« October 2005 | Main | December 2005 »

November 28, 2005

「Ray of Light」

えーと、正式名称は「カレイドスター Legend of phoenix ~レイラ・ハミルトン物語~」 先行上映会『Ray of Light』 ですか。要するに新作OVAの先行上映会兼物販会兼ミニイベントですね。「公式ホームページ枠」に応募したら当選しまして、行ってきました。

この「カレイドスター」のすばらしく、かつ恐ろしいところは、

・今どき珍しい(?)、直球スポ根熱血ドラマ。当初 2クール(26話)のところ、好評につき もう 2クール延長。
・放送終了後に始まったネットラジオが、1年半を経過した今も継続中。
・本編の「後日談」的 OVAが 1本すでに出ていて、好評なため(?) 今回 2本目を制作。
・今回のイベント、ハコは小さいけれど、「3回まわし」で 3回ともほぼ満席御礼。抽選漏れがどれぐらいいたかは不明。

とバケモノ的な人気作なのと、

・DVD などグッズ類の商売があこぎ(苦笑)。通常DVDリリース時も特典違いの 2バージョン用意し、さらにボックス(数種)で別特典、とどめに「1作目OVAも含めた全部入りBOX」まで出してしまう始末。ほかグッズ類は言わずもがな。

などなど(^_^; 後者は、まあ私は北米版DVDを買うだけに留まってますからたいしたダメージはないですね。

で本題の上映会ですが、ええ、直球感動系のいいお話でした。ネタバレを書くのは止めておきますが、カレイドのような「すでにキャラクタたちの背景・ドラマが周知されている」からこそできたお話で、これを観る前にはやはり本編を知っていないと魅力 3割~ 5割減ですね。最後 2~3分のシーンは綺麗な、とても印象に残る表現でした。でも「○○するのはもったいないなぁ」と思うのは男性の意見でしょうかね。
そしてその後の舞台挨拶兼トークショウは、まあよくある形式でした。「3回中最後の回、その前はいずれも熱心なファン層、この回は一般層」なためか客のノリがちょっと違ったようで出演者がちょっと戸惑っていた(もしくは、暗に「もっと盛り上がれ」と言っていたか ^^;)ようです。いや、感動系の話を観たあとですぐにワーキャー盛り上がれる方もおかしいかもしれません(^_^; それでもネットラジオのノリそのままのトークで、これはこれで楽しかったですけれどね。

二人のトークはそのままで面白いし、機会があればまたこういうイベントに行ってみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴールっ!!

えーサッカーとか得点するスポーツの話でも、某美少女ゲー/アニメの話でもありません。そして昨日の話。

「アウトラン2 SP」という、もう 2年も前に出たゲーセンのドライブゲームなんですが、いつからか「タイムアタックモード」に凝り始めて、いまだにやってたんです。しかも「一番難しい」とされる「Tuned AT」で。いや、自分的な理由は「シフト操作が面倒くさい(AT)」のと「どうせなら最高速出ないとなんか物足りないよね(Tuned)」なだけなんですが(^_^; んで、「長く遊べるから」と「15コース連続モード(通常 5コースのところ、2クレジットで 15コース ! w)」のゴールを目標にこつこつとタイムを削ってきました。
最初は 10コース目で終わっていたのが徐々に到達距離が延び、ここしばらくは 14コース目、調子がいいとラスト 15コース目まで行けるようになり、「今日こそは」と挑んだ昨日。やっと初ゴールできました ! 大クラッシュしたせいでタイムアップギリギリでしたが、ゴールはゴール、エンディングです。いやーここまで長かった。記念にネットランキングにも登録しました...31人中31位(^_^; 登録少なっ。

あちこちで撤去されて、今では置いてあるゲーセンも少なくなってきていますが、いまだにネットランキングが生きていたり、登録が更新されたり、掲示板の発言も止まってなかったり、と一部ではまだ根強い支持があるようです。私ももう少し続けます。
さて、行きつけのゲーセンで撤去されないうちにどれだけタイムを縮められるかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2005

