« April 2005 | Main | June 2005 »

May 30, 2005

Skype

最近あちこちで話題の Skype に登録してみました。ID「b-ishibashi」か表示名「びしばし」で検索してみてください。

これだと会社の FireWall を抜けられるっぽいので、昼間でもチャットができそうです(^_^;

ヘッドセットも買うかなぁ。SkypeOut で実家にかけるのにめちゃくちゃ安くなるな。
PC よく使っているとはいえ、親父に Skype 仕込むのは厳しいかな。ヘッドセット買わせて、Skype の使い方教えて、はちょっと面倒かも(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2005

正夢キター けど...

よく予知夢を見る話は前にも書きましたが、今日は「その光景が起きた !」んですよ。いや本当に。

いつ観たものかは忘れましたが。

何か(その当時は)観たことがないゲームをプレイしてるんです。雰囲気は FPSゲームっぽいけれど、でもリアルタイムでぐりぐり動かしてない。そして動いているキャラクタが女性のようなそうでないような...。そして私自身は装備する武器についていろいろと悩んでいる...。

というシーン。今日「これだ !」と思ったそのゲームは「METAL GEAR ACID」でした。これはカードゲームの演出をメタルギア風にしたもので、FPS 風に見えるけれどキャラクタの動きはすべてカードで操作します。女性キャラももちろん登場し、主人公のスネークとそのキャラと両方を操作することもあります。装備について悩んでいたのはデッキ構成についてでした。
もちろんその夢を見た当時(少なくとも PSP 発売前)はこのゲームのスクリーンショットすら観ていない(このゲームの場合は先日買った直前までどんなゲームかぜんぜん知らなかった)わけで、何かの記事から妄想した、というわけではありません。

さて。「夢で見たことが現実でも起きた」わけですが、この後に何が起きるのかまでは憶えてません。いや、そもそもこの先まで一緒に夢に見たのかも定かではありません(^_^; なんて役に立たない「予知夢」。
いや現実なんてこんなものかも。「大事件」を夢見てしまって、それが「起きてしまう」とか「回避できた」とか、どっちもちょっと気味が悪いし。

...って大事件の夢も見たんだった ! 日曜に実家に行くかもしれないよ !! やべー窓の外に気をつけよう(苦笑) ← この話は大ごと過ぎて予知夢だとは信じてない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

木10ドラマ「電車男」、「おまいらのキター!!」大募集

大募集、とのこと。

先日の朗読劇で「キター!!」のシーンに不満があったので、「よっしゃ、TBS に続いて TV 出演しちゃうぞ」とか意気込んで要項を読み進めたら...

尚、素材はDVCでのみ受け付けます

λ...そんな機材持ってませんよ orz 「DVC、誰か頼む」というか、終了。

ノシ、乙。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

安否。

昨日、ふっとしたきっかけで K 社時代の後輩の blog を発見しました。そして読んでちょっと安心しました。

彼は当時から HP を持っていて、いろいろと日記風雑文を書いていた人だったのですが、内容が仕事の愚痴とか「生きてくのがいやになってくる」などのネガティブな話ばかりだったんですよ。そんなだからかあまり反応する読者もいないようで、そして張り合いがないのか仕事が忙しすぎたのか更新も滞りがちだったんです。たまに更新したかと思ったら「忙しくて死にそうです」だったり。
そんなんで私も巡回しなくなって久しかったのですが、いつの間にか blog に移転してまして。そして内容にネガティブな話がなくなっているんです( ! ) どうやらいい転職をして余裕ができたよう。ああ、良かったなぁ、と、何も力になれずに「精進すれ」としか言えなかった私が言える筋合いではないかもしれませんが、まあ知人が幸せになったのはいいことだな、ということで(^_^;

と、ここまでだと「ちょっといい話」かもしれませんが...。

blog の過去ログを読み進めていくと、「嫁が PC を占拠して blog の更新ができません」な内容が...そうか、結婚してたのね。そりゃ幸せなわけだ...ハハハ(オレヨリサキニ...呪呪呪
ウソウソ、おめでとう。つらい思いをした分、幸せもひとしおでしょう。長続きするといいね。

って相手にはまだ連絡取ってないので、ここでこんな話しているとは夢にも思ってないだろうけど。
と、もう一人仲良くしてた(面倒見てた、とは言えない ^^;)後輩はどうしてるんだろう ? ここに移転する前の BBBS にちょっと顔出してたけど、それっきりだなぁ...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

Σ な、なんだってー !!

