐに座れたけれど、後から後から家族連れが入ってきて途切れない。それぐらい繁盛してました。混んでるのに板前が(実質) 1人(ほかは雑用のおばちゃんたち)だったせいか注文をさばき切れない場面も見受けられたけれど、なかなか美味かったので個人的には満足(今調べたらけっこう評判イイみたいですな)。

その後は 16号線を千葉方面にちょっと走って、姉崎から館山道に乗って、東関東道、首都高と戻ってきました。到着はだいたい 18時ごろ。出発が遅かったり寄り道したり道に迷ったりしたから館山までは行けなかったけれども、まあ何かをしたいわけでもなかったので別にいいか。

さて去年犬吠埼に行ったし、両親の実家は大栄だし、房総方面の道はけっこう走ったわけですが、なんつーか「イイ景色」の道がないんですよね。どこ走っても「千葉県の道だなぁ」って感じで見慣れちゃったかも。対照的に三浦半島を久里浜、葉山、鎌倉、江ノ島と通ったときは何度か「おおっ」と思ったりもしたんだけれど...。次回館山へ再挑戦するときはそのへんも下調べしてから行きますかね。

|

« 夢と言えば... | Main | 超私的アニメ評価 2005年 4月期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/3915281

Listed below are links to weblogs that reference ふっと思い立って富津:

« 夢と言えば... | Main | 超私的アニメ評価 2005年 4月期 »