« テレ・カンファレンス 初参加 | Main | 「ネットに匿名性は不可欠」――総務省 »

July 01, 2005

ネットの匿名利用とその是非 ~序~

よその blog でちょっと議論になったけど、あまり長々と自論を書いては悪いのと、どうも相手とは視点がずれていたようで議論にならず消化不良気味(苦笑)なので、自分の「言いたいこと」だけをとりあえず書きます。
たぶん数回にわたるでしょう。

まずは背景から
実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
 今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。
国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

(共同通信) - 6月27日9時36分更新


というニュースがありまして、「ネットで匿名で活動することってどうよ」という話になったんです。

あと、「子どもはみなブログを持て!」なんていう記事もありますね。

まずはこれらのニュースに対する直接の私の意見は、
「匿名利用 = 悪 という決めつけはどうよ」「実名が書いてあれば本当に安心なのか」「blog/SNS 使えばネットが健全になるのかよ」というツッコミどころがあり、また「総務省の偉い人が blog/SNS にハマったとか、誰かにそそのかされたとか、利権が絡んでるとかじゃないの ?」とか見えてしまうし、なにより「そんなこと政府に規制/制限/指導/されるなんてまっぴらだ」といったところ。

「匿名利用にだって利点はある」「そもそも完全な匿名なんてあるか」「健全なネットってどんなものよ」などなどについてこれから書いていきたいと思います。一気には書けないのでしばらくかかることと思いますが、お暇な方はよろしくおつきあいのほどを。

|

« テレ・カンファレンス 初参加 | Main | 「ネットに匿名性は不可欠」――総務省 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/4783946

Listed below are links to weblogs that reference ネットの匿名利用とその是非 ~序~:

« テレ・カンファレンス 初参加 | Main | 「ネットに匿名性は不可欠」――総務省 »