「日経バイト」休刊

日経から「ご購読料に関する重要なお知らせ」なんて郵便物が来たと思ったら、「日経バイト」休刊とのお知らせでした。

がーん。大学入学時にサークルで購読していたのを読んで気に入って以来、大学中退後も自腹で購読し続けて...もう 15年も読んでいたことになるのか。けっこうタメになる話が多くて良質の雑誌だったのに。...もっともここしばらくは「積ん読」状態でろくに読んでいませんでしたけど(^_^;
「1984年創刊」ということで日経の一連の雑誌類の中でも結構な古株ではないかと思うのですが、容赦なく休刊とは...ちょっと残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2005

神様降臨

いや、宗教の話じゃないですよ。

ここ最近は仕事でプログラムをがりがり書いてます。モノは以前(2~3年前)に自分が作ったツールをベースにした新しいツールなんですが、よく「昔の自分は他人」と言われる(?)ように、昔の自分のソースを読み解くのに苦労しながら、遅々として進まなかったんです。そして締め切りは「今月中」。
「これでは間に合わない」と、昨日からは耳栓をイヤホンに代えて周りの雑音から隔絶される環境を作りつつなんとか集中するようにして、こつこつとやっていたところ、ようやくエンジンがかかってくれました。集中してサクサクコードが浮かんで来る状態、一般には「トランス」状態というか、プログラマ的には「神様が降りてきた」状態。「スターを取ったスーパーマリオ」状態とも言えます。決して「こびとさんがやってきた」状態ではありません(苦笑)。
今日だけでかなり捗りました。なんとか間に合いそう、そして明日は休めそうなところまで来ました。いやー、よかった、助かった(^_^;
しかし毎度こういうものを期待してはいけないな。今度は計画的にこつこつとやろう...毎回そう思うんですけどできないのはなんででしょうね ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

経「県」値不足

「経県値&経県マップ」なんてのが話題になったのでやってみました。こんな結果が出ました。白いです。47のうち25も「×かすりもせず」です...。九州も四国も行ったことなかったんだなぁ。北海道も今年スキーに行くまで「未踏の地」でした。弱すぎ。
修学旅行などの学校行事を省いたら兵庫岡山広島奈良も「未踏」でした。...あんまり家族旅行をする家庭じゃなかったからなぁ。
関東でも埼玉と茨城に泊まったことがないのは、「近いから帰ってきてしまった」ことばかりだからでしょう。

せっかくバイクに乗り始めたんだから、もっと出かけないとダメかなぁ...暖かくなったら (← こんなだから出不精になる 苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2005

ボージョレ・ヌーボー 2005 2本目

前回悪く書きましたが、近所の「ほぼ毎食夕食買ってるコンビニ」に入荷していたので「おつきあい」で 2本目を買ってしまいました。俺はツンデレか(苦笑)。
前回は超大手企業の輸入モノ、今回は零細(っぽい)輸入会社モノです。

飲んでみた結果..む、.こっちはイイですよ。ライトボディらしい、フルーティですいすい飲めてしまう軽さですがちゃんと「ワイン」していて軽いなりの味わいがあります。酸化防止剤が弱めなせいか、元からイイシャトーと契約したのか。ちょっと酔っぱらい気味でイイ表現になってませんけど。これなら「今年は美味しい」という評価も納得です。

確か去年もあそこのモノを買って「不味い」と思った。ってことは、あそこを避ければ実は毎年そこそこのモノを飲めていたってことでしょうか ? (^_^; まあヌーボーにあまり期待してはいけないんでしょうけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2005

機動戦士ガンダムSEED 連合vsZAFT

アーケードでまだまだ絶賛稼働中(さっぱり台が空かないので練習プレイすらできない)ですが、PS2版が出ました。...いつの間に注文してたんだろう(^_^;

