« もっと言ってやってください !! | Main | エースコンバットゼロとBlazing Angels »

March 24, 2006

もっと言ってやってください !! の続き

続き。その後中島さんのblogでは「SEはメニューのないレストランのウェイターか?」「知的労働者には「組織を移る力」がある」が追加されました。

まず「SEはメニューのないレストランのウェイターか?」ではSEとプログラマの関係をレストランのウェイターと料理人に例えられて、「ウェイターなのに料理のレシピまで料理人に指定するようなもの」と書かれています。とてもわかりやすいたとえです。小規模開発ですとこのまま当てはまりますね。大規模ですと「料理長」とか「ホール長」とかいろいろな人が出てきそうです。
(業界の構造的には建築業界になぞらえたほうが議論しやすいのでしょうけど、ここではレストランの例えで行きます)

その場合、「直接、客のリクエストを聞く」のはホールの人で、リクエストはホール長経由か直接「料理長」に伝言されるでしょうか。そして「料理長」が各料理人に仕事を割り振って料理を作らせる、という感じでしょうか。
こうなってくると、いわゆる「SE」がどちらに当てはまるのかが曖昧になってくる気がします。会社によってホールだったり厨房だったりが変わったり、兼任のところも多そうです。私が感じている「現在の問題点」は

・料理長が料理のことをわかっていない。それなのにレシピから細かく指示を出す。(前回と同様)
・料理長が客のリクエストを理解しきれておらず、適切な指示を料理人に出せない。(不適格)
・料理長が各料理人の進捗のコントロールができずに、コースの順番通りに料理ができあがらない。(料理人ともども不適格)
・ホール長が客の無茶なリクエストをそのまま料理長に伝えてしまう。(中島さんも指摘している、ダメウェイター)
・ホール長が正しくリクエストを料理長に伝えられない。(伝言ゲーム)
・ホール長が料理長を飛び越して直接料理人に指示を与えてしまう。レシピまで指示してしまうことも。(越権)

などなどに例えられるのではないでしょうか。おっと、もちろん

・料理人の腕が悪い。(能力不足)
・料理人のさらに下請けの「助手」「雑用」「お手伝い」など謎の人がいる。(多重請負)

もけっこう見受けられますね。


「伝言ゲーム」など一部は日本に限った話ではなく、「Typical Project Life」 (日本語訳画像はこちら↓ http://www.dashiblog.com/blog/archives/project_comedy_l.gif )

などのように海外でも言われていることですが、日本では上記のように様々なダメ要素も追加されていて、慢性化しているような気がします。今回は「ダメウェイター」「越権」のあたりの話でしたが、ほかの要素についても正常化していかないと全体が崩壊してしまうと思っています。

で、「腕のいい、上司に恵まれない料理人は、ためらわずにほかのレストランに移ろう」というのが「知的労働者には「組織を移る力」がある」のエントリなのですが...すみません、日本ではまだまだそんなに気軽に転職できません(^_^;
いや、私はすでに 5社目にいるんですけども、「もうこの先の転職は年齢的に今までほど気軽にはできないだろう」とひしひしと実感していて、「今の会社についていく」か「箔がつく実績を作ってから転職」かの二択になりつつあります。「箔がつく前に止めざるを得なくなった」場合は、UIEを受けてみようかな...。

|

« もっと言ってやってください !! | Main | エースコンバットゼロとBlazing Angels »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/9239371

Listed below are links to weblogs that reference もっと言ってやってください !! の続き:

« もっと言ってやってください !! | Main | エースコンバットゼロとBlazing Angels »