« February 2006 | Main | April 2006 »

March 29, 2006

「ご当地の踏み絵」

コレです。Mixiで知りました。
ちょっと面白かったので私が「あるあるwww」と思ったものを書いてみます。

東京都は「東京人チェック!(非東京生まれ)」「江戸人チェック!(東京生まれ)」「西の東京人チェック!」とあって、私は本来は「西の東京人」なんですが、「江戸人」もけっこう当てはまったので含めてあります。。

「江戸人」編
● 後ろ乗りのバスに違和感感じる。
● お盆・ゴールデンウィークに帰る帰省先がなく、がらんとした都内に居るハメになる。
● 駄菓子屋があると嬉しくなる。
● 原宿情報は、茨城県民より劣っている。
まあ、原宿自体あまり行きませんけどね。
● 祭りは大好きだが、宵越しの金は持つ。
● 川(多摩川・隅田川)を超えたら東京じゃない。多摩地域なんてもってのほかだ。
後半を除いて同意。
● バスの運賃が一律じゃないのが許せない。
ええ、整理券を取らないでえらい目にあったことがあります。
● 盆踊りで「東京音頭」と「大東京音頭」の違いがわかる。
「東京音頭」はヤクルトスワローズで有名ですよね。え、「大東京音頭」は有名じゃないんですか ?
● 「関東地方」、「首都圏」に埼玉が入ろうが、千葉が入ろうが、茨城が入ろうが関心がない。
どうでもいいです。あ、山梨も「首都圏」ですか ?
● 葛飾区亀有公園前に派出所があるかどうか確認済みだ。
● 大阪、京都はライバルではない、というか、関心がない。
ええ、向こう(とくに大阪)はよく張り合ってきますけど。
● 東京に都合の悪いことを指摘されると、「地方からたくさん人が上京してきてから変わった」という言い訳をする。また、そのことに罪悪感がない。
そのとおりだもん(笑)。
● 人情溢れるふりをするのが得意だ。
● 「落っこっちちゃった」や「かたす」「うっちゃる」は標準語だと信じている。
● ニュースに地方ニュースなる枠が存在することを知らない。
● 「勝ってくるぞと板橋区~」という替え歌を歌ったことがある。
● 大阪人はすべてガラが悪い商売人だと思い込んでいる。
● 実は未だに東京タワーの上ったことがない。
先日上ったのが約30年ぶりでしたし。

「西の東京人」編
● 市外局番03 がちょっとうらやましい。
ええ、パソ通時代は本当にうらやましかったです。今は03区域に住んでますけど。
● 東京情報について、地方から上京してきた人間にすぐに追い越される。
本当、都外に住んでいる友人のほうが美味しいレストランとか詳しいですね。
● 東京には「区」や「市」だけでなく、「町」や「村」もあることを知っている。
● 地面を掘ると赤土が出て来る。
あはは、その通り。
● 西武多摩川線が多摩川の砂利を運ぶ電車だった事は禁句だ。
沿線住民でしたが、別に禁句では...。
● 八王子と川崎が隣同士だと言われても今だに理解できない。
え、本当ですか ?
● 私鉄と言えば西武だ。
いいえ、京王です(笑)。
● 遠足と言えば「高尾山」。
もう「遠足」で何度行ったか(笑)。
● 狛江市の住民は市外局番03がちょっと自慢。
● 実は、西武線の魔のデルタ地帯の通り方がわからない。
それ、どこですか ?
● 西東京市とは言わずに「田無」「保谷」と呼んでしまう。
そのほうがわかりやすいですね。
● まともに他社線とつながってない武蔵野線が許せない。
不便なのとすぐに遅れるのであまり使いたくなかったですね。
● 国立音楽大学は私立だということを知っている。
● サッカーは当然FC東京!ヴェルディは川崎の持ち物だと信じている。
● しかし「味の素スタジアム」という名前に納得していない。
● 東に行くときは、まず新宿に出る。
だって、電車も道路もまず新宿につながってるんですもの(笑)。
● 町田市を神奈川県の一部にされるのは不愉快だ。
いいえ、町田市は神奈川県です(笑)。
● 横の移動は楽だが、縦の移動がじゃまくさい。
地図上の縦横かな ? たしかにそうなんですよね。
● 東京ディズニーランドに行くのは、ちょっとした旅行だ。
ええ、遠いですよね。「東京」なのに(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わーい

何気なく投稿した「普通のお便り」が、ネットラジオ「DIEBUSTER WEB RADIO TOP! LESS」で読まれました。初投稿で初採用バンザーイ !

