« 新語・流行語大賞 2005 | Main | ボージョレ・ヌーボー 2005 »

November 15, 2005

東証ダウンの教訓

昨日の日経産業新聞 6面、かなりの紙面を割いて「1つの「バグ」から始まった 東証システム障害を検証」という記事が掲載されていました(読んだのが今日でした ^^;)。わかりやすく今回のシステム障害の原理や原因を解説していて、イイ記事だと思いながら読んでましたが、
最後になって「プログラムにはバグがつきものだ」というIT業界側の言葉は「甘えである」として、

この甘えを断たない限りいくら体制を見直しても意味はない。今回の障害を教訓に、バグや作業ミスを一つでも減らしていく地道な取り組みが求められる。
と〆ています。
すみません、すでにそういう「地道な取り組み」をやってますが、やっぱりバグはなくなりません。
この記者も一般紙でない技術系新聞の記者なんだからこんな結びにしないでもっと別の考えを持ってほしいところです。

さて「バグは減らすのはもちろんだけど、なくならないもの」として、「じゃあ、どうすれば今回のような事故は防げたか、またこれから再発させないためにはどうするか」は情報系の学生とか新人にはいい教材になるんじゃないですかね。グループごと数人でディスカッションして、そのグループが「採用」した案を発表、プレゼン、とかやるといい感じの課題になりそうです。

皆さんが富士通・東証の担当者なら、どうします ?

|

« 新語・流行語大賞 2005 | Main | ボージョレ・ヌーボー 2005 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/7122632

Listed below are links to weblogs that reference 東証ダウンの教訓:

« 新語・流行語大賞 2005 | Main | ボージョレ・ヌーボー 2005 »