« April 2006 | Main | June 2006 »

May 30, 2006

今日の一言。

まさか職場で「絶対領域」の解説をする羽目になるとはなぁ。

もうオタクバレですよ(苦笑)。まあ隠さないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

すごいよ、Oblivion。

[就寝間際に寝ぼけて書いたので、後で書き直すかも]
[ 7:30 ちょこっと修正 ]

「The Elder Scrolls IV: Oblivion」(Xbox360版)が届いて5日。やばいぐらいハマってます。雑誌類を読んだり、アニメほかTV番組を観たり、ネットラジオを聴いたりなどにも割いていた時間が、どんどんコレに費やされていきます。

えーと、知らない人に簡単に紹介。

要するにRPG、「ロールプレイングゲーム」です。
オンラインでほかのプレイヤーと協力プレイするオンラインRPGでもなければ(スタンドアロン)、自分で操作できる(またはAI操作の)仲間とパーティを組んで冒険するわけでもありません(シングルプレイ)。

一番の特徴は「自由」。日本のRPG、特にドラクエやFFのような「制作者の意図したシナリオを、意図した通りになぞる」映画のようなゲームとは違い、基本的にプレイヤーのやりたいことがやりたいときに出来ます。メインクエストはあるものの、時間制限はないし、別クエストを並行して進められるので、「次は○○の町に行かなくちゃ」というプレッシャー、もしくは「このクエストが終わらないとその先の町に行けない」なんていう制限も(知ってる限り)ありません。チュートリアルが終わって世界に放り出された後は、いきなりワールドマップの端まで移動できます(馬を入手してなければ徒歩だけど)。
人の家の物を盗んで窃盗犯として追いかけ回されるのも、薬品調合のエキスパートになるのも、街から街へ物を売り歩いて財を成すのも、家を買ってのんびり過ごすのも、もちろんモンスター退治やアリーナで強くなるのも全く自由。むしろ「次何やればいいの ?」と途方に暮れるぐらいです(日本的RPGに慣れすぎているとこうなるw)。

画面写真とかは上記リンク先を観てもらうとして、ちょっと意味がわかりづらいかもしれません。要するに「一人称か三人称の視点で、DQ VIIIとかリネージュIIのようにフィールドを移動して、シームレスに戦闘に入り、洞窟とか塔とか寄り道し放題。画質はFFのムービーシーン...はほめすぎかもしれないけどかなり綺麗。」一人プレイなので魔法専門職はちょっとつらいです。楯と短剣は持ったほうがよさそう。

ほか詳しくは書ききれないし、まだ数日しかプレイしてないのであまり偉そうには書けません。ここが日本語でまとめてくださっているので、「マニュアル」の最初の方を読むだけでも雰囲気がつかめるかと。プレイ動画(YouTube)とか観てもらえばもっと雰囲気をつかみやすいかもしれません。まあ、こんなゲームです。

で、コレってまだ日本語版は発売されていませんし、今のところ翻訳される気配もありません。しょうがないからアジア版(中国とかアジア諸国向けに、マニュアルに中国語部分を追加させた、でもゲーム本編は欧米で売られているものと同じ)を買ってしまいました。当然ゲームはフル英語。台詞に字幕が出てくれるので大助かりです(苦笑)。
...でも、実際に台詞を聞いてみると、結構聞き取りやすくはっきりしゃべってくれてますね。これ、リスニング教材にもいいかも。そして、言い回しとか表現方法は「生きている」言葉なので「こういうときにこういう言い方をする」とか、とても役に立ってます(私だけ ? 苦笑)。伊達に4年間も英語学校通ってない、というか通った甲斐があってここまでわかるようになった、というか(^_^;

まあそんなこんなで英語に手こずりながらも、「今日(ゲーム内)は何をしよう」とか「やべ、本を読みふけっていたらもう夕方だ」とか結構リアル(?)な生活を送ってしまい、気づいたらリアルの時間もガンガン過ぎていて、最初に書いたように「ほかのことに手が着かなくなる」ほどにハマっている、というわけなんです。

で、このゲームをプレイすると「日記をつけたくなる」という人が世の中結構いるようで(苦笑 ググるとすぐに何人か見つかる)、私もちょこちょことXbox360SNSで書いてますが、詳しく書いていたらきりがないのと時間もないのでちょこっとだけ書いてます。そちらを見られる人はそちらも併せて、Oblivionの検討材料にどうぞ。

ここでもさらっと書くと :

チュートリアル終わって、次に目指す修道院へ行く途中。山賊に襲われた。「お金よこせ。さもなくば血を払え(死ね)」って、もちろん死にたくはないし、なけなしのお金なんぞ渡せないので戦闘へ。ただし自分は肉弾派ではなく魔法がメインなので、逃げ回りながら火の玉を1発ずつ敵に当てつつ、召還したスケルトンに頑張ってもらう。なんとか撃退し、腹いせに盗賊の装備を剥いで裸にして放置しておく。

ギルドマスターと、そのライバルの人、どちらも欲しがっている本。まずマスターに見せると「あいつより先に手に入れた !」「これは金庫に厳重にしまっておこう」。でもその金庫のセキュリティが甘くて自分でも開けられちゃった。
本を持ち出して、今度はライバルの方へ「よくやった。これがギルドマスターの目につかないうちに、私が翻訳をしてしまうから。」(1日後)「このメモの注意書きをよく読んで、またこの本を元の場所に隠してきて。」人使い荒いなぁ。

なんか体調がおかしいのを気づかないで放置していたら、Vampireになってしまいました。(ウィルスに感染、潜伏期間の後に発症。発症後3回就寝すると完全にVampireに変化。能力が上がるが、昼間に行動できないなどペナルティも大きくきつい。) 治療するクエストもあるそうですが、めちゃくちゃきついとのことで、最初からやり直すことにしました orz

などなど。おそらく、いや間違いなく他の人は全く違うプレイ日記になるのでそれはそれで読むのは面白いかも。参考にはならなそうだけれど。


で、これをプレイしていて思うのは「こんなものが出てきちゃ、そりゃドラクエVIIIが向こうであまり売りないわけだよなぁ」ということ。欧米の人には「お仕着せストーリー」は受けないんじゃないの ? 戦闘システムもいつまでもターン式というわけにも行かないでしょう。移動シーンとシームレスに戦闘になって、退却とかも思いのまま。
錬金釜ったっておまけレベルだったのが、こっちは「錬金大学」があってしっかり「学問」になっていて、究極的にはオリジナルレシピによるオリジナル合成も出来るし。アイテムだけじゃなく魔法も作れるし、武器に魔法をかけて強化できるし。

もうとにかく奥深すぎ、自由度高すぎ。「日本のRPGに失望して、ゲーム全体をも見限ってしまうのは軽率だ。せめてこれをプレイしてみてからだ」とかいいたくなるような、「日本のRPGに飽きた人はやってみそ」というゲームです。失望してなくても、「面白いRPGをプレイしたい」人には絶対お勧め。
英語に抵抗を感じる人も、中学校レベルの文法がわかってて、辞書引く手間を惜しまなければ大丈夫。むしろいい教材になるので英語の成績は絶対に向上しますよ。

実際に使われているセリフ (2chの「家ゲーRPG」板の誰かの発言より)


313 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日:2006/05/26(金) 10:44 ID:0stzfnhL
文章を理解できずとも作業的にクエストをクリアして行くだけでも楽しめるタイプの人なら問題ないかと。Wikiもありますし。
逆にゲームの世界の雰囲気にもドップリ浸かれないと楽しめないという方は危険かと。
以下は過去スレに出ていた一文です。転載させていただきます。

クエストのジャーナル(要約)の一文
I met a mysterious Wood Elf named Glarthir in Skingrad who asked me to meet him behind the Grand Chapel at midnight tonight.
He wouldn't tell me what it was about, but promised to make it worth my while.

とある少年の台詞
Yes. oh great and mighty Grand Champion?
Is there something you need?
Can I carry your weapon?
Shine your boots?
Backrub, perhaps?

衛兵に抵抗してみると言われる台詞
Then pay with your blood

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

定期券売り場の不思議な算数

今回の異動(出向)で通勤経路が変わりました。電車を利用する区間は短くなるので、まだ1ヶ月残っている定期券の区間更をして、差額を返金してもらおうかと思って「定期券売り場窓口」へ行きました。新規・継続定期券は券売機で買えるので、今では払い戻しとか区間変更とかをするための窓口ですね。

「これ、D駅経由でT駅までの定期でまだ1ヶ月残ってる(6月30日まで)んですけど、これをD駅までの定期に区間変更してください。」
「はい、今の定期券を払い戻しして、新区間のものを改めて買い直す形になりまして、差額が...○○円の払い戻しになりますが、よろしいですか ?」 ← (1)
(ちょっと期待より払戻額が少ない気もするけど、しょうがないか)「ああ、はい。いいです。」
「それでは、この用紙(払い戻しの領収書と新規定期券申込書)に必要事項を書いてください。」
(面倒だけど)「あ、わかりました...。」

(用紙に記入)

「はい、これで。」
(用紙を受け取って)「はい、少々お待ちください。」

(処理開始。このあたりで古い定期券にパンチ穴を入れてしまう) ← (2)

(ここで記載内容に気づいて)「あ、私、区間を勘違いしていました。改めて計算しまして、差額を××円いただきます。」
「はい ?」
「ですから、新しい定期券の区間を勘違いしてしまって、先ほど(1)の金額は間違いでした。正しく計算しますと、差額が××円足りないので、払っていただきたいのですが。」
(はあ ?)「なんで、有効期間が同じで、区間が短くなるのに、こっちが差額を払うことになるの ?」
「えー、まず払い戻し金額ですが、販売額÷有効期間の、1円未満の端数を切り上げた額が「1日あたりの利用額」で、これを「10日単位(切り上げ)で使用した」とみなしますので、この場合「60日利用した」ということになり、これを元の販売額から引いて、払戻額が△△円になります。」
(なんか切り上げとか10日単位とかつっこみたいけど)「はあ...。」
「で新区間1ヶ月分の定期券が▲▲円でして。」
(まあこれは普通に買う値段か)「ああ...。」
(▲▲円-△△円=××円。さも「当然でしょ ?」と言いたげに)「まだ何か ?」
(おいおい...)「いや、ふつーに考えて、「区間が短くなる」のにこっちがお金を払うのっておかしくないですか ? それじゃ区間変更しないほうが得じゃないですか。」
「...(複雑な顔)」
「じゃあ区間変更しません。元の定期券を返してください。」
(って(2)で穴空けちゃってる)「...少々お待ちください」

結局「再発行」扱いで元に戻してもらいました。少なくとも金銭の損をしないし、区間長いし(差分は利用しないだろうけど)。

これは要約してますけど、実際はトータルでずいぶん時間がかかってまして、後ろに並んでたおじさんは「窓口じゃなくて中でやって、列をさばけよ」と怒ってました。で、なぜか私が「すみません、私のために」なんて代わりに謝ったり(苦笑)。


なんで「有効区間を短く」するのにこっちが差額を払わなきゃならないの ? 事情はあるのでしょうけど、これって普通に考えておかしいでしょ。
世の中まだこんな「おかしな算数」がまかり通ってるんですねぇ。ほかにもいろいろありそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2006

13号地は今日も強風だった

今日から僻地通いです。

今度の研究室も、前にいたところと同じ団体に所属しているとはいえ、リーダーが違えばカラーがまるで違うのに、つい「以前いたときは」「前にいた研究室では」と口にしてしまいます。早く直さねば。

で13号地は相変わらず「食糧難」です。いや、供給量はたぶん余ってるんだろうけど、何せ食堂類が「不味い」ところだらけ。コンビニが「お弁当争奪戦」とも言えるほど混んでいるのに、食堂の席が空いているとかね。みんな「コンビニ弁当の方がマシ」って判断なんだろうなぁ。

これを読んでいる食堂チェーンのオーナーさんとか、出張仕出し弁当屋さん(いるのかよw)、青海2丁目近辺でそのほかよりちょっとでも美味しい昼食を出せば、大繁盛ですぜ。

というか、お願いですからもうちょっと味を良くしてください。既存の食堂のみなさん...。もう切実。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

続・誰かこいつをつまみ出せ !

前回大いに失望したムーア氏、その数日前の発言でこんなことも言っていたそうで。見落としてました。

日本では苦戦続くが

MicrosoftはXbox 360で有利なスタートを切ったにもかかわらず、ソニーと任天堂の本拠地ではいまだ苦戦している。

 日本でのXbox 360への反応は芳しくなく、昨年の年末商戦では需要が予測に届かず、販売台数は約10万台だった。

 Microsoftは日本で競争的な価格のゲーム機を投入したが、一部のゲームタイトルは日本のゲーマーに受けなかった。ムーア氏は、ファイナルファンタジーシリーズの制作者が手掛けた「ロストオデッセイ」「ブルードラゴン」など、今後登場するロールプレイングゲームは日本で人気が出ると期待している。

 「率直に言って、もしも1年後、われわれがここに座っていて、失敗が続いていたら、『もうどうしたらいいか分からない』と言うかもしれない」(同氏)

ダメだこりゃ。(C)いかりや長介

要するに「我々のベストは尽くしたよ」ってことでしょうけど、「もうどうしたらいいか分からない」ってのはジョークかもしれないけど日本のファンを馬鹿にしてる。キミの部下に日本人はいないのかと。彼らに意見を聞かないのかと。聞いても出てこないなら絞り出さないのかと。(以下小一時間

もうね、オレに代われと。

いや、「企画本部長」は行き過ぎとして、その下で、ある程度発言の権限があって、予算をコントロールできる役職(プロデューサークラス ?)で雇ってくれません ? (苦笑) MSKKに「ゲーム好き(の幹部)」がいないならどんどん雇って、そういう人たちに「活躍」してもらわないとダメでしょ。ユーザ掲示板のほうがまだまともな意見出てますよ。いっそ「宣伝のアイデア募集。賞金100万円」とかやってみるとかいいんじゃないですか ? いやマジで。
# MSKKの中の人が見たら「とっくに頑張っている」とか言うかもしれませんが、「結果」が出てない現状をどう言い訳しますか。ゲイツ会長はこういう人ですよ。

前回「ビル・ゲイツは満足しているのか ?」と書きましたが、この記事(前回見落としていたわけではないけれど読み直しました)によるとどうやら「全世界でたくさん売れればいい」という考えで、「11月までに(全世界で)1000万台」の目標を達成できれば満足の様子。こりゃ「日本だけ特殊な状況」になりそう...。

私は洋ゲーも嫌いではないですから(最近はむしろ洋ゲーのほうが好印象)、「360は洋ゲー専用」と割り切るのもアリですが、日本のゲームも盛り上がって、日本人のフレンドと一緒にゲームできないと、ちょっと寂しいですよねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2006

曇りのち晴れ...るかな ?

ぐっすり寝て、美味しい物食べて、お酒飲んで、けっこう気が晴れてきました。

心配してくださった方、ありがとう。
心配もしてくれなかったヤツ、この人でなし(ォィ)。


やっぱり「お金を損した」ことより、「あからさまな欺しにひっかかった」ことのほうがダメージでかいですね。...情けない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

ヘコみデー

昨日の件で、ただただ自分が情けなくて落ち込みまくり凹みまくり。天気は良かったけれど出かける気力も起きず。「限りなく不透明なブルー」デー。

アレだ、「世の中が信じられなくなった」って自殺したり引きこもったりする人の気持ちがわかったような感じですよ(苦笑)。もっとも、私は死なないし明日は出かけたいけど。

で、ぼけーっとしながらも「Call of Duty 2 攻略 blog」の記事を書いてました。
こつこつ書いて、一通りすべてのミッションについて書き上がりました。
やっぱり「やります」と言ってしまったからにはやらねば。

んじゃ今日は早く寝ます...。

あ、こないだ注文したOblivionを発送したとのメールが。楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

よかった、病気の子供はいないんだ orz

えー、本来なら先日礼服を買った名目の「会社設立25周年パーティ」とか書く予定でしたが、予定を変更して...。


パーティが終わり、とっとと帰ろうと表通りの一本裏道を駅に歩いていました。タイミング悪く雨が降り出し、傘もなく、買ったばかりの一張羅が濡れてしまうので足を速めていたところに、前方から来た白い車の運転手が「ちょっとすいません」と声をかけてきました。

(あんまりこのへんの道わからないんだけどな)と思いながらもお人好しな私は窓際に近寄って、彼の話を聞きます。

「突然ですみませんが、コレ(と言って箱に入ったペアウォッチ(金色)を見せる)、もらってくれませんか ?」
「?」
「実は伝票を間違えて切ってしまって、余分に仕入れてしまって、それがばれると不味いのですが、処分に困っていたんです。質屋に持って行こうにもこの時間ではもう閉まっていて。あ、爆弾とか怪しい物じゃないですから(箱の中を見せる)。質屋に持って行くと30万円ぐらいする物です。」
などなどと早口でまくし立ててきます。上野で雑貨屋をやっていて、とかなんとか言って名刺をちらっと見せてくれましたが暗くてよく見えません。「私から流出したことがばれるとまずいので」とか言ってくれないし。
そんなこんな話しているうちにネックレスも出してきます。
「これはプラチナ○g(数字は忘れた)のネックレスで、これも高い物です。」(以下同様)

で、「ああ、ありがとう」と言って立ち去ろうとすると、「いや、高い物ですし、せめて我々(そのドライバーと助手席の人(性別不明))の飲み代ぐらいはいただけませんか」とお金をせびってきました。

このときに「じゃあいらない」と時計とネックレスを返してしまえばよかったのですが、その人が友達に似ていて(スタパ斎藤風の、ぽっちゃり系)人が良さそうだったのと、ちょっとお酒が入っていて頭の回転が鈍っていたのとあるのでしょう、「まあ、ちょっとなら出してあげるか」とお金を出してしまったんです。

1枚。「いや、みんなの飲み代ですから」
2枚。「いやいや、ふつーに3○(1の位は憶えてない)万はする物ですし」 ...このへんでちょっと「怪しいな」とは思ったんですが、周りに人影もなく、雨は本格的に降り出すし、で早く立ち去りたい気持ちのほうが強くなってきました。
3枚目。「えーこれだけですか」「もう手持ちがないから」「じゃあどっちか片方返してください」ネックレスを返しました。落ち着いて考えれば、私は腕時計なんかしないし、ましてやペアウォッチなんて無用なんですよね...ふいんき(なぜか変換ry)に飲まれてましたかね...。orz

挨拶もそこそこに彼らは走り去っていきました。私も我に返り、一応ナンバーをメモり、「もしかしたら本当に高価なものかもしれない」とかすかな希望を抱いて帰ってきました。

さっき家に帰ってきてネットでその時計のメーカー名を検索したら、「伊Tさんの、どこまでやるの!?」や、私と似たような話がたくさん載っている掲示板が見つかりました orz

やられた orz


なんか、数年前から続いている寸借詐欺(?)のようで、日常的にネットを見て回ってて、「この手の詐欺手法にも詳しいつもり」でいた自分が知らないとは、と落ち込んでしまいます(そっちかよ)。

親には「俺はふつーに都内に一人暮らしできるほど稼いでいて、貯金もちょっとあって、どんなことがあっても電話でお金をせびったりなんかしないから、オレオレ詐欺には絶対に引っかかるなよ」といつも言っていたのですが、まさか自分が、しかもオレオレより古い手口に、ともう落ち込みまくりですよ。はぁ。


しかし、コレって「詐欺じゃなくて売買行為(個人間取引)だ」と言われればそれまでっぽいですよね。
先方は「○円で買え」と押し売りをしたわけでなし、値段を決めたのはあくまで自分。特定商取引でもないですからクーリングオフも効きません。
唯一のツッコミどころは「30万円する」とか言って高価なものであるかのように装って取引を持ちかけたところ、でしょう。でも前記のことがあるのでこれだけで相手をどうこうは難しそうです...。

いやー、「世間勉強」代としても高いなぁ。せめてここに恥をさらして、これ以上の被害者が出ないことを祈りたいと思います。
「よかった、病気の子供はいないんだ」と某カードのCMの人みたいにはなかなかあきらめられません。

[ 特徴 ] ※他の人の情報を見ると、複数の実行犯がいて、複数の車を使っているようですね。

車は白いセダンというかスポーツカーに近いタイプ(車種とかはよくわからない)。2ドア(後部はナナメで開くかどうか不明)、後部座席はあったようだけど狭そうだった。ナンバーは 足立300ほ1375 (連中がこれ見て処分してしまうかもしれないけど)。
実行犯はちょっとぽっちゃり系男性、30代ぐらい。口とあごにひげを生やしていて、髪は短め。イメージはスタパ斎藤系。つーか友達に似てた(苦笑) 本人じゃないと思いたい。早口だけどよく聞き取れる声で上記説明(ほか「伊Tさん~」と同じ)をまくし立て、こちらが冷静に判断する時間を与えません。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 18, 2006

これも「出戻り」?

11月から話が決まっていた出向の件、来週から勤務開始です。会う人ごとに「4月から」とか「GW明けから」とか言ってましたが、「順調に遅延」して今頃になりました。1年の本社勤務を挟んで、同じ建物(の別の現場)に出戻り(?)です。

やれやれ、またしばらくはお台場、いや「地の果て13号地」勤務ですよ...。

ふつーの人に「お台場に勤めてる」と言うと大抵は「おおー」「いいなー」という反応が返ってきますが、実際は「陸の孤島」「海を渡るから、海外」です(笑)。今でも「パトレイバー」の特車二課描写と大差ないです。いや本当に。


おっと、出向先(現場)が気に入らないんじゃなくて、お台場という地理的環境が不便でイヤなだけですから(^_^; ← 誰が見ているかわからないので一応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

誰かこいつをつまみ出せ !

マイクロソフト、インタラクティブ・エンターテインメント・ビジネス、エンターテインメント&デバイス事業部、コーポレート・バイスプレジデント、ピーター・ムーア氏(肩書き長っ)のインタビュー記事。ファミ通インプレスとでほぼ同様のことを言っています。要するに「PS3が勝手に自爆してくれたから、先行するXbox360は余裕で勝てるよね」「日本 ? ああ苦戦してるけど気にしてないね」ということですかね。


誰かこの人に「ウサギとカメ」の絵本を送ってあげてください。
ゲイツさん、こいつを更迭してください。


インプレスのほうの記事は記者(その筋では有名な西川善司氏)の私見が交じっていて「インタビュー記事」としては望ましくないんだけど、いいところを突いています。

・日本市場向けにどうするかの話で去年と同じことしか答えない。 → 「対策がない」し、「対策する気がない」。
・PS3が秋に延期になって夏商戦は大チャンスなのに「みんな外に出てしまうから」とか何とか言って(日本以外でも)たいした攻勢に出ない。→ 「慢心」もしくは「ネタ切れ」。

もうね、この人要らないですよ。すでに更迭された丸山氏のほうが、リップサービスかもしれないけど「日本市場の成功なくしてXbox 360の成功無し」なんて言って、このムーアより「現実が見えている」気がしますよ。今までMSKK(日本マイクロソフト)がダメなんだと思ってましたけど、その上からしてダメダメだったんですね...失望しました。

というかビル・ゲイツは今の成果に満足しているのかな。中島聡さんによると「結果を出せ」と厳しい人のようだけれど、「日本市場で惨敗」→「米欧で先行していてもひっくり返されることがあり得る」というのがわかっていないのかな。

...それとも、すでに我々日本人が思っているほど日本市場は重要じゃなく、日本製ゲームも(いくつかの例外を除いて)以前ほど影響力を持っていない ?

