« 北へ… 2006夏 | Main | はるばる来たぜ、函館 »

August 01, 2006

世界の船窓から

1日目続き。
ざっと、フェリー搭乗記。
二等寝台は二段ベッドではないものの、狭くて窮屈。私の身長だと上手く寝ないと足が壁に当たるぐらい。寝返りもあまり打てない。ベッドの設備はカーテンと枕元の蛍光灯、足元の荷物置き用の棚。大荷物用には数人共同の棚がある。
船が揺れる揺れる。ぐらんぐらん。本とかTVとか観ていると酔いそうでやばい。寝転がって目をつぶって、揺れに体を任せていると、いくぶん楽。
あると便利だと思ったもの: 軽装(作務衣とか)、サンダル(スリッパはある)、耳栓、アイマスク。

|

« 北へ… 2006夏 | Main | はるばる来たぜ、函館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/11195414

Listed below are links to weblogs that reference 世界の船窓から:

« 北へ… 2006夏 | Main | はるばる来たぜ、函館 »