« Test Drive Unlimitedの施設をGoogle Mapsで表示してみる | Main | 勘弁してよ、G »

October 05, 2006

超私的アニメ批評2006年 9月期

早くも、10月の新番組のチェックで忙しいです。
前月分も参照しながら読むと、書いている内容がちょっとはわかりやすいかもしれません。

[今月で終了]

・風人物語: B → B

ラストはそれこそ「風のように」あっけなく終わってしまいました。この作品だからこそ許される終わり方かも。

・ARIA The NATURAL: B- → C

最初も最後も「みんな勢揃い」。全体を通して振り返ると、前期ほど良くはなかったです。
何が悪かったんだろ。単に飽きただけかなぁ。脚本/演出/作画の質が落ちたかなぁ。

・スクールランブル 2学期: A → A

これは三学期もアリですかね。楽しみに待ちます。

・エアギア: D- → D-

なんだかんだ言いながら観てしまいました。なんでだろう(苦笑)。
4月に見始めて途中で観なくなってしまったもので、これより良かったのはいくつかあるのに...。

・ひぐらしのなく頃に: A → B+

えぇー、最後のオチはそれですか。ちょっと失望。確かに、今までの謎はだいたいは明かされたけどさ...。読んでないけど、原作もこうですか ?

・ゼーガペイン: B- → B+

最後さわやかにまとめましたねぇ、すばらしい。久々に「ロボットもの」をラストまで観きった気がします...あ、種があるか。
ストーリーがわからないお子様でも(たぶん)ロボシーンを楽しめ、ストーリーが理解できればさらに楽しめ、そういう意味の「夕方アニメ」としての出来もいいです。
「オモチャとかゲームの宣伝」として成功したかは不明ですけど(苦笑)。

・capeta: B → B+

最後まで熱かったです。久々に「スポ根もの」、しかもオカルトや必殺技が出ないスポーツものを最後まで観たのはいつ以来でしょうか...ちょっと思い出せないかな、これはかなり遡りそう。
原作がまだ続いているため、ラストは尻切れ気味ですが、それでも上手くまとまっていたと思います。

[継続]

・NHKにようこそ: A- → A

ラブコメはラブコメでも、コメ分が少なめかも。こういう「ちょっとココロを病んだ人たちのドラマ」ってそういやあまりなかった ? 鴻上尚史の舞台劇「トランス」にも似たような世界だったんですね。
前半が終わって、次回以降やっとヒロイン(?)の素性が明らかになりますな。

ちなみにこの作品の「引きこもり」はただのNEET。本来の「引きこもり」は精神疾患にも分類される、かなり深刻なもの、とは以前の出向先の先生の受け売り。

・僕等がいた: B- → B

うわ、どろどろの学園メロドラマだ(苦笑)。「少女マンガのほうが少年マンガよりエグくて、よっぽど教育に悪い」というのは本当だったんですね。

・不思議星のふたご姫Gyu: A- → A-

半期末でラスボス交代 & 変身がグレードアップですか。前シリーズのラストほどは盛り上がりませんでしたが、対象年代を考えると前のは「やり過ぎ」だったのかもしれません。でも「王道」的作り方で安心して観ていられます。

・ケロロ軍曹: C- → D

半期末でちょっと盛り上がりましたが、いつもよりしょぼかったような...。上記「ふたご姫」と違うんだから、もっとガツーンとかましてくれないと「つまんない」と飽きられますよ。

|

« Test Drive Unlimitedの施設をGoogle Mapsで表示してみる | Main | 勘弁してよ、G »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/12155271

Listed below are links to weblogs that reference 超私的アニメ批評2006年 9月期:

« Test Drive Unlimitedの施設をGoogle Mapsで表示してみる | Main | 勘弁してよ、G »