PS3購入用に予算を確保しとこうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新VAIO U

(18:05 一部修正)

昨日の話になってしまいましたが、新VAIO U(VGN-UX50)が発表されました(ニュースリリースインプレスITMedia)。

見たまんま「新しいZero3 ?」と思ってしまいましたが、こっちはWindowsXP機でOrigami(UMPC)に近いんですね。ていうかなんでTabletEdition載せてOrigamiにしなかったんだろう。

デザインが旧VAIO Uとまったく変わってて「別シリーズなんじゃ ?」と思えてしまったり、「メモリが512MB固定だとちょっときついんじゃない ?」とか思ってしまいますが、この「HDDレス」モデルは興味引かれますね。NANDフラッシュメモリでどれぐらいキビキビ動くのか、触ってみたいです。キビキビ具合によっては512MBでも十分かもしれないし。

OrigamiとVAIO Uがきっかけになって、これぐらいの「パームサイズデバイス」(PDA廃れちゃったし)が盛り上がってくれるといいんですけどねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ETC義務化 ?

首都高と阪神高速がETC義務化を検討しているとのことです。

が。記事中の「2008年度から」というのは、予定通り二輪ETCが今年秋に正式導入されたとしても、「普及期間」が短すぎませんかね ?
四輪でも利用率が70%に届いていない状態なのに、「距離別料金」制に移行して、残り30%強の人たちに装着させるには「義務化」が一番ではあるのですが、強引過ぎませんかね ??

というか(ほとんどの)二輪と、「ETCもつけられないような」四輪は排除、ということですか ??? まあ首都高を走る車の数自体が減れば渋滞は緩和されるでしょうけどもね(苦笑)。
まあ私はすでに二輪につけてしまった(無料)ので、義務化されても平気ですけども...。

そもそも、なんでそんなにETCつけさせたいの ? 本当に「渋滞対策」 ?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 13, 2006

ドハマリ日記 2006年 5月 その2

前回からしばらく放置してしまったけれど、やっと続き。

ダメになったっぽいHDDから取れる限りのファイルをバックアップして、別HDDにつなぎ替えてWindowsXPをインストール。
サービスパック当て、パッチを当て、ドライブを入れ、アプリをインストールして、設定して...。

やっと終わりました。あまりたくさんアプリを入れてないので、楽な方だったかも。これがメインで使っているPCのほうだったら...ガクブル。

今の状態でリカバリイメージを作っておけばいいんだろうけど、作成ソフト持ってないな。アンチウィルスを使っているつながりでNortonGhostかなぁ。

本当、泥沼にハマらずに済んでよかったですよ。今のところ、「めでたしめでたし」です。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2006

CoD2攻略blog始めちゃいました

CoD2をベテラン(一番難しい)レベルでクリアして、実績全解除したのを調子に乗って360SNSで書いているうちに、調子に乗って攻略blog(未プレイの人、ネタバレがあります。注意。)を書き始めてしまいました。だって、ぐぐっても日本語の攻略情報とか見つからないから、「今ならネ申になれる ?」と思って(苦笑)。

で今日は最初のチュートリアルから、2-1番目の「Repairing the Wire」まで書き上げたのですが、画面写真がないと、説明が難しいですね(苦笑)。なんか「味方に先行させて、待つ」「慎重に進む」ばかりで画面と対応しながら読んでもらわないと、さっぱりわからないでしょうね(苦笑)。

まだまだミッションはたくさんあり、だんだん説明が面倒になってきます。終わるのはいつになるだろう... orz


あ、360SNSに入ってないマイミクとかLiveフレンドのみなさん、招待を送りますからメールアドレスをお知らせください。MixiメッセージでもLiveのメッセージでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

高いだろ、PS3

PS3の正式な発売日と値段が発表になりました。

11月11日発売、HDD20GB版 62,790円、HDD60GB版 オープンプライス。
(20GB版はHDD容量が少ないだけじゃなく、HDMI端子などが削られている)

なんか「少しでも安く見せるために(?)」か知らないけど今時税抜き表記で「59,800円」とか言ってますが、税込みで6万円を超えました。それもHDD容量だけじゃなくて機能も削った20GB版が。
実質買うことになる60GB版はたぶん税込み7万円後半から8万円超でしょうか。


って 高いよ !!


いくらXbox360を予約買いした私でも、これはちょっとホイホイとは買えませんよ。同時発売タイトルもそれほど魅力的じゃないし。
初期不良とか熱問題とかありそうだし、値下げモデルが出るまでは「待ち」ですかね。


...とここまでは多数の人も同意見でしょう。
でも、秋のゲームショウあたりで「あれからコストダウンを頑張って、20GB版を39,800円、60GB版を59,800円で出せることになりました !!」とかやりそうな気がします。
「朝三暮四」というか「フェイス・イン・ザ・ドア」というやつですね。...無理かなぁ。

注: 私は別に「アンチソニー」でも「GK」でもないですから。面白いゲームが遊べるならハードごと買います。

[ 13:45 追記 ]
あれ、以前発表のものからずいぶん仕様が削られてますね...もう削らないでくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こどものための読み聞かせ えほんであそぼう

「こどものための読み聞かせ えほんであそぼう」という、電子絵本ソフトが出るそうな。

ってこれ、俺も1998年ごろ某K社にいた頃に社内の「企画募集」で出したネタ( +英語モード)ですよ(^_^; 時を経て同じことを考える人が現れたか、当時K社の人間が今実現させたのかは知らないけど。
(当時在籍していた人なら「ああ、出してたね」と証言してくれるはず ^^;)

私の企画概要はこの「えほんであそぼう」と同様で、「子供に童話を読み聞かせるためのソフト」「有名人(その時は森本レオとか森重久弥とかを想定していたかな)数人から音声を選択可能」「低予算で作成可能」「通常のゲーム流通よりも図書館、学童施設などへの普及を狙う」といった感じ。
その時の社内での反応は、「ただ読み聞かせるだけじゃダメだ、インタラクティブ要素がないと」と私の意図をさっぱり理解してくれずに一蹴された、と思ったら退職後に下請けにそういう「童話をモチーフにした」ミニゲームを作らせて発売していた(1999年)。何本売れたのかは知らないけど。

で2006年の今、「こういう企画が通る」というのはとても興味深いですよ。当時(PS2発売前)はPSを想定していて、ユーザ(子供)がTVの前にいる必要があったし、「TVでわざわざ絵本を観るならアニメ観るよな」というツッコミも合ったけれど、今は(ゲームボーイより)結構なスペックのDS(見開き2画面だし)が普及して、「売れるかもしれない」下地ができている。たぶん英語モードをつけたのは「英語漬け」とかの成功を見て「大人でも買うだろう」と見込んだんだと思います。...つまりは「いい時期になった」。

ゲーム業界にいた当時の私は常々「マニア向けのゲームもいいけど、普通のお子様向けをおろそかにしてはいけない」「(お子様を含む)ライトユーザー層をつかめないと、(業界も会社も)先は暗い」と言っていました(はず ^^;)。PSPやXbox360がぱっとしないのにDSはもちろんいまだにゲームボーイがコンスタントに売れ、携帯電話のゲームも花盛りな今の状態はそういう層に支えられているからだ(それが全部じゃないだろうけど)と思っています。
中島聡さんの「ゲーム業界のジレンマ」の話もとても共感できます。

っと話が逸れちゃいましたね。

えっと、「ああ、あのとき(K社辞めて次の会社探している頃)、この企画持って出版社巡りをしようかとか考えていたんだよなぁ。やっていればもしかして採用されたのかなぁ」とか思い出したですよ、って話でした。
べ、別に悔しくなんてないんだから(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2006

訃報:曽我町子さん

女優の曽我町子さんが亡くなったとのこと。GWの最後にこんなニュースなんてマジデスカ。

毎日新聞の記事では「オバQの初代声優」と紹介されていますが、我々の世代では「魔女ベルバラ」(5年3組魔法組)や「ヘドリアン女王」(デンジマンサンバルカン)で強く印象に残っている、「特撮の女王」ですね。
一番最近TVでお観かけしたのはマジレンジャー(最後のほう2話ほど出ていた)でしたが、それが遺作でしょうか。
(今度PS2で出る「宇宙刑事魂」にも出演(ゲームオリジナルのラスボス ?)されているようです。)

ご冥福をお祈りいたします。合掌。

[ 1:05 追記 ]

そういえば、昨日の飲み会でふと「そういえば曽我町子さんって元気なのかなぁ」「病気してるらしいじゃん」「マジレンジャーに出てたよ」「(マジの出演は)あまり動いてなかったよ」「俺こないだ(4月23日らしい)イベントで会って、サインと握手してもらって来た。サインは家宝にする」「いいなー」とかとかの話題になったですよ。
いい歳こいて(苦笑)アニメとか特撮の話をしながら飲んでいる我々に、ふらっと立ち寄ってくれたのかもしれません...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2006

ドハマリ日記 2006年 5月 その1

注: OSが表示するメッセージ類はうろ覚えで、正確に覚えていません。「だいたいこんなメッセージが出た」ということで。

マザーボードが修理(交換)から帰ってきて、「さてマシン復活だ」と意気揚々とケースに組み込んで、スイッチオン。

...症状が変わりません。 マジカヨ orz


一部OSのファイルが壊れたかな、と「修復セットアップ」を試みるべくCD-ROMから起動。するとCドライブのはずのHDDが「不明なフォーマットをされている」との表示...。

これってパーティションごと吹っ飛んだ時の症状で、一瞬血の気が引いたけど、改めてCドライブから起動してみるとセーフモードを選ぶ画面とかにちゃんと行ける...けど「セーフモード」も「前回起動時の設定」も、もちろん「通常起動」もどれを選んでも起動がまともに終わらない...。

なんかディスクアクセスが重い気がして、「もしかして」という直感から、CD-ROM起動→「修復コンソール」上でCHKDSKを実行。...うわ、不良クラスタが出まくってる。

CHKDSKに修復させたら、なんとか起動するようになりました。でもなんか重い...。「OS起ち上がったし、スタートアップ類も動いてるし、気のせい、気のせい」と「これで解決した」ということにして、ムービーエンコードとかNorton先生のLiveUpdateとかやって、何かの拍子に再起動したんです。再起動後、何かネットワーク関係のサービスの起動に失敗した旨のメッセージ(よく読んでおけばよかった orz)を出して、ネット(インターネットはもちろんLANも)につながらなくなりました。

「何事 ?」とデバイスマネージャで状況を確認するとオンボードNICに「!」マーク...。
「スネークを見つけた敵兵じゃあるまいし」とメッセージを見ると「このデバイスの起動に失敗しました」。

ドライバを入れ直しても、「ヘルプとサポートセンター」推奨の方法「デバイスの削除」→「ハードウェアの追加」を行ってもいっこうに改善せず。

また「もしかして」と思ってNortonDiscDoctorを起動、「全クラスタ調査」を実行してみました。

...不良クラスタがまだまだたくさん出てきました orz 最初のCHKDSKで修復しきれてないのかよ。
で、 今も調査が終わっていません。

(続く)

「このHDDを修復して使う」か「別HDDに環境を作り直す」の二択ですが、どっちが確実なんだろう...後々のことも考えると後者かなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

インテルマザーボード故障日記 その3

「宅配便でーす」といきなり届いた荷物は、マザーボードでした。修理上がりというか、基板だけ未開封在庫と取り替えて送り返しただけのようです。

ってことで「マザーボード修理日記」は終了。

...「ドハマリ日記 2006年5月」に続きます orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

オフ会~

(このblogは完全に公開されていますので、諸事情を鑑みて、名前はイニシャルにしています)

Xbox360のXboxLiveで知り合った人たちとオフ会でした。まったくの「初顔合わせ」なオフ会って何年ぶりだろう。
と言っても参加者は計3人なので「ちょっと会わない ?」程度の小さなものですが。
茨城県のC氏(2x歳)が東京方面に車で来るというので、練馬区の私(35歳)が「じゃあ会うべ」と話に乗って、なぜか(?)川崎市のSくん(14?歳)は巻き込まれてしまったという...児童略取誘拐ではありません(苦笑)。

今までの「ネットのコミュニティで知り合って初めて会う」時は顔も声もわからないでいたからさっぱりどんな人かはわかりませんでした(ごくごくまれに、文章の癖で想像できる人もいるけど)が、普段からLiveでボイスチャットで声はよく聴いているのでだいたいは「こんな感じの人かな」という「イメージ」は持ってました。
で、会ってみてだいたいそのイメージは当たってました。私の持論「声質も顔相も体格も、人が外に向けて出しているものすべては、その人の内面(性格)が反映される」はおおむね正しいようです。

さてこの中で一番年上な私(Sくんの親より年上らしい ;_;)がどこに行くか仕切ることになったのですが、メンバーの希望が「特にない」「どこでも」だったので、私が(昨年まで4年間、および連休明けからまたドナドナされて勤務することになっているので)よく知っている、お台場にしました。ちょうどBIGLANなるイベント(メインはPCだけと360も持ち込まれている)もやっている(会場はその勤務先の隣のビル ! w)ことですし、Xbox360プレイヤーを連れて行くにはちょうどいいかと思いまして。

今日は天気も良くて温かくて、お台場の景観もいい感じで、駐車場から歩いたりアクアシティで昼食食べたりしながら「いいお台場」(なんのこっちゃ ^^;)を紹介できたと思います。そしてBIGLANではC氏、Sくんのフレンドがいたり、XNEWSの管理人さんがいたりで交流の輪が広がったと思います...たぶん(フレンド登録依頼の返事がまだ来ない)。初回のオフ会としてはまずまずではないでしょうか ? (自画自賛 ?)

まあ、「都内の渋滞をナメていた」(C氏)、「後手後手に回ってしまったね」(私)、「6時までには帰らないと」(Sくん) という証言(?) のように、ちょっと時間が遅れての行動になって昼食もBIGLAN参加も遅れてしまい、あまりゲームをプレイする余裕もなく帰らなくてはいけなくて、時間に追われてちょっと忙しなかった感じがあったのが反省点ですかね。次(あれば)はもちっと早くから行動しておくか、効率のいい集合/ピックアップを計画するか...。課題ですね。

あ、ネガティブ要因も書いてしまいましたが、こうやって新しい交友関係が増えていくのはいいものですね。しかも年の差(しかも下の方に ^^;)がある、世代が違う人たちとの交流ってこういうことでもないとなかなかできませんから。まだまだネットワークを広げていきたいですね。

--

おまけ。「今日のビックリ & ガッカリ」

先日買ったカジュアルジャケット着て出かけてみたんです。途中寄ったコンビニの鏡に映った自分の姿を見て、「うわ、親父がどうしてここに」とちょっとドッキリ。自分だと気づいてちょっとガックリ...。子供のころの記憶にいる「若い頃の父親」そっくりでした orz それだけ歳取ったんだなぁ...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

超私的アニメ批評2006年 4月期

[口上]

以前ゲーム業界で働いていた関係で...という口実で(苦笑)アニメとかたくさん観ている(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)わけですが、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

各タイトルのあらすじとかはググったり wikipediaで検索してください。

[注意]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。


+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見によるもので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
知り合いとか元同僚とか「友達の友達」とか関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[今月の新番組]

・女子高生: D

「あずまんが大王」とは路線が違うのはよくわかりますが、それならそれでもっと突き抜けた「笑い」につなげて欲しいところですね。エッチ描写(直接・間接)分にしろ友情にしろ恋愛(あったっけ)描写にしろ。

・シムーン: D-

うーん。世界、戦っている相手の正体・事情、操っている飛行機(?)の設定、などなどわからないことだらけでそっちを理解しようにも...。

・BLACK LAGOON: C-

みんなしてやたら口汚い、「育ちが悪い系」アクション ? これは「かっこいい」とは違うだろ...。うーん、かといって戦闘や裏家業ののプロっぽい描写も薄いし、どうだろうなぁ。

・ひまわりっ! : D-

80年代とかに、こういうのをいくつか見たような聞がします。
ヤマはあってもゆるく、オチもゆるく、意味はあまりなし...ちょっと見続けるモチベーションにつながりません。

・ARIA The NATURAL: B

前の第1期に引き続いて「やおい」なわけですが、シナリオライターのせいか演出のせいか微妙にテンポ崩れて話ものめり込めなくなったような。...つまりは「なんか以前より面白くなくなってる」感じです。

・スクールランブル 2学期: A-

第1期から引き続いてノリノリですかね。サバゲー編に学園祭編に、もちっと延ばしてもいいのではと思いましたができは良かったです。
残念なのは重要な役目がある役の中の人が替わってしまったこと。原作執筆当時は彼女(元の人)をイメージして描かれただろうに(推測)。元の人でサバゲー~学園祭編をやり直して欲しいですね(新しい方の人には悪いけど)。

・涼宮ハルヒの憂鬱: A+

すみません1話でコロっと「即、殿堂入り」にしたいほどハマりましたので、以降はバイアスがかかっています(苦笑)。
1話はこれ以上ないぐらい「素人撮影ビデオ」を再現していたし、2話目以降は展開のテンポもよく人物・世界・などなどの状況を見せながらも話を展開していて、わかりやすく視聴者を巻き込ませてくれますね。コミックス版も買いましたが、展開のテンポの良さはアニメのほうがよく描けていますね。
ねぇ、涼宮ハルヒって最初はジャイアンか鳥坂センパイみたいに思っていたんだけど、実はツンデレの一種なんでは ?

・吉永さん家のガーゴイル: C-

ガーゴイルっつーより「アナゴイル」だよなぁ...はおいといて。
メインのストーリーがよくわからないけど、あまり重要なことはないのかな。

・エアギア: D

ふつーにマンガ原作をアニメにしてますね。せっかくの小中氏なんだから、もっとぶっ飛んだ展開も希望。

・ラブゲッCHU: D-

意味なし、オチなし... 新米声優奮闘記 ? 眠くなる展開。
声優会社の社長が三石琴乃、講師に野沢雅子、先輩に緑川光。この辺の「ねらった」キャスティングはキャラの腕とか説得力をあげるのに有効に働いているけど、「声優研修生」に新谷良子とか山本麻里安とか、あんたらまだ「候補生」といえるほどピチピチだとでも(以下略

・NANA: E

巷では人気らしいんですが、うわ、俺こんな女はちょっと勘弁だなぁ。本当にこれが受けてるんですか ? どの辺が、どのように ?
まださっぱりわかりません。この先わかる日が来るでしょうか。

・いぬかみっ: D-

最初の3話で「これは「堀江由衣アニメ」を装ったホモアニメか ?」とか見続けるのをあきらめてしまいそうになりましたが、なんとか路線変更されたようで、まだ見続ける気力が残っています。

・.hack//Roots : C

導入部で、まだいろいろとわからないことだらけです。

・ひぐらしのなく頃に: A

怖いです。普段とホラー部分(?)のコントラストがよく出ていて、それを支える役者さんのお芝居も上手いです。
何よりストーリー。第1部で謎を残しつつ「全滅」のため次にどう続くのかすげー楽しみ。もう引き込まれてますね、私。

・ゼーガペイン: B

「関島」アニメとして「Dual」っぽい要素も残っていたりしますが、それはおいといて。
数々の謎をじらしじらし公開しながら、視聴者は主人公共々真相に近づいていく...いい展開方法(既出だろうけど)ですね。
また「これもエヴァインスパイヤ」かといわれない展開を希望します。

・SAMURAI7[再放送]: A

何度も再放送していますがはじめて観るので。
NHKが何度も再放送するほど、出来に自信があるのでしょう。(今のところ)その期待に違わぬ出来です。ストーリー展開、演出、画面の展開/転回、良くできています。

・不思議星のふたご姫Gyu: A-

2年目は学園ものですか。新キャラが増えて(気づかれないうちに旧キャラは出なくなって)、道具が変わって、でもやることはあまり変わりませんね。「だが、それがいい。」安定しています。

・うたわれるもの: C-

最初はまったり、だんだんきな臭い話になってきて、この先は戦争物ですか ? (原作知らないので) 全部をまったりと進められても困ったでしょうけど、戦争物も困りますね。上手いさじ加減でストーリーが展開することを願います。

[今月で終了]

・地獄少女: B- → B

最終回だけの放送でした。
なるほどねーこういうオチをつけましたか。序盤とか途中とかたるみ気味になったところもありましたが、全体を俯瞰してみると「結構いい出来」といえるのではないかと思います。

[継続]

・Fate/stay night: C- → D

うーん、どうもノれないんですよね。淡々と話が進んでいるように見えてしまう。

・capeta: B- → B-

レースもクライマックス。原作ほどではないですが、迫力はよく出ていると思いますよ。

・ケロロ軍曹: B → B-

期限を切られた割にはやることはぜんぜん変わりませんね(^_^; いや、ちょっとつまんなくなりつつある ? マンネリというかこれはなんだろう...。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 01, 2006

ドライブスルー 箱根

はっ、この文を書いている間に眠ってしまった...。昨日(30日)の話です。

前日(29日)の夜とかは「起きられたら箱根にでも走りに行って、「山の上の方にまだ桜が残っているか観てこよう」とか漠然と考えてたんですが、起きたらもうお昼でした...orz

でも温かくて、気持ち悪いほど(?)のいい天気で、家にいるのももったいないので、「えいやっ」と気力を出して、でかけてみたのでした。
首都高は空いててすいすいと東名に乗れ、厚木までスムースに到着。やっぱり時間が遅かったためか、小田原厚木道路で小田原に着く頃にはちょっと日がかげりはじめているし対向車線には「さっさとツーリングを切り上げてきたっぽいバイク乗りの皆さん」も...気温も都内より結構涼しいっぽく薄ら寒い感じなので小田原の休憩所で上着を着込んで、箱根ターンパイクに。
えっちらおっちら登っていくとみるみる寒くなってきて...山の天気をなめてました orz 大観山の展望レストランに着く頃にはガクブル言ってました。もう1~2枚着込めるものを用意するべきでした。
それでも「小田原に引き返したら負けだと思う(3x歳ヘタレライダー)」とか勝手に考えて(苦笑) 芦ノ湖に降りて、御殿場を目指しました。もう寒くて寒くて、途中 2回トイレ休憩に寄るほどでした。もうこうなると「意地」というか「意固地」というか(苦笑)

芦ノ湖は薄く霧が出ててあまり見通せないし、寒くて立ち止まって景色を見る余裕もなく、そそくさと御殿場まで走り抜け、返ってきてしまいました。もっと下調べして立ち寄るところを調べておけば、まだ「観光」っぽかったかもしれません。
途中トイレ休憩に寄った回覧船乗り場の売店で買ったわさび漬けだけがお土産です。寒い思いまでして買ってきたわさび漬け...輸送料高っ(笑) !

料金といえば、高速の料金は全部ETCで払えたため、現金を使ったのは、ほかには展望レストランで手を温めるのに買った午後ティ、ETCが使えない箱根ターンパイクの通行料金といったあたりぐらいですかね。こういうときはETCめちゃくちゃ便利ですな。料金所の列にも並ばないで済んだし。モニターに応募しといて良かった(^_^;
後で請求がまとめてどかーんと来るんでしょうけどね、まあ、今は気にしないことにします。

え、「明日(1日)の予想最高気温 30度」? こりゃ明日もツーリング日和ですか ?? どこに行こうかなぁ、東名道の次は中央道 ? それから関越道 ?? 思いつきでてきとーに出歩くことにします。

(以上が寝る前に書きかけていたもの。以下起きてからの追記)

って今日ももうお昼...あまり遠くへは行けないな orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »