« 帰ってきました。 | Main | 超私的アニメ批評2006年 7月期 »

August 07, 2006

「富良野」は広かった

話が前後しますが、5日(土曜)の話と6日(日曜)の話。

[ 写真は後日追加します。 ]

前日の雨がウソのように晴れ。午前、姐御夫妻に案内されて十勝方面へ。

・吹上温泉

望岳台で山と平野(?)の両方の景色を楽しんでから、吹上温泉へ。天然露天混浴風呂。
「芋洗い状態」に混むことがあるらしいけれど、そのときは地元のおじさんおばさんたち計10人ほどでした。

湯が熱く、川の水を流し込んでいた周辺でないとまともに入っていられませんでした。平気で入っているおじさんは実は江戸っ子に違いない(笑)。
しばしおじさんたちの会話を聞いていました。「この川の水を引くホースはこの人がつけてくれたんだ」「旭川のボランティアの人が、週 1回ぐらい掃除してくれている」等々。

あ、この手の「混浴」には若い女性はまず来ませんよ。姐御も「留守番」だったし。...と書こうとしたら、すごくきれいなおねーさん(年下だけど)が来ました。おっさんに連れられて(お水の人が客に連れられて ?)。水着着用でしたけど、おじさんたちにモテていました。私 ? もう引き上げようかという時間だったので、一緒には入ってません。

・「富良野」は広い

吹上温泉で夫妻とはお別れ。2泊3日たいへんお世話になりました。

富良野へ降りて、237号線をひたすら南下。占冠(しむかっぷ)、日高を経由して苫小牧を目指しました。150kmぐらい。夜中初のフェリーに間に合えばいいので時間は余裕です。
しかし、上富良野、中富良野、南富良野...いつまで「富良野」なんだ(笑) 平野というか平らなところは全部そうなのかな。金山に来ると山の中になったし。
占冠の道の駅で昼食、その後ちょっと昼寝休憩。

日高峠を越えて、富川、鵡川、苫小牧。すいすいと走って夕方には着いてしまいました。もっと寄り道すれば良かった...。しょうがないのでネットカフェでマガジン、サンデーを読んで時間つぶし。...よく考えたらその時間分の料金よりも両誌を買ってフェリーターミナルとかで読んでた方が安かった...。

・茨城地名のさんふらわぁは要注意

往路は「さっぽろ」だったか「へすていあ」だったかで「二等寝台は 1段ベッド」「食事はビュッフェ、食券はいつでも買える」ものでしたが、「みと」「つくば」は「二等寝台は二段ベッド(天井低すぎ)」「食事は固定。食券販売は出航前だけ。買わなかったらレトルト自販機で買え」という有様でした。どうりでカップ麺とか大量に持ち込んでいる人がちらほらいるわけだ...。私は持ち込まなかったので食券を買うはめに。そして食事はあまりおいしくなかったです。
二段ベッドといい、サービス良くないので次からは乗らないようにしよう...。

・家路

朝起きてから大洗入港まで12時間ほどのヒマ時間は、PCにため込んできたムービーファイルとかゴロゴロしながら消化してなんとか過ごしました。往きほどは揺れなかったのでなんとか観られました。

大洗に着いてからは夜でも営業しているガソリンスタンドを探して水戸方面に余計にドライブした以外はとくに問題もなく、家に着きました。そうそう、三郷料金所で「22時のETC割引開始を待つ駐車車両たち」→「22時を過ぎたらETCレーンに殺到」という現場に遭遇しました。大洗の入り口が「二輪ETC試験運用範囲外」なので三郷ではETCを使えませんでしたが、今後22時ぐらいにETCで料金所を通過するときには、私も連中と同様のことをすることでしょう(^_^;

帰ってきて荷物をほどいて、風呂に入ると、腕がヒリヒリです。5日に日差しが強い中半袖で移動したせいで日焼け(というよりヤケド)をしました。しかも腕の上側だけ(苦笑)。

そんなこんなで 1週間の旅行は終了です。もう、また来年走りに行きたくなっています。今度はもちっとあちこち寄り道する計画を立てよう(苦笑)。今回「ただ走るだけ」な日が多かったので...姐御に富良野周辺を案内してもらわなければ「何しに北海道に行ったの ?」状態でした。

|

« 帰ってきました。 | Main | 超私的アニメ批評2006年 7月期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/11321988

Listed below are links to weblogs that reference 「富良野」は広かった:

« 帰ってきました。 | Main | 超私的アニメ批評2006年 7月期 »