いや、「何気なく」というより「魔が差して」投稿した内容で、ここで紹介するのも恥ずかしいのですが(苦笑) 「いや、それは違うだろう」「こりゃボツだな」と自己ツッコミ&自己嫌悪してました。けど、一応ウケを取れ、適切なツッコミ(やっぱり「それはちょっと違うよ」)コメントももらって、「ベストな読まれ方」だったと思います。さすが岩田光央、芸歴もラジオ歴も長いだけあって対処も上手いです(10年ほど前、みやむーと組んでいた頃も聞いてました)。すばらしい。

あ、来週の火曜の更新まではここから聴けます。でも内容はここ3週間ぐらいの流れを聴いてないと意味がわからないかもしれません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 28, 2006

エースコンバットゼロとBlazing Angels

今日はもう火曜日だけど、週末に「戦闘機ゲー」を 2つプレイしたのでさらっと感想とか。以下、ネタバレあり。

注:「Blazing Angels」は体験版なので製品版とは仕様などが異なるかもしれません。

・エースコンバット ゼロ ザ・ベルカン・ウォー(ナムコ、PS2)


「エースコンバット」シリーズ最新作。同「5」で「15年前、戦争があった」と語られていた「ベルカ戦争」が舞台。...とはいえ大して「5」とつながっているわけでもなく、一部に「5に詳しい人ならニヤリとできる」ような設定とかキャラがいるだけです。

ようやくノーマルレベルを 1回クリアしただけなので、深くやり込んではいませんが、どうも全体的に「淡泊」に思います。

ミッション数は18個で、「4」(練習ミッション除く)と同じ、「5」の27+1 よりは減ってます。が、数が少ないだけじゃなくて 1ミッションの密度(所要時間も含む)も薄い感じです。まあ「5」は30分近くかかるようなミッションもあって、「長いけど、失敗したらまた最初からね」とかやり直しがきつかった箇所もありましたけど(^_^; でもゼロは物足りないです。

ストーリーも盛り上がりに欠けます。
肝心の「ベルカ戦争」はあっけなく勝負がつき、敗走するベルカを追撃する形になり、最後には革命軍的な連中が割り込んできます。あれよあれよと前線が進んでいき、「自分の戦いが戦況に貢献した」という喜びに乏しく、「命令されたから出撃して敵を撃破するか」という感じになってます。まあ、「傭兵」なのでそういうものなのかもしれませんけど、もうちょっと「オレ大活躍のエース !! オレ tsueee !!」な感触も欲しいじゃないですか(^_^;
ウリのはずの「敵方エースが多数登場」もちょっと空回り気味。たしかに並みの連中よりは手強いのですが、出てきてはプレイヤーに撃墜され退場、一回きりの使い捨てなので「急に現れた中ボス」「仮面ライダーの怪人(ほかの敵機は戦闘員)」ぐらいの意味合いしかありません。「4」みたいに何度もプレイヤーに挑んでくるほうが、個人的に燃えますね。
え、PJ ? 誰ですかそれ(苦笑)。あんなベタな「死亡フラグ」、今時恥ずかしくないですか。

でもぜんぜんつまらないわけではなくて、
メインのゲーム場面はシリーズの良さを受け継ぎつつ進化していて「ミサイル当たりすぎ/当たらなすぎ」「画面汚い」「思うように動かせない」などというストレス類はなく、スイスイとプレイでき、PS2では現在の「最高のフライトシューティング(シミュレータではない)」でしょう。
合間のCGムービーも相変わらず力が入っていて、まあ実写を加工したんでしょうけど人間とか鳩とか出来がヤバイ(褒めている)です。
それから音楽。今回はスペイン風で来ました。スペインギター(フラメンコギター ?)とカスタネットがかき鳴らされる中の空中戦、けっこう合うんですね(笑) またCD買います。

あ、あと、機体の登場順がちょっと不満ですかね。序盤、F-14もSu-27も出る前にSu-37が出てしまって、それを買ったら以降それしか乗らなくなってしまいました。後からFA-18とか出ても乗る気しませんって(^_^; FA-22は1周終わったときに出ましたが、慣れちゃったし撃墜数カウントもあるしで2周目もSu-37に乗ってます。つーか(私の進め方では)F-14がまだ出ません。「トップガン」世代としては序盤に乗りたかったのに。

今のところの結論としては「前作と比べると不満が出るが、単体では傑作」だと思います。プレイ時間が取れるなら最高難度(エース)までクリアしてコレクション要素を埋めたいと思います。

・Blazing Angels(Ubi soft、Xbox/Xbox360)

タイトルに「Angels」とあっても萌え要素はありません(苦笑)。第二次大戦の空戦ものです。英米空軍パイロットとしてドイツ軍に対抗します。...「CoD2」といい「対ドイツ軍」ってそんなにみんな好きなのか(苦笑)。
Xbox Liveアーケードに360版の体験版が配信されていたのでプレイしてみました。当然ストーリーとかはこれだけではわからないので、以下ゲーム自体の話を中心に。

上記エースコンバットはジェット戦闘機ですがこちらはレシプロ機、レーダーもミサイルも(搭載されて)ない時代です(AWACSもいない)。当然、目視 + 機関銃。あ、無線通話はありますね。かといって本当にマーカー類を何も出さなければ背景に紛れて敵機が見つけづらいので(?)敵味方識別のマーカーは表示されます。あとは機関銃の照準が空中に表示されるほかは、計器類は方位がわかるコンパスぐらいで、高度計とか水平計(? 正式になんて言うんだろ)とかの表示がありません(スクリーンショット参照)。まあ「視点が後方視点のみ」なせいかもしれませんが、どうもエースコンバットの後にプレイすると情報の少なさに戸惑います。「視点を目標に固定したまま旋回操作できる」のはいいアイデア(「ターゲットはこっちだよ」と矢印を出せないし)だと思いましたけども。
一番困ったのが操縦。スティック操作がエースコンバットで言うところの「イージー(左スティック左右でロールしつつ転回)」なので、思うように動かせませんでした...。製品版は設定で変えられる、という人もいますが、未確認です。
ほか、挙動がちょっと甘いというか「初心者向け」っぽいですね。それともレシプロ機の挙動としてはこういうものなんでしょうか ?
機関銃は弾切れもオーバーヒートもしないので、基本的に撃ちっぱなしでしょうか...うるさいけど(^_^; これも「初心者向け」っぽい要素のひとつです。
総じて「初心者向け空中戦ゲーム」でしょうか。あまりリアルな要素がなさそうです。

あ、グラフィックは360なだけあって綺麗です。ロンドンなんてちゃんと町並みがあってビッグベンもロンドン橋もあります。その空の上を「敵味方合わせて10機以上の戦闘機がぐるぐると空中戦を繰り広げる」なんて、PS2では無理です。

XboxLiveだと16人で対戦できるとか、対戦だとドイツ軍や日本軍の戦闘機も使えるらしい(メッサーシュミットとかゼロ戦とか)ので「対戦が熱いのなら買ってもいいかな」とも思いますが、IGNでは6.8点、GameSpotでは6.9点(ともにこれを打っている時点の得点)と「びみょー」というか「ちょっとダメぽ ?」的な得点なのと、ユーザレビューに「Boring(退屈だ)」「Check your bargain bin(ワゴン行きを待て(意訳))」「Rent it first(まずはレンタル)」などのタイトルが見受けられることから、購入はちょっと様子を見てからにしようと思います。あ、「オンライン対戦目当てでフレンドみんなで買う」ならのりますよ(何人が読んでいるやら ^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2006

もっと言ってやってください !! の続き

続き。その後中島さんのblogでは「SEはメニューのないレストランのウェイターか?」「知的労働者には「組織を移る力」がある」が追加されました。

まず「SEはメニューのないレストランのウェイターか?」ではSEとプログラマの関係をレストランのウェイターと料理人に例えられて、「ウェイターなのに料理のレシピまで料理人に指定するようなもの」と書かれています。とてもわかりやすいたとえです。小規模開発ですとこのまま当てはまりますね。大規模ですと「料理長」とか「ホール長」とかいろいろな人が出てきそうです。
(業界の構造的には建築業界になぞらえたほうが議論しやすいのでしょうけど、ここではレストランの例えで行きます)

その場合、「直接、客のリクエストを聞く」のはホールの人で、リクエストはホール長経由か直接「料理長」に伝言されるでしょうか。そして「料理長」が各料理人に仕事を割り振って料理を作らせる、という感じでしょうか。
こうなってくると、いわゆる「SE」がどちらに当てはまるのかが曖昧になってくる気がします。会社によってホールだったり厨房だったりが変わったり、兼任のところも多そうです。私が感じている「現在の問題点」は

・料理長が料理のことをわかっていない。それなのにレシピから細かく指示を出す。(前回と同様)
・料理長が客のリクエストを理解しきれておらず、適切な指示を料理人に出せない。(不適格)
・料理長が各料理人の進捗のコントロールができずに、コースの順番通りに料理ができあがらない。(料理人ともども不適格)
・ホール長が客の無茶なリクエストをそのまま料理長に伝えてしまう。(中島さんも指摘している、ダメウェイター)
・ホール長が正しくリクエストを料理長に伝えられない。(伝言ゲーム)
・ホール長が料理長を飛び越して直接料理人に指示を与えてしまう。レシピまで指示してしまうことも。(越権)

などなどに例えられるのではないでしょうか。おっと、もちろん

・料理人の腕が悪い。(能力不足)
・料理人のさらに下請けの「助手」「雑用」「お手伝い」など謎の人がいる。(多重請負)

もけっこう見受けられますね。


「伝言ゲーム」など一部は日本に限った話ではなく、「Typical Project Life」 (日本語訳画像はこちら↓ http://www.dashiblog.com/blog/archives/project_comedy_l.gif )

などのように海外でも言われていることですが、日本では上記のように様々なダメ要素も追加されていて、慢性化しているような気がします。今回は「ダメウェイター」「越権」のあたりの話でしたが、ほかの要素についても正常化していかないと全体が崩壊してしまうと思っています。

で、「腕のいい、上司に恵まれない料理人は、ためらわずにほかのレストランに移ろう」というのが「知的労働者には「組織を移る力」がある」のエントリなのですが...すみません、日本ではまだまだそんなに気軽に転職できません(^_^;
いや、私はすでに 5社目にいるんですけども、「もうこの先の転職は年齢的に今までほど気軽にはできないだろう」とひしひしと実感していて、「今の会社についていく」か「箔がつく実績を作ってから転職」かの二択になりつつあります。「箔がつく前に止めざるを得なくなった」場合は、UIEを受けてみようかな...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2006

もっと言ってやってください !!

以前にも紹介した中島聡さんのblog「Life is beautiful」の記事「ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似ている」

まさに「我が意を得たり」とか「禿しく同意」という言葉がぴったりなことを、ズバリと書いてくれた。しかも私なんぞ下っ端が言うよりも説得力がある人が。

これは日本のIT系、とくにSIerとかの「上流工程」の連中は必読でしょう。というか今のままだと日本のソフトウェア工業は自滅するよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3月19日 SideB: Long, Wrong way to Home

SideAの続き。JR路線図も参照(^_^;

15:50ごろ
東照宮方面を観光してから東武日光駅に戻ってきて、「そろそろ帰る ?」「まだ早いし小一時間お茶して帰ろう」とか話していると、駅の外で猛烈な突風が吹きました。バスターミナルの端にある、水を吐き出すオブジェクト(?)からの水がスプリンクラーのごとくターミナル中に撒き散らかされてました。

東武日光駅前

このときは「うおー、いきなりすごい風が吹いたねぇ」程度にしか思ってませんでした。このときすでにすごいことになっていたんですね。

16:50ごろ
お土産物屋を廻り、喫茶店で休憩して「じゃあ帰ろうか」と東武日光駅に戻ってくると、なにやらロビーが慌ただしいです。「発車予定」の表示も消えています。聞くと「途中の線路上で回送列車が車両故障で立ち往生しているため、下今市駅(隣の駅)からこっち側が不通になっている」とのこと。運転再開のめどが立たないため「JRを使うか、下今市駅までバスを用意するから、そこから浅草方面行きに乗ってくれ」とのこと。帰りたいのは新宿なので「じゃあJRで新宿に出るか」とJR日光駅へ。

17:08
JR日光線は予定通り運行、宇都宮へ。

17:55ごろ
宇都宮着。ここでようやく「強風のため全体的にダイヤが乱れている」「湘南新宿ライン宇都宮方面が止まっている」などの事態が起きていることを知りました。でも「とりあえず動いているものだけでも乗り継いで、大宮とかここより東京に近い、大きい駅に行けば移動の選択肢も増えるだろう」とちょうどホームにいた「上野行き」と表示されている宇都宮線に乗りました。が「この列車は小金井止まりになります」とアナウンスが...。後続の発車見込みもないとのことで、小金井始発の大宮方面行きがあることを期待して乗っていくことに。

18:10ごろ
小金井着。小金井始発の列車はいませんでした。ホームや通路には同様に列車運休のあおりをくったっぽい人たちがたくさんいました。電光掲示は「次の発車は 17:41発上野行」などとあてになりません。この先の上り列車は完全に止まっていました。再開のめどが立たないのか、さっぱりアナウンスがありません。
風を避けて連絡通路にいましたが、それでも寒く、ふるえながら待つこと約50分。

19:00ごろ
ようやく運転再開された宇都宮線上野行きが到着。一般席があふれかえっていることが予想されたのと疲れていたのとでグリーン席を利用しました。出費 +750円。でもゆったりと座れて、ラクにはなりました。

19:55
大宮着。でも、なかなか発車しません。「先行車との間隔調整のため信号待ち」とのこと。その間に向こう(階段を渡った別ホーム)から「湘南新宿ライン」が発車していきました...ってそれに乗せてくれよ !

20:05
ようやく大宮を発車。ここからは順調に運行されているようです。

20:20
赤羽着。ここまで来れば南北線にも乗り換えられるし、どうとでも帰れます。まあJRも復活してるようなので埼京線に乗り換え。

20:37
順調に新宿着。ふう、やっと帰ってこられました。トラブルがなければ、直通の東武線で2時間弱、途中でJRに乗り換えてもせいぜい+20~30分程度のところを、3時間半もかけて戻ってきました orz

それから家に帰り着いたのは21:20でした。もうクタクタ。

「日光ってやっぱり遠いよね」「相互乗り入れの直通運転って素晴らしいね」ということを実感したのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月19日 SideA: 日光へ行った

日光へ行ってきました。小学校の「移動教室」だったか以来、実に23年ぐらいぶり。

20060319 日光

主目的は限定のパスネットとマウスパッド(写真左上)を買うため。
「鉄っちゃん」な友人らが「東武線がJRに乗り入れて、新宿から日光に直接行けるようになるんだって」「で、記念にこんなの出るって」「じゃあ買いに行こうか」とか話しているのを見て「あ、俺も欲しい。一緒に行こう」となりました。
いや、別に「鉄道むすめ萌え」とかはあまりなかったのですが(本当 ^^;)、「限定」と聞くと欲しくなってしまう性質なのと、「ああ、小学校以来だし日光行くのもいいな、しばらく旅行してないし」ということで。

で、限定パスネットも限定マウスパッドも買えて、明治の館(写真右上)でオムレツライス(写真左下、オムライスじゃないから包まれていない)とか食べて、東照宮(写真右下)とか見て回って、帰ってきました。ちょっと足と腰(最近痛めていて治療中)が痛くなったけど。

...と、こう書くだけなら「ふつーに萌え系アイテムの買い物と観光に行ってきました。めでたしめでたし」な話なんですが(SideB に続く)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 17, 2006

最近のWinny報道を見て思う

なんか、今年になってから、Winnyによる「情報漏洩事件」が毎日のように報道され、とうとうワイドショーや「クローズアップ現代」で特集されるほどに大騒ぎされています。Winnyで広がるワーム/トロイによる情報漏洩自体は別に最近に限った話ではない(参考)のですが、事件は報道されない分も含めると、かなりの数に上っています(参考1 参考2)。
とうとう内閣官房が「Winnyを使わないように」なんて言い出しましたが、用語が間違っていたり、根本的に勘違い(「Winnyを使うだけで、そういうウイルスに感染してしまう」と読める)していたり...。シマンテックのコメントのほうが正しいです。

シマンテックも書いていますが、この問題の本質は、

・私物PCを会社ネットワークに接続したり、私物PCに仕事のデータを持ち込む。
・ろくなウイルス(類)対策をしていない。
・「(Winnyに限らず)ネットから拾ってきたファイルは危険である」と認識していない。情報処理学会のコメントも参照(要約すると「情報処理教育をちゃんとやらんから変な事件が続くんじゃ。」 by 奥村晴彦氏)。

ということであり、内閣官房やワイドショーなどマスコミ類の「Winnyの存在自体が悪い」という話はお門違いなんですが、どうも「そういう方向(Winnyの存在自体が悪)に誘導したい」という誰かの意図があるような気がしてきます。作者の金子氏が「著作権法違反幇助」だとかで公判中ですし。

この風潮を受けてか、ぷららが「Winnyの通信を遮断」することにしたそうで。まあぷららは以前から流量規制とかやってきていた、悪名高い(?)ところなので「ああ、やっぱりな」という感じです。

が、怖いのはこの先追随するプロバイダが出てきたり、エスカレートして「P2Pは取り締まった方がいいんだ」「取り締まるために通信を監視したほうがいい」「通信傍受法の適用範囲を拡大しよう」ついには「ネットに流通する情報をすべて監視しよう(人権擁護法の件もあるし)」などと言う話になってしまうことです。...妄想が飛躍しすぎでしょうか ? こんな「駄文をつらつらと書ける自由」(苦笑)を取り上げられるのは勘弁してほしいところです。

また、Winny自体を「駆除」するソフトも出るそうです(トレンドマイクロアークン)。これもエスカレートすると「なんか得体が知れないプログラムは駆除してしまえ」「(政府とか偉いところに)都合が悪いプログラムは使えないようにしてしまえ」という話になりかねません。...想像して背筋が冷たくなってきたので妄想もこのへんで止めておきます(^_^;

コンピュータ、ネットワーク、アプリケーション類の利便性を損なうような規制がされないことを祈るとともに、そういう兆しが見えたら反対していこうと思います。

[ 余談 ]
Windowsの脆弱性を突いてきて内部の情報を暴露してしまうタイプの同様のワーム/トロイが出たら、内閣官房は「Winny」を「Windwos」に変えてコメントしますかね ? (笑)

[ 18:10 追記 ]
「○○の情報がWinnyで漏洩しました」って報道すればするほど、「その情報は今Winnyで拾えますよ」って宣伝していることになるよね。それ目当てで始める人がいたりして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2006

PS3 発売延期

とりあえず第一報(誤報の可能性もまだあります)。

「ああ、やっぱりな」という感じですね。理由に「BDの著作権保護の規定が」とか言ってますが、これだけじゃないはず(「コントローラの正式デザインも発表されてない」「いまだに実機デモすら出てきていない」など)。

後出し的な言い方になりますが、ファミ通のサイトで年初に行っていたアンケート「今年のゲーム界はどうなるか予想して」(とかそんな感じのアンケート)には、

・PS3もレボリューションも今年は出ない。ニュースに振り回されるだけ。
・PS2まだまだ健在。
・Xbox360はソフトが出なくて、パッとしない。
・NintendoDS怪^h快進撃(当時DSLiteは未発表)、PSPはまずまず。

と予想していました(そのときに証拠を残しておけばよかった)。...なんかけっこう当たりそうですね(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2006

ゲーム買いすぎ...

年末からこっち、なんかやたらとゲームをたくさん買っている気がします。

(たぶん購入順)
・リッジレーサー6 (Xbox360)
・ToHeart2 XRATED (PC)
・DEAD OR ALIVE 4 (Xbox360)
・テトリス ザ・グランドマスターエース (Xbox360 Liveゴールドに付属)
・Project Gotham Racing 3 (Xbox360)
・アルトネリコ (PS2)
・ガンダム クライマックスU.C. (PS2)
・Call of Duty 2 (Xbox360 北米版)
・ときめきメモリアル (PSP)

どれも「やりかけ」です orz

そして、今月はほかにも

・エースコンバット ゼロ (PS2)
・ランブルローズXX (Xbox360)

を予約済みだし、とどめにときメモオンライン(PC)も始まるし...。

どう見ても買いすぎです、ありがとうございました orz

プレイ時間がいくらあってもぜんぜん足りないですよ。つーかよくこんなに買ったよな、子供時代だったら考えられないというか絶対親に怒られてる(苦笑)。「大人買い」万歳。

4月以降は(今のところ)買う予定がないけど、「これ面白いよ」とか聞くと「ポチっとな」と買ってしまいそうな悪寒...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2006

二輪ETCついたー

「二輪ETCモニター」募集開始から、「二輪ETCモニターまでの道のり」(その1その2その2の続きその3その4)と題して経過を書いてきましたが、ようやく取り付けが完了しました。

ETCアンテナ
アンテナは右ハンドルにステーをつけて。
ETC本体
本体はトランク(メットイン)の中です。

当初HIDOのページに載っていた「搭載例」では、シールドのど真ん中にアンテナをヘッドマークのように取りつけてしまった写真が載っていて「うわ、だっさ。やめとけばよかったかな」と心配しましたが、バイク屋さんがスッキリと取りつけてくれました。GJ !

さて取りつけたはいいけど、最近はツーリングどころか普段からあまりバイクに乗りませんよ(苦笑) 温かくなってきたし、てきとーに出かける癖をつけましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2006

マジか !!

昼休みに飛び込んできたニュース。「ヴァリスがエロゲー化」。詳細はテレネットのサイトへ。

ネタじゃなくてマジでした... orz
つか掲載が 1ヶ月早いんじゃないの ? (笑)

元の「夢幻戦士ヴァリス」についてはこちらとかこちらとかこちらとか。

いやぁ、まさに「昔好きだったアイドルがAVに転身しちゃった」ぐらいの衝撃ですよ。高校大学時代に、3ぐらいまではプレイしたかなぁ...懐かしい。
同じような時期のアテナ(麻宮と名字がつく前)とかイースとか、印象深いのは、そういう年頃のときに触れたせいか(^_^;


しかし、もっといい絵師を使えよテレネット...。ぜんぜんダメだよコレ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

超私的アニメ批評2006年 2月期

ああ、1月分から10日と開かずに2月分を出すことになろうとは。

[新番組]

・びんちょうタン: C

いやー、こっぱずかしい。絵本の世界ですなぁ、というか、夕方の「NHK教育」とかで流すべきでは ?
NHK教育で流すにしてはちょっと生活感とか悲惨な生活っぷりがリアル ?
でも、そういう環境をけなげに生きているびんちょうタンの生き様が、自然に涙と笑顔を誘いますね。もう、あざとすぎ(苦笑)。

・REC: C

なんで上記「びんちょうタン」とセットなんですか(苦笑)。こっちはふつーに深夜アニメじゃないですか(苦笑)。
新米声優とクライアント(の下っ端くん)との恋愛ドラマ、として観ていればいいんでしょうかね、これ。

[継続]

・マジカノ: C → C-

特に「イイ」といえるところもなく、なんかテンプレートやマニュアル通りな展開で、いつ見限ってもおかしくない状況だったりします(^_^;

・落語天女おゆい: D → D-

さっぱり「落語」である必要がありません。
落語協会には時代考証に協力してもらったり、ちょい役の声優を出してもらったりで恩があるのでしょうけれど、残念ながら本筋のストーリーに落語が絡んでいようといまいとあまり問題ではないような...。

・Fate/stay night: C → C+

前月よりはストーリーがわかりました。シロー君もたいへんだ。まだこれだけではPCゲームがあんなに売れた理由にはつながってないような気がします。ので、この先の展開には期待しておきます。

・タクティカルロア: D → D

あー。
露出度とかの「サービス」のほうが比率高く、ストーリーのメインは三角関係物語だったのね。シリアス部分がおまけっぽいですね。
「相似形」シスターズ再登場希望。

・よみがえる空: B → B+

ありがちというかほかでも似た演出があったとは思うけど、「重い「ひょっこりひょうたん島」」とかあざといけどグッと来ますね。とことんこっち方面の渋いドラマを展開するのなら、これからも支持しますよ。

・練馬大根ブラザーズ: B → C+

(まだ第 8話を観てません)
ややワンパターン気味 ? 曲のバリエーションも少ないし、ネタも毒が薄い(占い師の回はましだったけど弁護士の回はちょっと)。何か大転換とかの仕掛けが欲しい時期ですね。

・かしまし: B+ → B+

えーと、1人増えて1対3の関係ですか ? それぞれ「男の時からだけど、女になった今でも」「女になってからだけど、男に戻ってもたぶん大丈夫」「男の時はそんな気なし。女になったらタガが外れた」という三者三様の恋(?)模様がうまく描写されていると思います。
作者のさじ加減でどうとでも展開できるので、先がさっぱり読めません。...つまり「楽しみ」。

・capeta: B- → B-

「中学生編」のテーマは「お金がない !」でしょうかね。もちろん大手レーシングチームのライバルものほほんとしてお金を得ているわけではない、という話もちゃんと再現されています。オリジナルストーリーで場つなぎをしてはいましたが、特に外れた話でもなく、普通に観ていられました。

・闘牌伝説アカギ: B → B

鷲巣麻雀だけで 3月まで続きそうですね。それにしても萩原聖人の台詞数がやたら減ってますが存在感はあるんですよね(^_^; 演出とかがうまい、ということでしょうか。

・舞乙HiME: A → A

先月の転換(「起」)を受けての「承」という感じ。この先の「転」と「結」を期待させる展開ではあります。ちょっと「オチ」というか「決着点」が読める気がしますが、そういう予想をするのもこの作品の醍醐味の一つかもしれません。

・地獄少女: C → C

小出しですが最終話への伏線というか布石がされてきたような感じですね。そして「地獄送り」のパターンも以前とは全然違うものに。どういうラストを迎えるのか楽しみです。

・ふしぎ星のふたご姫: A- → A-

これも3月までで終わりでしょうか。だいたいの落としどころはすぐに予測可能ですが、どう展開させるでしょうか。

・ケロロ軍曹: C → C

安定です。ふつーに「ゴールデンタイムアニメ」として観ていられます(ここまで前回と同じ)。「友情」とか社会道徳的な話が増えましたか ? 以前のようなマニアネタ全開バカ展開もたまにはお願いしたいところです(^_^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »