« PS3 発売延期 | Main | 3月19日 SideA: 日光へ行った »

March 17, 2006

最近のWinny報道を見て思う

なんか、今年になってから、Winnyによる「情報漏洩事件」が毎日のように報道され、とうとうワイドショーや「クローズアップ現代」で特集されるほどに大騒ぎされています。Winnyで広がるワーム/トロイによる情報漏洩自体は別に最近に限った話ではない(参考)のですが、事件は報道されない分も含めると、かなりの数に上っています(参考1 参考2)。
とうとう内閣官房が「Winnyを使わないように」なんて言い出しましたが、用語が間違っていたり、根本的に勘違い(「Winnyを使うだけで、そういうウイルスに感染してしまう」と読める)していたり...。シマンテックのコメントのほうが正しいです。

シマンテックも書いていますが、この問題の本質は、

・私物PCを会社ネットワークに接続したり、私物PCに仕事のデータを持ち込む。
・ろくなウイルス(類)対策をしていない。
・「(Winnyに限らず)ネットから拾ってきたファイルは危険である」と認識していない。情報処理学会のコメントも参照(要約すると「情報処理教育をちゃんとやらんから変な事件が続くんじゃ。」 by 奥村晴彦氏)。

ということであり、内閣官房やワイドショーなどマスコミ類の「Winnyの存在自体が悪い」という話はお門違いなんですが、どうも「そういう方向(Winnyの存在自体が悪)に誘導したい」という誰かの意図があるような気がしてきます。作者の金子氏が「著作権法違反幇助」だとかで公判中ですし。

この風潮を受けてか、ぷららが「Winnyの通信を遮断」することにしたそうで。まあぷららは以前から流量規制とかやってきていた、悪名高い(?)ところなので「ああ、やっぱりな」という感じです。

が、怖いのはこの先追随するプロバイダが出てきたり、エスカレートして「P2Pは取り締まった方がいいんだ」「取り締まるために通信を監視したほうがいい」「通信傍受法の適用範囲を拡大しよう」ついには「ネットに流通する情報をすべて監視しよう(人権擁護法の件もあるし)」などと言う話になってしまうことです。...妄想が飛躍しすぎでしょうか ? こんな「駄文をつらつらと書ける自由」(苦笑)を取り上げられるのは勘弁してほしいところです。

また、Winny自体を「駆除」するソフトも出るそうです(トレンドマイクロアークン)。これもエスカレートすると「なんか得体が知れないプログラムは駆除してしまえ」「(政府とか偉いところに)都合が悪いプログラムは使えないようにしてしまえ」という話になりかねません。...想像して背筋が冷たくなってきたので妄想もこのへんで止めておきます(^_^;

コンピュータ、ネットワーク、アプリケーション類の利便性を損なうような規制がされないことを祈るとともに、そういう兆しが見えたら反対していこうと思います。

[ 余談 ]
Windowsの脆弱性を突いてきて内部の情報を暴露してしまうタイプの同様のワーム/トロイが出たら、内閣官房は「Winny」を「Windwos」に変えてコメントしますかね ? (笑)

[ 18:10 追記 ]
「○○の情報がWinnyで漏洩しました」って報道すればするほど、「その情報は今Winnyで拾えますよ」って宣伝していることになるよね。それ目当てで始める人がいたりして。

|

« PS3 発売延期 | Main | 3月19日 SideA: 日光へ行った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/9131636

Listed below are links to weblogs that reference 最近のWinny報道を見て思う:

« PS3 発売延期 | Main | 3月19日 SideA: 日光へ行った »