従来の「連邦vsジオン」から「ガンダムvsZガンダム」までのシリーズは一通りやっていたので同じと思ってナメていたら、ずいぶん違って痛い目にあいました。

まず展開がスピードアップしていて目まぐるしいです。目が疲れます...え、歳のせいで追いつけなくなってる ? 認めたくないなぁ(苦笑)。
「ブーストダッシュ」で空中移動がかなり変わりました。というか飛び回るのがふつーというか。これもスピードアップの一因です。
ほか格闘戦の間合いが違うとか、覚醒システムが違うとか、「攻撃命中」表示がなくなって当たったのかわかりにくいとか、細かいところまで言い出すとキリがありませんが前シリーズと比べると違うところは多いです。

たいていこういった「ヒットしたシステムに手を入れる」試みは失敗に終わることが多いのですが、このゲームの場合はいい感じに進化することに成功しています。アーケード版のロケテストをみっちりやってましたし、開発チーム内でもよほど練り込んだのでしょう。このあたりは褒めたいところです。従来シリーズをやっていたのに「SEEDシリーズはアニメがダメだったから」と敬遠している人たちには、「ゲームは別」「アニメを憎んでゲームを憎まず(なんだそりゃ)」ということでぜひプレイして欲しいところです。「ファーストしか認めないとか言う前にまずやってみろ」なんて記事もあることですし。

が、このPS2版はちょっと残念というか「物足りない」としか言えません。一番の問題はゲームモードが「アーケード」と「(2人)対戦」しかないこと。既存の家庭用にあったネットワーク対戦(2on2)はおろか「ミッションモード」「サバイバルモード」などをきれいさっぱりカットしてしまいました。おかげで「アーケード」を13回クリアして隠し要素を出し尽くしてしまうと「練習ソフト」としてしか使えません。練習とは言っても 4人対戦できるわけでもなく、あまり実践向きではありません。
また、開発時期・期間の都合か(またはほかの事情か)「DESTINY」放送終了後の発売なのにDESTINY序盤の機体までしか出てきません。いや、ザコとか含めて数は揃ってるんですが、やっぱりアニメで目立った機体がないと物足りないじゃないですか。

総じて「アーケードの一人練習用」としてはいいかもしれませんが、それ以上の楽しみがないためすぐに飽きてしまいそうです。中古屋にもたくさん流れることでしょう。ちょっと今作はサービス不足でした。
「DX」というか「完全版」がすでに噂に上っていることですし、私もそちらに改めて期待します。年明け早々ぐらいにアーケードで出て、来年夏~秋か冬に家庭用版でしょうか。機種はPS3かXbox360かもしれませんが、どの機種にしろネットワーク対戦もできることを期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2005

ボージョレ・ヌーボー 2005

今飲んでます。まあ、江戸っ子は初物好きですから...いや、三代続いてませんけどね(苦笑)

「偉大な年の一つ」と言われるわりにはそれほど美味しく感じないのは2003年が良すぎた印象を引きずっているせいか、昔フランス人に鍛えられて味にうるさくなっているせいか。確かに去年よりはイイんですけど、「ふつーのライトボディ」というか「味が薄くて酸化防止剤で舌が痺れる感じばかり目立つ」「ふつーのライトボディをもっと物足りなくした感じ」「ライトボディ好きでもちょっと物足りないんじゃ ?」というところでしょうか。要するに「ワインとしては物足りない」わけで。
この出来で本当に「偉大な年」「イイ出来」というならばやっぱりヌーボーは「真のワイン好きが飲むものではない」という話になってしまいますねぇ。

ちなみに2003年のヌーボーは「100年に1度」という冠がつくほどの出来で、グレープジュースと勘違いしてしまいそうなほど甘みが強く、それでもワインとしての味わいがあった、大傑作でした。それと比べるのは良くないのかもしれませんが「近い年に体験してしまった」のと「今年もイイ出来」と毎年宣伝するいい加減な「評論家」への反発もあります。
去年2004年は、それはもう、普通に言われてる「ヌーボーは不味い」そのまんまでした。あれをありがたがって飲んでいるようでは「日本人はワインの味もわからない味音痴」だと言われてもしようがありませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

東証ダウンの教訓

昨日の日経産業新聞 6面、かなりの紙面を割いて「1つの「バグ」から始まった 東証システム障害を検証」という記事が掲載されていました(読んだのが今日でした ^^;)。わかりやすく今回のシステム障害の原理や原因を解説していて、イイ記事だと思いながら読んでましたが、
最後になって「プログラムにはバグがつきものだ」というIT業界側の言葉は「甘えである」として、

この甘えを断たない限りいくら体制を見直しても意味はない。今回の障害を教訓に、バグや作業ミスを一つでも減らしていく地道な取り組みが求められる。
と〆ています。
すみません、すでにそういう「地道な取り組み」をやってますが、やっぱりバグはなくなりません。
この記者も一般紙でない技術系新聞の記者なんだからこんな結びにしないでもっと別の考えを持ってほしいところです。

さて「バグは減らすのはもちろんだけど、なくならないもの」として、「じゃあ、どうすれば今回のような事故は防げたか、またこれから再発させないためにはどうするか」は情報系の学生とか新人にはいい教材になるんじゃないですかね。グループごと数人でディスカッションして、そのグループが「採用」した案を発表、プレゼン、とかやるといい感じの課題になりそうです。

皆さんが富士通・東証の担当者なら、どうします ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

新語・流行語大賞 2005

新語・流行語大賞の候補語一覧が発表になりました。

ざっと見て知らない言葉もあります。まあ政治関連とか「ねじ込まれた」言葉があるのは毎年のことですけどね。
個人的に選ぶなら「アスベスト」「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」 「想定内(外)」「電車男」「のまネコ」「ハードゲイ」「ムシキング」「メイドカフェ」あたりでしょうか。
「想定内(外)」は「ポイズンピル」とか「ホワイトナイト」とかほかのM&B用語も含めて、「のまネコ」は「インスパイヤ」も入れて。「電車男」は去年の今頃書籍になった気がしますが、朗読劇とか映画とかドラマとかマンガとか、ブレイクしたのは今年ですかね。

右側の「今月の気になる言葉」に入ってるのに候補に入ってない「ツンデレ」「嫌韓流」とか、ほかにも「きんもーっ」「愛国無罪」「日勤教育」とかとか今年流行した(よく聞かれた)言葉はまだまだあるので、それらも入れてほしいかなぁ。

あ、「それがPSPの仕様だ」も今年でしたね。まだまだ漏れがありそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2005

二輪ETCモニターまでの道のり

二輪ETCモニター窓口から返信が(やっと)来ました。ぜんぜん連絡来ないので5000人にあぶれたかと思ってましたよ。

内容は
・「モニター専用ページ」のログインIDと(初期)パスワードの通知
・以降の手続きの流れの説明
でした。

さてその「モニター専用ページ」、ログイン機能はあるものの、中身は「準備中」で空っぽです。パスワードの変更もできません。

そして「以降の流れ」。

1.理解度確認試験
・「利用マニュアル」、「ETCシステム利用規定」をホームページよりダウンロード
し、熟読して頂きます。
・通知されたID、パスワードによりモニター専用ページにアクセスし、理解度確認試
験を受験して頂きます。
・理解度確認試験は何度でも合格されるまで受験可能です。

2.確認書、車検証(写)、免許証(写)の送付
・理解度確認試験に合格された方には、事務局より「モニター利用マニュアル」、
「ETCシステム利用規定」を理解、承諾したことについての「確認書」をお送りい
たしますので署名・捺印し、車検証(写)又は軽自動車登録済証(写)と免許証
(写)を同封の上、返信用封筒にて事務局にご郵送頂きます。

3.モニター登録完了
・ご郵送頂いた確認書、車検証(写)又は軽自動車登録済証(写)と免許証(写)に
不備がないことを確認した上で、モニターとして登録を完了いたします。

4.車載器取り付け
・モニターに決定した方には、事務局が指定する取り付け店舗より、ご連絡を致しま
すので、取付日時について調整の上、車載器の取り付けを行って頂きます。

5.ご利用
・車載器を取りつけ次第、ご利用いただけます。
・利用マニュアル及びETC利用規定にしたがってご利用頂くとともに、安全運転でお
願いします。


唖然...手順の煩雑さと仕事の遅さ(期日も書いてない !)がなんとも「お役所的」というか、さすが「この間までお役所だったところ」。こんな手続きぐらいさくっとやってくれっての。秋のツーリングシーズン終わっちゃうよ。

これを観て辞退する人続出、とかなりそうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リフレーッシュ !!