タイトルは「MMR」でおなじみの決め台詞から。
--
お昼ご飯の時その他喉が渇いたときとかに水分を摂るのに社内自販機で 500ml を 2本買うよりは安いので、毎朝「おーいお茶」の 1L ペットボトルを買って持ち込んでいたんですが、ここ最近 208円が 199円に値下がりしたんです。最初は不思議に思って「POS の登録ミスかな ?」と思ってレジのおばちゃんと「え、208円でイイの ?」「いや、 POS がそういってるから 199円でいいよ」とかやりとりもありましたが、数日で「まあいいや」と納得してたんです。 そういえば日経産業新聞か何かで「おーいお茶 20年目でリニューアル」とか読んだ気がするし、そのついでに値下げしたんだろうと。

で今日になってしげしげと「どこか変わったのかなぁ」とラベルを眺めていたら驚愕の事実を発見。

容量が 900ml に減っている !!

なんということでしょう、容量が 1割減っているのに値段は 5%しか下がってません。つまり「実質的には値上げ」だったのです。ドッギャーン ! と本当に頭の中で響いたような気がしましたよ(^_^; ていうか「朝三暮四」 ?

goo辞書 より http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C4%AB%BB%B0%CA%EB%BB%CD&kind=jn
ちょうさんぼし てうさん― 5 【朝三暮四】

〔「列子(黄帝)」などに見える故事。狙(そ)公(=猿回し)が猿にトチの実を朝に三つ、暮れに四つ与えると言ったら猿が怒り出したので、朝に四つ暮れに三つやると言ったところ猿が喜んだというもの。狙公橡(とち)を賦(くば)る〕
(1)表面的な相違や利害にとらわれて結果が同じになることに気づかぬこと。
(2)うまい言葉で人をだますこと。
(3)命をつなぐだけの生活。生計。


いや、この場合「結果が同じ」になってないからちょっと違うのかな、とにかく「目先の値下げに騙された !!」と思ったですよ。


...しかし、これだけではなかったのです。

「いったいどうして 1L を 900ml に変えたんだ」と伊藤園のサイトを探してみたんです。そしたら、

「おーいお茶 900ml」という商品がカタログにない !!

参考: http://www.itoen.co.jp/products/kobetsu.php?id=1

ええ~~ ! じゃあ俺が毎日買っているこのボトルはいったい !? 実は「やーいお茶」とかのバッタモノですか ?? ていうか衝撃の真実 ??? 「ゴゴゴゴゴ...」と本当に頭の中で響いています。何というかショック受けまくりです...。誰か真相を教えてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 18, 2005

なんで私はこんなところにいるのだろう

今日は、先日「今半」に一緒に行ったドイツの偉い人がエキスポを観に再来日するから、ホテルにアーリーチェックインした後にビッグサイトまで連れてこい、という話だったのですが...。

朝出社したらもうビッグサイトに行っているはずのボスがまだ会社にいます。「思ってたよりとんでもなく早くホテルに着いたらしいから、一緒に行こう」 ええ、一人よりはマシですが...あれ ? そうすると私は要らないんじゃ ? と言う間もなく連れて行かれました。
着いたら即会議棟を登り(そういえば会議棟は初めてだな)、カンファレンスに出席。午前の部 3つのうち 2つめの後半あたりから聞いていました。あまりわからなかったけれど。
で終わったら他の人の流れとは別のところに行きだしました...みなさんあっちに行ってますが ? と言う間もなく 1F のパーティ会場へ。なんか「エグゼクティブのためのレセプションパーティ」なんて書いてあるんですけど...。

そう、VIP であるドイツの偉い人のお供(ボスはお客様の相手をしないといけないから構っていられない)に連れて行かれただけの話だったのでした。もうパーティの間「こんなところにいていいのだろうか ?」と居心地が悪いこと(^_^; 知っている先生もいないし。...まあ何というか「社交界に初めて連れて来られたお子ちゃま」という感じですか ? 映画とかマンガとかだと同じような境遇の異性の子がいて、そこでフラグが立ったりするのですが(苦笑)、現実はそんなことはありませんでした。ぽつーんと一人で、お酒呑まずにご飯食べてました。
その後エキスポ会場を廻るのにもボスはお客様のブースに挨拶回りに行くので「偉い人」のお供で私がついて回ることに。ボスは通訳も期待していたみたいだけれど、どういうものが展示されているのか日本語でもわからないのに英語でなんか説明できません(苦笑)。あまり話さずにぐるっと歩いただけで終了。そして会社に戻ってきたのでした。

やれやれやっと解放されたか、と一息ついて、そろそろ帰る時間。さあ帰るかと準備していたら「おーい、ビール呑みに行くぞ」とまたご指名です。今度は社長も同席ですよ、どう断れましょう(^_^; 結局 4人で今度は天ぷら屋でおいしい刺身と天ぷらをごちそうになりました。ボスと社長と「偉い人」はビジネスの話とかしてますが、私にはさっぱりわかりません。ここでも「なんで俺はここにいるんだろう」と思いつつも「料理もお酒も美味しいからいいか」と言い聞かせました。 「あなたが日本に来ると私はおいしい食事にありつけるので、また近いうちに来てください」とは言ってみたけれどどこまで場になじんだやら(^_^;

そんなこんなで最後は「偉い人」をホテルまで送っていく役目まで仰せつかり、ちょっと遠回りで帰ってきました...ていうか「使いっ走り」 ? まあおいしい食事おごってもらったからいいか。

こういう「自分はここには場違いでは」という違和感がなくなるほど偉くなれればいいんだけれど...どうかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nintendo Revolution

どん尻に控えしは~ というか一番後出しで発表になりました。 会社から手短に。

まだスペックとかは明らかになってないけど、「NES(ファミコン)、64など過去のゲームをダウンロードして動かせます」これにしびれました。Xbox360 では Live についてちょろっと、PS3 は PS/PS2 互換であるというだけ、だったのに。
「下位互換」の話だけじゃなくて「ダウンロード販売」についても含まれているわけで、ゲーム流通というかリリース形態を変えてしまうほどかもしれません。大げさかな(^_^; Xbox Live でもミニゲームをダウンロード販売するみたいだけど、任天堂のほうがいいゲームが揃っているとわかっているだけに安心できるし。

筐体サイズも一番小さいみたいだし、コンセプトも明確だし、今のところ一番気に入ったですよ。
夜になっていろいろ続報を聞いてからまた考えますけど、とりあえず速報を聞いて「スゲー」ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 17, 2005

Playstation 3

Xbox360 に続いて発表されました。まあ E3 の季節だしね。

スペック表を見ると、やたらと「入出力」「通信」端子が多いですね。USB、MS(メモリースティック)、SD、CF、Bluetooth、Wi-Fi、Ethernet。「コレを使ってこういうことができます !」という発表がなかったようで、何がしたいのかよくわかりません。ひょっとしたら「インフラとして下地は作りましたから、あとはみなさんのやりたいように」という意図かもしれないけど、PS2 の IEEE1394 はほとんど使われなかったし最後の型では HDD 用端子もなくしちゃって尻すぼみを起こしてたのでものすごく不安。
HDMI とか、HD 映像とか、dts 音声とかに対応しているのは好感持てるけど、Xbox360 のように「全ゲーム HD 対応」とは言わないようで、しばらくは NTSC(480i) のゲームばかりで HD 対応は大手の大作ものばかりになりそうで、これも不安。
そしてメディア。今ちょうど東芝と話しあっている「次世代 DVD」はどうするの ? PS3 が Blu-ray を採用したら大勢は Blu-ray に傾いちゃうんじゃ ?? 「一応、後期型で対応」としても初代型ユーザを切り捨てられるわけがないのでやっぱり使われるのは BD-ROM になるのでは ??? これも不安。...なんか不安ばかりだな(^_^;

肝心のゲームの画面は、もはや Xbox360 との違いがわかりません(苦笑)。もうどっちでも見た目変わりませんから、面白そうなゲームが出たら買うことにします(^_^; たぶん一般の人の意見は同様にこんなもんだと思います。

さて、クタラギ氏が抱えてる写真観ると、なんか Xbox360 より大きいような気がしますが... 錯覚ですかねぇ。
あと、あの凸部が Xbox360 の凹みとうまく合わさってくれると置きやすいんですが...どうかなぁ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

その後の「School Days」

どうも前回は褒めすぎたっぽい(^_^; 続けていくとけっこうダメな部分が見えてきた。

まずアニメーションのクオリティ。最初の 2話ぐらいと「みどころ」以外はほとんど止まってて、「ああ、最初の方だけで力(とか制作期間とかお金とか)が尽きたんだな」という有様。いや、事情はよくわかるですよ、俺も経験あるし(苦笑)。
そしてシナリオの整合性。基本的に「各話で二人のヒロインのどちらに肩入れするか」で分岐してるようで全 6話。単純に 32通りに分岐している計算になるんだけれど、さすがにすべての選択肢の整合性を保つのは無理だった模様(^_^; まあ難しい作業であるのは理解できるけどね。

最初のほうの出来栄えで全体を作り込んでいたらまさに「神」というか「よくやった」と絶賛していたところだけど、残念だったなぁ。

でも噂のシナリオの破壊力はけっこうでかいですな。これは「H とは別の意味で 18禁」も納得(苦笑)。

そうそう、これ舞台が北府中とか西国分寺とかあの辺のようで、観たことがあるような駅や風景がたくさん出てくるのよね(^_^; 今度改めて行ってみるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

Xbox360

次世代Xbox、Xbox360 が発表されました。(ファミ通の記事公式サイト)

スペックや写真を眺めてみても食指が動かないというか「うおー、すげー !!」って気があまりしないのは何でだろう...。

確かにスペックは「表示能力 5億ポリゴン~ サバ言うなコノヤロー」って一昔前なら子供の冗談みたいな数字ではあるし、「Ninety-nine nights」の画面なんて「ロードオブザリング」の戦争シーンみたいで現行機では絶対に無理だし。

でも「ふーん、すごいね。で、おもしろいの ?」というのが素直な感想かな。やっぱりゲームは「面白くてナンボ」でしょう。もうちょっとソフトの情報が出てこないと買うかどうかの判断はできないかなぁ。

「全ゲーム HD ディスプレイ、5.1ch オーディオ対応」「(基本サービスだけ、だけど)Live 無料」とインフラとしては悪くないので、あとはそれを生かした面白いゲームが出るのかどうかが日本で成功するカギではないかと思うですよ。

そうそう、私は現 Xbox は嫌いじゃなくて、こないだも「Fable」を買ったぐらいなので、Xbox360 で「これだ !」という面白そうなゲームが 1本でも出るなら買っちゃいますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

携帯電話検討中

今まで 7年ほどずっとドコモの PHS を使ってきましたが、とうとうドコモが PHS 撤退を始め、ドコモやウィルコムの「乗り換え優遇」が始まり、じわじわと乗り換えざるを得ない状況な今日この頃なわけで、今まで気にしていなかった「新携帯端末」ニュースとかをよく見るようになったんです(^_^; ちょっと今の時点で考えていることを(後で自分が読み直すために)書いておきます。
ちなみにあまり使ってないのと「長期契約割引」が効いているので毎月 1,500円ぐらいしか維持費かかってません。

・プラン 1: ドコモの携帯(FOMA ?)に乗り換える。メールもウェブもバリバリ。

多機能な 90x シリーズとかだとパケ死しそうなので(苦笑)、M1000 のように「無線 LAN 対応」「フルブラウザ付き」のものを使用。でも M1000 はあまり食指が動かないので N91 の FOMA 版が出ることを期待。
メリット、デメリット: PDA が要らなくなる(?)、どこでもネットアクセス、利用料金大幅増。

・プラン 2: ドコモの携帯(FOMA に限らず)に乗り換える。ほぼ音声だけの使用。

ドコモの乗り換え優遇を使って端末を安く手に入れる。利用は PHS 同様音声メイン。
メリット、デメリット: ほかの機能は今まで通り別端末を利用。利用料金増。親父もドコモ携帯ユーザーなので家族割を使えば安くなるかも。

・プラン 3: ウィルコムに乗り換える。メール等の利用は不定。

ウィルコムの乗り換え優遇を使う。京ポンにしてネットも使うか、音声メインにするかはちょっと未定。
メリット、デメリット: プラン 2 よりは安くなりそうだが、やっぱり今より料金は高くなる。ほかは今とあまり変わらない。


...とはいえドコモの PHS サービス停止は 2~3年先の話(上のリンクのドコモ社長の話)だし、まだ 100万人以上ユーザーがいるので「使えなくなる」という心配はまだ早いわけで、「これだ !」というプランが見つかるまでは今のまま使い続ければいいんだろうけど(なんたって 1,500円で済んでいるんだし)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

朗読劇「電車男」 後編

20050509

前編に続いて後編も見てきました。今度は東京国際フォーラム。前回推理したサイド(?)ストーリーは入場時に配られたチラシの「前編のあらすじ」に全部書いてありました(^_^;

お芝居自体は、ますます「朗読劇」という言葉が似合わない感じで、朴さん(電車男)はほとんど PC の前にいませんでした(^_^; エルメス(井上喜久子)は「(爆撃が)上から来るぞ」の言葉通り宙から登場するわ、パパさん(堀内賢雄)は悲しみのあまり飛び降り自殺しようとするわ、自転車男(高橋広樹)は自転車で舞台上を走り回るわ...こう思い出してみると横山智佐はあまり動き回らなかったかな(^_^; 背後は弦楽団(+ピアノ)の生演奏にスクリーンが 2つ。まあとにかく台詞はスレの内容を早口でまくし立てて「朗読」っぽいけど映像として観るとふつうの「お芝居」ですね(^_^; まあ前回も書いたけど「読み合わせ」みたいな本当の朗読をされてもせっかくの広い劇場がもったいないしつまらなかったろうから、これのほうがよっぽどよかったのですが。

内容はもちろん「電車男」なわけで、今回は後編。「エルメス宅へ行った日」の話と最後の「パソコン購入 → 夜の公園で告白 → ハッピーエンド」の話を中心に、スレの盛り上がりっぷりや電車男のドキドキ感をみっちりこってりと描いたわけで。台詞自体もイイんだけれど朴さんら役者さん方の演技や舞台演出などけっこう引き込まれる感じで、告白のシーンは広い会場全体が水を打ったようにシーンとなって 1,000人の観客も固唾を呑んで見守ってましたね。私も 3階席から身を乗り出して観てました(^_^; いやしかし改めてああいう形で再現されると、電車男の文章力は並々ならないモノがあるなと思いましたよ。盛り上げ方、じらし方がうまい、うますぎる。「電車男は創作話」説も頷けますよ。

と褒めておいてちょっと気になった点をいくつか。

最後の「キター」とか「おめー」の祝福の乱舞はスクリーンにいろいろな人の映像(それぞれ「キター」とか「おめでとう」とか言ってる)を映して表現していたのですが、どうも新潮社だかBSQRだかの「身内のシロウト」を使ったっぽくて棒読み全開、カンペ上等、なんです。もうちょっと巧い人(劇団の研修生とか)にやってもらうとかできなかったのでしょうかね。もしくは客席を巻き込むとか。なんか一番盛り上がるところでちょっと外しちゃった感じ。

子供たち。パパさんが後追い自殺を思いとどまったり、エルメスの優しさの表現相手として子供が出るのはまあわからなくもないからイイとして、集団で出す意味がちょっと不明。祝福シーンの天使の代用なのかもしれないけど、ちょっと動きが固く(一回勝負だからかもしれないけど)、天使っぽくなくてただ舞台でウロチョロ(もしくは硬直)してただけなので、ちょっと意味不明。

芝居内容とは関係ないけど会場の人捌き。客の入場がスムースに行かなくて開演が 20分押しました。1,000人来ることがわかっているのだから開場時間を早めるとか、人の流れを想定して列が交差しないように並ばせるとか、パンフレットはかなりの数が売れるんだから人気がない役者本人グッズよりも人数を割いて売るとか、いろいろと工夫はできたはずだし、当日の現場の判断で最適化もできたはず。ぜんぜんダメダメ。よく事故が起きなかったものだと思いましたよ。

まあ、芝居自体の出来に免じて不手際は今回は大目に見るけど。

さてこの「朗読劇」が一応「成功」で「出来もイイ」ものだっただけに、映画版はどう表現するのか、出来・評価はどうなるか今から気になってきましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

「School Days」

(公式サイト)

PC用の18禁ゲームなんですが、「ストーリーがブッ飛んでいる」との評判を聞いて、始めてみました。

まだ途中なのでストーリーについてはここでは触れませんが、表現手段に唸らされました。最近のPCゲームには詳しくないのですが、従来は「サウンドノベル」とかなんとか言って、紙芝居みたいな止め絵に文章を表示して、マウスクリックでストーリーを読ませていくタイプが主流だったんです。いや、今でも多くのゲームがそういうタイプ(かろうじて目パチ口パクをする程度)ではないかと思います。でもこれは数年前にプレイステーションで出た「やるドラ」シリーズ(ちょうど今月PSP版が発売になるけど)のように、アニメーションしっぱなしなんです。ほかにフル3Dゲームとかもありますが、フル3Dよりフルアニメのほうが技術的には難しいんですよ。「PCゲーでもここまで来たか」という感じ。いや私が知らないだけでこういう作品はすでにいくつも出ているかもしれませんけど。
注意して(いやふつうに気づくかな ^^:)観ると絵的には大して動いてなかったり背景がスクロールしているだけだったりしてあまり「ぐりぐり動く」というほどでもないのですが、展開が止まらないんです。そしてフルボイスと映像で話を進めるから字幕が表示されない。クリックが要らないだけでもう「(ちょっと作りが悪い ^^;)TVアニメ」のように観ていられるし、「テキストを読んでいる」という感覚がしない。これは大きいですね。
ご丁寧にも、ちょうど30分ぐらいごとに「第○話」というふうに区切られていて、OPとEDが入ってる。ますますTVアニメですよ(^_^; しかもOPは数話ごとに変わっていくという凝りようだし。

いやー10年前「ありす」を作っていたときに「できたらいいな」とか妄想してたことを全部やってくれてるんですよね。当時ハード、制作期間、制作費、技術力などなどで泣く泣く削ったことが、今は(コンシューマより小規模であろう)PCゲームでできるようになったんだなぁ、と感嘆しながらプレイしてますですよ。

さて。巷の評判では「エッチシーンがある、というのと別の意味でも18禁」ということですが、どれだけブッ飛んでいるか楽しみに続きを進めますかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

秋葉のぬこ

いつも泡盛を買いに行く事務所(卸問屋 ?)が秋葉にあるんですが、そこで飼ってる猫が子供を産んでました。生後 1ヶ月とか。というかメスだったとは知らなかった(^_^;
母親は薄紫っぽい毛色で、仔猫 4匹のうち 1匹が父親似なのか三毛っぽい色合い。その仔が一番活発でチョロチョロと動き回って、仔猫っぽい愛想を振りまいてました。

そんな感じで癒やされて昨日は帰ってきたのでした。...ああ、連休は初日の富津と昨日の秋葉ぐらいしか出かけてないや。
会社ならぼーっとしててもお給料もらえるのに、家でぼーっとしてるだけではおカネにならないからなぁ...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

超私的アニメ評価 2005年 4月期

[今月から始まったもの]

今期は 1回だけとか早々に打ち切ったものばかりで、すでにこれだけしか残ってません。「保存だけはしてる」ものはたくさんあるので、あとで評判を聞いてから見直すかもしれません。

・ふしぎ星のふたご姫: B

佐藤順一(総監督)と河本昇悟(監督)の組み合わせと言えば「プリンセスチュチュ」とか「魔法使い Tai!」かな。ケロロも少しやってたのかな。まあこの二人が組んでハズレがない(とまではほめすぎか ^^;)だろうからこれの(今のところの)出来の良さも納得。
ただ私自身が「対象視聴者層」(低年齢女児向けか)から外れすぎてるので観るのが恥ずい(苦笑)のと、OP/ED の詩の悪さ(メロディはいいのに...)からちょっと減点。

・英国戀物語エマ: B-

魔性の眼鏡っ子メイド・エマとその周りの人々のまったりとした日々とか恋愛模様とか...という説明であながち外れてないような(^_^; 原作からそうだったんだけど絵柄がちょっとよろしくないので損してる感じ。
話とか展開のテンポはイイ感じなんだけど。

・極上生徒会: C-

うーん、「コナミが金に物を言わせてスタッフ集めて作らせた」割には、今ひとつ...。
結局ちょっと変な学園生活を描くだけなのかな。ストーリーの進む先が見えないのでこれでいいのかよくわからない。もうちょっとは観るだろうけど、いつまで見続けるか...。

・ハチミツとクローバー: B+

上記「極上」と同じ黒田洋介脚本なんだけど、こっちは原作があるおかげか、それともこっちに注力しているのか、個人的にはこっちのほうが好み。ドタバタも激しくなく、全体の空気というか雰囲気がいい感じ。例えるなら「イイ出来の回のカレカノっぽい」というか(例えになっているか ? ^^;)。原作を知らないので、素直に楽しみながら観られてる。

・スピードグラファー: A-

すごくひねくれた世界の、非道いお話。最初の印象は「小中千昭をもっとひねくれさせて、ねじがちょっとゆるんだ話」。でもこういう世界の、こういう話は嫌いじゃないのでまだまだ見続けます。
ちなみに、ねじをもっとゆるめて、ひねくれの方向を調整すると榎戸洋司になって、ねじを締めると小中千昭になる...と思います、個人的には。
(敬称略。それぞれの方々の印象は私個人の思いこみですので反論とかいただいても困ります ^^;)

・ツバサクロニクル: C-

原作に忠実すぎてちょっと退屈か。梶浦由記の劇伴がなければ見限ってたかも。

・エウレカセブン: B+

河森正治監督関係でもう一つあるけど、アレよりはこっちのほうが好き。筋立てはオーソドックスというか今となっては古典的・定番とも言える黄金パターンかもしれないけど、メカとかメカの挙動とかで頑張ってる。「コンパクドライブ」とか「アミタドライブ」とかのネーミングセンスはさておき(苦笑)、サーフィンで板野サーカス風ミサイルをひょいひょいかわすアクションは「ほほう」と唸ってしまったですよ。

[前期から継続のもの]

・ケロロ軍曹: C+ → C

時間移動で話の展開がルーチン化された ? 季節ネタが増えたような...。

・ガンダム SEED DESTINY: E → E

もう、ツッコミを入れるため、もしくはこの先どのガンダムネタが取り入れられるのか予想を楽しむために観ているようなものです。中身についてはどうでもいいです。

・魔法先生ネギま !: D → D+

ちょっと前に噂を聞いた「監督更迭」というのは本当っぽいですな。ここ数回監督のクレジットがありません。ついでにプロデューサー名も重要な人が消えてます。
そのおかげかどうかわかりませんが出来がイイ回も出始め、ようやくエンジンがかかったというか「まともなモノを作れる体制になった」のではないかとちょっと期待。

・焼きたてジャぱん: C → C

安定。ちょっとタイアップ宣伝臭さも見えてきたけど、まあゴールデンタイムの視聴率維持とそれを利用した広告はアリでしょうから。

・学園アリス: B- → B-

始まった時期がほかのものとずれてたから気づかなかったけど、そろそろクライマックスなのね。結末はだいたい予想はつくけど最後の盛り上がりに期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »