« 大掃除 | Main | 謹賀新年 2006 »

December 31, 2005

超私的アニメ評価 2005年12月期

文才もないし、くどくど長々と批評するほどのめり込んで観ていないので、読み返してみるまでもなく「観てない人にはさっぱりわけわからん」文章ですね(苦笑)。
言及されている番組を観ている人が、「ふーん、コイツはこんな感想なのか」という程度にしか参考にならないかもしれません。

[今月で終了]

・銀盤カレイドスコープ: D → D

シナリオはふつーに悪くないのですが、作画(ビジュアル面の演出含む)が壊滅的にダメですね。スケート描写もサンデーの「ブリザードアクセル」のほうが迫力も説得力もあります。静止画に負けてどうする。
映像面がまともだったら夕方でも通用する作品になり得ただろうに、残念。

[継続]

・ToHeart2: D → D

この手のアニメで作画が崩れてるのはまずいんじゃないかなぁ。シナリオは頑張ってる感じなので残念。
PC版はぼちぼち進んでます。

・capeta: B → B

「原作好き」のバイアスがかかってはいますが、よくできていると思います。昨今こんなにストレートで熱いスポ根モノはあまりなかったような。観るとカートに乗りたくなること請け合い。

・闘牌伝説アカギ: D → C-

風間杜夫がいい味を出してます。というかクレジット観るまで気づきませんでした。原作の雰囲気も良く出ていて、けっこう良作かもしれません。

・ガンパレードオーケストラ: C+ → C

第二部開始。あんまり「戦場」という感じがしませんね。隊員も青森の連中ほど個性がないというか憶えにくいです。

・ARIA: A → A

第二期も制作決定だそうで。順当でしょう。
風景画の世界みたいな「山なし、オチなし」話だけれど、肩の力を抜いて気楽に世界に浸れます。

・舞乙HiME: B+ → A-

先月書いた「一山」は来ませんでした。けど徐々に盛り上がってきた感じです。
前作を知ってると「コイツは絶対○○だ」とニヤニヤしながら観られ、そしてそれを裏切らない、という「おいしい」作り方ですね。

・ローゼンメイデン トロイメント: C → C

やっと話が進み出したかしら ? (c)金糸雀
ちょっと強引気味ですが。

・地獄少女: D- → C

新キャラ登場と「地獄少女」の本質に迫る本筋が示され、ようやく「いつもの展開」にメリハリがつきました。前振り長すぎ(^_^; ようやく観る気が続くようになりました。

・ふしぎ星のふたご姫: A+ → A-

今月はちょっとルーチンワークというか「いつもの展開」でした。出来はいいんですが、そろそろ飽きが来るかも。

・エウレカセブン: C → C

重要なネタが一気に出てきましたかね。盛り上がって来ました。...けど、これって日曜朝向けじゃないよなぁ(^_^;

・ケロロ軍曹: C → C

安定です。ふつーに「ゴールデンタイムアニメ」として観ていられます。(これぱっか)。
今月はオタネタも少なく、お子様でも安心です(^_^;

|

« 大掃除 | Main | 謹賀新年 2006 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/7920697

Listed below are links to weblogs that reference 超私的アニメ評価 2005年12月期:

« 大掃除 | Main | 謹賀新年 2006 »