先週がぐだぐだだったので「今週こそは出かけるぞ」と意気込んでいたところに、友人がなにやら仲間内がみんな集まるチャットで温泉に行く相談をしていたので「漏れ漏れもー」と憑いていきました。もっとも私は一人でバイクで移動、彼らは現地近くの駅で待ち合わせて車で移動ですが。

で、行ったのは「ヘリテイジ・リゾート 四季の湯温泉」。名前はともかく、ホテルの温泉が健康ランド並に開放されているわけです。家から川越街道をえっちらおっちら...なんか着くまで 3時間半かかりましたよ orz もう30分遅ければ「1日利用券」から「夕方利用券」に入場料が割引になるぐらい。まあ無事に彼らと合流できたのでよしとしましょうか...。

温泉で温まって、ついでに全身マッサージをお願いしました。いやーコリコリにこってましたね。とくに腰から頸にかけて背骨周辺が、押されるたびに「痛気持ちいい」感じで凝っているのが丸わかり。押されながら頭の位置とかがずれてきた、ということは姿勢も良くなかったようで...最近腰が痛かったからなぁ、姿勢の悪さから変な負荷がかかっていたんだろうなぁ。
マッサージ終わった後はものすごくスッキリとしました。疲労してたところがすっかりなくなり、「いくら寝ても取れなかっただるさの根源が取れた」感じ。リフレッシュとはこういうものか、とか(笑) そういやここまで徹底的なマッサージって初めてかも。こういうモノなら定期的に受けたいな。

スッキリしたところで夕飯を食べて帰ってきたわけですが、帰りは高速を使ったら 1時間かからないで帰ってきてしまいました。行きも高速使えばよかった...。

まだ早い時間に帰ってきたので地元のゲーセンでアイドルマスターをプレイ。ゲームは好調でしたが、プレイが終わって出てきたらバイクのシールドにコインっぽいものによる傷がつけられてました... orz なんてこった。研磨剤で消えるかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2005

ドナドナ...

昨日の話、ほぼ「決まり」になったようです。
またこっそりバイク通勤するかなぁ...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

ていうか人身売買 ?

あ、いや危ない話ではないですから。

なんか、また「地の果て」お台場に出向になりそうです。今のところ実現確率70%ぐらい。会社がまた新たな「コラボレーション」先として見つけてきた研究室が、3月まで通っていたのと同じ建物内だった、と。ついでに言えば同じ研究センターの別プロジェクトです。
一口に「バイオ系」と言っても遺伝子とタンパクとではやってることが全然違うのですがそのへんはお構いなしです...。まあ「情報処理」まで落とし込んでしまえばやってることはいつもと変わらないんでしょうけれど。
「ただ、人を常駐させる」ことが「コラボレーション」なのかどうかは私にはわかりません(笑)。

さて現在の本社勤務とどっちが「幸せ」なのか微妙なところです。いろいろメリットもデメリットもあるけど、一番のデメリットは「お台場は地の果て」というところでしょうか(苦笑)。観光地化されてはいますが、交通の便から食事事情から、何かと不便なんですよ...。一方メリットのほうは「出向中は(ほぼ)クビになる危険がない」というところでしょうか(苦笑)。会社にしても出向先のセンセイにしても「友好の証し」として派遣/受け入れをしているのでむやみにクビにすると関係が悪くなるんですよね。いや、仕事はしっかりやりますですよ、以前のセンセイにも満足していただけたからこそ会社も「また派遣するか」となったわけですから...たぶん。

ああそうか、「まだお台場でよかった」とポジティブに思ったほうがいいのかな。田舎に飛ばされることもあり得なくはないわけだし。とりあえず前向きに考えることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

ぐうたら4連休

せっかく金曜日も有給休暇を取って 4連休にしたというのに... orz

水曜日(2日)の時点では「よし、明日晴れてて朝早く起きられたら紅葉を観に山のほうにツーリング行くか」と思ってました。
が、3日は起きられませんでした。この日はまだ出かける気力があったのでバイクで渋谷に行って「Production I.G.展」を観てきました。
翌 4日。やっぱり寝坊し、出かけられず。しょうがないからゲーセンでアイドルマスターをプレイ。
5日土曜日。英語レッスンを別の日に振り替えておけばこの日も完全フリーだったのだけれどやり忘れ。いつもの土曜日と同様に洗濯してレッスン受けて終了。
今日日曜日。起きたら雨模様でした。Norton Anti Virus 2ライセンス版がようやく届いたので先日のリベンジでインストール。が、やっぱりアクティベーションのダイアログが出るかでないかのところでリセットがかかって使用できず。この悪戦苦闘で半日つぶれ、外出すらできず orz

来週はレッスンがない週なので、来週こそ... たぶんダメっぽいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

二輪ETC一般モニター募集開始

ようやくキタ ーーー!!
やっと始まりますか。

なんか、取り付け可能機種が限られてたり(我がYP400はOK)、取り付けた見た目がかっこわるかったり二輪車に車載器の取り外し跡が残る場合があることをご理解頂けることなんていうちょっと不安になる条件がついていたりしますが、申し込みますよー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 01, 2005

超私的アニメ評価 2005年10月期 (一部修正)

新番組の季節で、たくさん観ています。3ヶ月後にどれぐらい残っているでしょうか...どれも残っているといいのですけど。

[注意]
・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見によるもので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と位置を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[新番組]

・BLOOD+: D-

うーん、いまいち面白くない。あまり集中してみてないせい ?
前の番組から相変わらず、土曜の夕方に人間・モンスター問わず血がドバドバ流れたり少女が日本刀振り回したりと「お茶の間によろしくない」映像満載です(^_^; 深夜にやるべきなんじゃないのかなぁ。
日経産業だかに「沖縄の基地問題も絡めて」云々紹介があったけど、ただ舞台が沖縄で米軍がストーリーに出てくるだけですから。さっぱり「基地問題」は扱ってません。

・ToHeart2: C-

「ああ、ToHeart シリーズだね」とある意味安心(苦笑)。年末に出るPC版の予習用として観てます。

・capeta: B

画作りがすごいですね(「巌窟王」とは別方向に)。メカはもちろん背景・オブジェ類も徹底的にCG化・省力化されて手書きは人物ぐらいですか。最初から海外に出しているので質の低下もしなさそうです。
原作どおりに話を進めてくれればOKなので、この調子で長く続けてほしいですね。

・闘牌伝説アカギ: C

これも原作どおりに進めてくれれば見続けます。いやぁ萩原聖人、キャラに合ってるし頑張ってるなぁ。

・ガンパレードオーケストラ: Bー

前作観てますが、知らなくてもあまり問題ない感じですね。物語世界は理解しやすいです。
「言うことを聞かないダメ隊員に悪戦苦闘する隊長」で昔のスクールウォーズとかの「熱血先生」モノを思い出しました。いや、アニメでも似たようなのはあったと思うけど(^_^;

・灼眼のシャナ: D+

今のところ設定などは興味深いけど、さて今後どう展開するのか。...なんかあまり書くことがないな。

・ARIA: A

いいねぇ、ユニークな世界でのまったりとしたお話。さすがだわ、サトジュン監督。
シナリオ・画面のテンポ運びとかアングル選びとか「普通」に見えて、実は「すごい」んじゃないんですか ? これ。あ、「でっかいお世話」ですか。

・舞乙HiME: A-

なんつーか「反則」(笑)。
「続編」というか「同じ役者が、(ほぼ)同じ役名で、違う世界で、(たぶん)似てる設定の話を演じてる ドラマ」 ? 昔深夜番組で「同じ原作、同じ役者でも演出家によってこう変わる」というようなことをやってたのを思い出しました。
で、基本的に「キャラクタを知ってる」「HiMEの設定はすぐに理解できる」のですんなり理解できました。「ああ、こいつらはまたこんなコンビなのか」とかニヤニヤしながら観てます。
主役の菊池美香、去年のデカピンクがもうピンでいける声優ですか。すげー。ビジュアルOK(顔出しにたえられる)、歌も歌えるしアクションもこなせるし「なんでもできる人」かも。つーかアクションイベント希望(笑)。

・リリカルなのはA's: D+

「萌えキャラの皮をかぶった燃えアニメ」(C)友人 は同意するけど、どうも自分にはなじめない。舞台・キャラ設定から台詞回しから、そこかしこから「同人誌くさい」というか「プロっぽくない」「作者の自慰」的臭がする感じ。
「ここがダメ」と書くと長くなるので割愛。

・ローゼンメイデン トロイメント: B-

前作を知らないといきなり置いてけぼりを食らわされますな。知ってたからよかったけど。キャラ説明とかが必要ない分いきなりのびのびとキャラが動いて話が進んで、こういう状態のほうがこの脚本家の本領かも。

・ノエイン: D-

筆頭プロデューサーが元G社の同僚でした。出世しましたねぇ。それはさておき。
画が安定してなかったり、ストーリーもったいぶり気味だったりでちょっと先行きが不安です。

・地獄少女: D

えーと、「マンネリ」というか「いつものパターン」でこのまま最後まで続けるのでしょうか ? 「笑ゥせぇるすまん」ぽい感じだけど、あっちはもちっとバリエーションあったような...。しかも回を追うごとに「恨み」の質が下がってるような...最後にはどんなしょぼい恨みになるのやら。
ところで「いっぺん死んでみる ?」って、こっち(現世)に帰ってこられるなら試してみたいですね(苦笑)。

・銀盤カレイドスコープ: C-

タイトルこそ名作「カレイドスター」に似てるけど、ぜんぜん関係ありませんでした。[修正: タイトルを勘違いしてました。ただ「万華鏡」なだけだったのね]
きょうびの「ヒロイン(ヨゴレ系)」はとうとうトイレ(大)のシーンもこなすようになったんですね(笑)。それがなければ 2話から見限ってたかも。
萌え系でもツンデレでもドジっ子でもない「ちょっとユニークなヒロイン」で、この先「どう面白くするのか」、はたまた私が飽きてしまうのが先か。

・蟲師: B

原作からして淡々と落ち着いているお話なのでこれでよし。雰囲気が良く出てます。画のクオリティが落ちないことを祈ります。

[今月で終了のもの]

・フルメタルパニック The Second Raid: C → D

なんだかなぁ、最後はみんなして逆ギレして開き直りですか。「で結局なんだったの ?」というか毒にも薬にもなりません。

[継続のもの]

・絶対少年: B+ → A

ようやく盛り上がってまいりました。あと数回で終わるのかな。今までこつこつと積み上げてきたのはこのためか ! という感じ。短縮すればできたろうけど、それをしないで淡々と描いてきた物語世界がようやく意味を持ったという感じ。

・ふしぎ星のふたご姫: A+ → A+

すっかりタイムボカンシリーズっぽくなっちゃったような。少年層も取り込みにかかったのでしょうか(^_^; ぜんぜん落ちない画クオリティとか観ると「頑張っているんだな」と思います。ほかの安アニメ制作陣に見習ってほしい。とかシロウトの戯言ですけど。

・エウレカセブン: D → C

後半突入、やっと上昇してきました。
脱走したアムロがランバ・ラル夫妻(じゃないけど)と出会って、帰ってきて、夫妻と闘って...いやこっちでは闘ってないな。まあとにかく「ガンダム臭さ」も一緒に帰ってきました(苦笑)。

・ケロロ軍曹: C → C

安定です。私にもわからない古いアニメネタがあるので、解説が欲しいです(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »