« September 2006 | Main | November 2006 »

October 29, 2006

居間の蛍光灯を換えた 2006

蛍光灯交換記録。寿命測定のため。

居間の蛍光灯が、たまに切れるように...前回換えてから、まだ1年半なのに。ダメじゃん、T芝 ! とか思いながらM下の蛍光灯を買って、装着。「ああ、新品は明るいね」と満足していたら30分後、また消えた...あれ ? 蛍光管じゃないところが悪かった ? 数秒後に復活したけれど、なんか気味が悪い感じ。インバータだからグロウとかないし。とりあえずは様子見。

ちなみに、台所と寝室の分はまだ引っ越し当初(2001年2月購入)のものが元気に稼働中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2006

勝手に 声優アワード 2006

「声優アワード」なるものが始まるそうです(公式サイト紹介記事)

声優アワードの目的
声優アワードは、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な、声優を対象とするアワードとして創設します。東京アニメセンターが音声連やアニメ業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優の地位の向上に寄与することを目的とします。現在、子ども達が憧れる職業の中でも上位にランキングされ、注目を集めている声優業。この声優アワードをきっかけに、新たな人材育成などのプログラムを提供していきます。
(公式サイトより)

んで、まあ個人的には誰に投票しようかなぁ、という話です。

選考基準は「個人的な好み」。敬称略。


第1群 一般投票により一次選出を行う部門

・主演男優、主演女優賞
その年発表された作品の中で主演として活躍された方(役柄ではなく、ご本人の性別)

男優: 小山力也
「うたわれるもの」ハクオロ、というか「24」のジャック・バウアーですよ。まあ「24」は今年発表じゃないかもしれませんけれども。
ぶっちゃけ、ネットラジオの影響もあります(苦笑)。

女優: 平野綾
「涼宮ハルヒの憂鬱」涼宮ハルヒ。当たり役ですね。ぴったりはまりすぎ。

・サブキャラクター賞 男優、女優
その年発表された作品の中でサブキャラクターもしくは助演として活躍された方(役柄ではなく、ご本人の性別)

男優: 風間杜夫
「闘牌伝説アカギ」浦辺役。私も驚きました。麻雀好きだからって、まさかこんな役で出るなんて。そしてイイお芝居をしていました。さすがです。

女優: 雪野五月
「ひぐらしのなく頃に」園崎魅音/園崎詩音(二役、うち一人二重人格)。役柄の使い分けを評価しました。

・新人賞
下記の条件を満たすもの
原則として声優としてデビュー5年以内
対象期間中に「新人賞」を取るにふさわしい、特に目立った活躍をした方。

「デビュー5年以内」ってけっこう候補を探すのが難しいんですよ(^_^; 端役時代が長かったり、若くても芸歴が長い人とかいるし。

男優: 悩んだけど、該当無し。
一応、下野紘小野大輔浅沼晋太郎鎌苅健太あたりが「声優デビュー 5年以内」っぽいのですが、どれも「目立った活躍」かどうか...すみません。

女優: 菊地美香
「舞-乙HiME」アリカ・ユメミヤ、「capeta」鈴木茂波など。
舞台自体は2000年の「アニー」からのようですが、「声優」活動を始めたのは2005年からですね。最初にモコナ・モドキ(「ツバサ」)を聞いたときはずっこけましたが、めきめきと上手くなりました。

・歌唱賞
声優自らの名前もしくは演じている役名で歌唱を発表している方

南里侑香
はい、梶浦由記と組んで以降の「Fiction Junction featuring YUUKA」が好きだからです。

・ベストパーソナリティ賞
声優自らの名前もしくは演じている役名でラジオ、webラジオ、TV、その他の 番組でパーソナリティとして活躍されている方(合計 8名)

うーん、「声優がパーソナリティをしている番組」って、音泉でいくつか聴いているだけだからなぁ。その中から選ぶとなると、
岩田光央ですかねぇ。ぐだぐだな世間話になりがちなラジオ番組が多々ある中、パーソナリティーの相方に上手く話を合わせて、盛り上げていく技術(話術?)は長年の経験によるものか、素からそうなのか(^_^; 10年前にみやむー(宮村優子)と組んでいた頃もよく聴いていました。

第2群 選考委員会にて顕彰される特別賞など

・特別功労賞
外画も含めた故人の中で、長年に渡り多くのジャンルに貢献した役者、及び作品

山田康雄
ほかにも故人の方はいろいろと思い出深い人ばかりで甲乙つけるなんておこがましい話ですが、「強いて選ぶなら」ということで。

・功労賞
外画も含め、長年に渡り多くのジャンルに貢献した役者、及び作品

野沢雅子
もうね、私らの年代はこの人のアニメ観て育ったようなものですよ。

・シナジー効果賞
作品として声優の魅力を最大限に発揮したもの

うーん、趣旨と合っているかわからないけど、「涼宮ハルヒの憂鬱」。
やっぱりDVD、OP/ED/挿入歌CDの予約殺到ぶりやアニメ化前後での小説の売れ具合の違いなど、効果は絶大でしたね。

--

これ、この先も続くんでしょうかね ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 20, 2006

ルミネス おもすれー !

昨日Liveアーケードに配信された「ルミネス Live」、今日はしばらく没頭してしまいました。やっぱり面白いですねコレ。

え、昨日「日本では配信しない」って書いたばかりじゃないか ?

ええ、北米、欧州には配信されていますから。Liveアーケードの「抜け道」で、「アカウントの国籍設定が北米なら、接続元の地域がどこであっても北米用のコンテンツをダウンロードできる」というものがありまして。私も「カリフォルニア州 Foster City(会社本社の所在地 ^^;)在住」と自称するアカウントを持っています。これを利用しました。
あ、ご心配なく、この方法はファミ通にも載ったほど「半ば公認状態」のものですから、マイクロソフトからの文句はまず来ないでしょう(苦笑)。

んで、「ルミネス Live」ですが、これすでに日本語化されていますよ ? どういう事情で日本で配信できないのかはわかりませんが、配信するつもりなのは本当のようですね。まあ、どういう理由でも「公約を破った」ことには違いないわけですけど。

おっと、閑話休題。今日はその話ではないんでした。

ゲーム自体はPSP版のグレードアップ版ですね。基本は同じ。画面が大きくなって、BGMが豪華になりました。5.1chの曲もあり、リアスピーカーも駆使してずんずん鳴ってくれます。トリップ感がアップして、ますますのめり込んでしまいます。元からですが、やっぱりイイです、このゲーム。

パズルゲー好き、音ゲー好きにおすすめ。両方好きならハマること請け合いです。マジで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2006

有言不実行 「Xbox Live アーケード ウエンズデイ」

みなさん、「Xbox Live アーケード ウエンズデイ」というものをご存知でしょうか。Xbox360ユーザーでも全員知っているか怪しく、ましてや360を持っていない方はまったく知らないでしょうね。

これ、「Xbox Live アーケードで毎週水曜日にゲームを配信します !」というキャンペーンなんです。
あ、「Xbox Live アーケード」というのはXbox360でのネットゲーム配信サービスの名称です。...たぶんこれ自体も知れ渡ってないでしょう...。


んでこれ、公約通りの「毎週」はゲーム配信されていません。


7月12日から始まって、

・7月12日: 「フロッガー」
・7月19日: 「クローニング クライド」
・7月26日: 「ギャラガ」
・8月 2日: 「ストリート ファイター II’ Hyper Fighting」 (北米、欧州のみ) (注: 日本の「ストII' ターボ」相当)
・8月 9日: 「パックマン」
・8月16日: 配信なし
・8月23日: 「Texas Hold'em」 (北米、欧州のみ)
・8月30日: 「タイムパイロット」
・9月 6日: 配信なし
・9月13日: 「スクランブル」
・9月20日: 配信なし
・9月27日: 「DOOM」
・10月 4日: 「TotemBall」(北米、欧州のみ) (注: 日本では「Liveビジョン」(カメラ)発売後を予定)
・10月11日: 「ディグダグ」
・10月18日: 「ルミネス Live」 (北米、欧州のみ)

配信状況はこんな有様です。取消線は日本では配信されなかった週。中には全世界で「配信なし」だった週もちらほらあります。

一目瞭然、毎週ではぜんぜんなく、日本おいては隔週ですらありません(8月がひどい)。こんな体たらくになるんだったら「毎週出します」なんて言わないでいてくれたほうがマシです。

そして、「都合により」なんて不明瞭な理由で配信地域を限定するときは、もっと早めにアナウンスしていただきたいところです。いずれも当日か前日になってからのいきなりの発表で、そのたびに日本のユーザは肩を落としています。落としすぎて、なで肩になってしまいました(笑)。

そうそう、「餓狼伝説スペシャル」は、「9月配信予定」と画面写真付きで報道されてしまったのに10月18日の今日になっても「延期します」のコメントすらありませんね。

こういう「不誠実な仕事」って、ジワジワと、でも確実にお客に悪い印象を与えて、「あそこの製品は買いたくない」と敬遠されてしまう要素になり、企業としては「やっちゃいけないこと」のハズなんですが...マイクロソフトは気にしていないんですかね ? 米本社が気にしていなくても、日本支社だけででも独自フォローを入れるなどしてダメージを軽減させる(直前じゃなくて早めに「ごめんなさい」と表明する)ことぐらいはできるはずです。「遊んでみれば面白い」ゲームはたくさん出ているのに、Xbox360本体が発売10ヶ月で20万台弱しか売れていない理由はそういったところにもあると思いますよ。


ダラダラと書きましたが、何を言いたかったかというと
・「ルミネス」もまた「欧米だけ」かよ ! ガッカリだ !!
・もうMSの言うことは信用しねー
ということで。...2行で済んだか ! (苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

Googleカレンダーに六曜がつく !

以前、「求む、六曜を表示できるwebカレンダーサービス」なんて話を書きました。
gooカレンダーが終了した以降はAJNETの「六曜・月齢・旧暦カレンダー」をブックマークして参照していました。
でも、直接書き込めないので、こことカレンダーサービスと両方を利用する必要があったんですよね。やっぱり書き込みできるカレンダーサービスが欲しかった...。

そんな不満を持ちながらYahooカレンダーを経てGoogleカレンダーを使い始めて数ヶ月。今日何気なく「公開カレンダーを検索」してみたら、あるじゃないですか、「六曜」カレンダー ! これですよ、探していたのは !!
早速自分のカレンダーにも追加しました。作者の方に大感謝。

Googlecalendar

ほか、現在の私のGoogleカレンダーには、

・Google 祝日用ロゴ(Google Doodles)

Googleのトップロゴが変わる日と、その画像が表示される。

・日本の祝日(Japanese Holidays)

日本の祝日。

・月の位相(Phases of the Moon)

新月、上弦、満月、下弦の日が表示される。

・暦

二十四節気、土用、十三夜、十五夜の日が表示される。

が追加されています。こうやってどんどん追加できるってのはgooカレンダーでも実現していましたが、ユーザが作成したモノをみんなで共有できるので、バリエーションの数が桁違いに多いですね。さすがGoogleだなぁ。
探せばもっとマニアックな予定表とか見つかりそう...。

面白いカレンダーとかありましたら教えてください。
おっと、プライベートが晒されているようなものはNGで(^_^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 10, 2006

勘弁してよ、G

先ほど家にGが出ました。
もう10月中旬だというのに。結構大きくて黒茶色でした。

コンビニ弁当のゴミを置いている(ゴミの日までそこに積んでいる)あたりでガサゴソ言うから何かと思えば...。
この家に越してきてから 6年弱、ヤツを室内で見たのは初めてか2回目か。外を動いているのは何度かあるんですよね、ドア開けて5m弱にパン屋さんの裏口があるから。
うちは料理しない(できない)から食材自体がなく、こういうコンビニ弁当のカスぐらいしかエサがありませんでした。週二回の燃えるゴミの日にちゃんと出していれば、臭いも発生しないでわりと衛生的でした。でも今年になったあたりから「コンビニ弁当の容器は燃えないゴミで出せ」という話になり、週一回の燃えないゴミの日にしか出せなくなりました...つまりは最大 6日、家で保管せよと。はい、燃えないゴミの日は水曜日なので、今晩がピークでした。そこを狙われた(?)ようです。今どきコンビニ弁当の容器も燃やせない焼却炉ってどんだけ貧弱なんだ。ほかの自治体では可燃ゴミなのに。

さて、そのGには殺虫剤を噴射し、直撃させはしましたが、イチコロにはできずに隙間に逃げられました。隙間に後追いで噴射しましたが、果たして効いたかどうか...。明晩、そのあたりのゴミを片付けるので死体が出てくればいいのですが...。

しかし、10月にもなってこいつに遭遇するとは...最近はあまり季節関係ないんですかね ?
上記の通り「思い当たるフシ」がないので、自家製ではなく連休中に窓を開けていたためによる外来さんである、と思いたい...。「コンバット」とか仕掛けとこうかなぁ。

[ 11:35 追記 ]

今朝出勤前にゴミの山を片付けました。ヤツの死体を見つけました。ゴミ袋に詰めて、コレで一安心...だといいなぁ。

[ 14:00 追記 ]

昼食を食べに行った食堂の床に這い回っているGを発見してしまいました。
うへー、一気に興がそがれて、料理食べるよりもヤツの行き先に気を取られてしまいましたよ。珍しく(?)おいしいおかずだったのに味もすっ飛んじゃった感じ。
せめて営業時間中には出現しないようにしてくれよ...ここはしばらく行くのよそう。

ここ数日温かい日が続いたせいか ? それとも天変地異(西の方の国で核実験とかしてますが)の前触れ ? とにかく、勘弁してほしいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2006

超私的アニメ批評2006年 9月期

早くも、10月の新番組のチェックで忙しいです。
前月分も参照しながら読むと、書いている内容がちょっとはわかりやすいかもしれません。

[今月で終了]

・風人物語: B → B

ラストはそれこそ「風のように」あっけなく終わってしまいました。この作品だからこそ許される終わり方かも。

・ARIA The NATURAL: B- → C

最初も最後も「みんな勢揃い」。全体を通して振り返ると、前期ほど良くはなかったです。
何が悪かったんだろ。単に飽きただけかなぁ。脚本/演出/作画の質が落ちたかなぁ。

・スクールランブル 2学期: A → A

これは三学期もアリですかね。楽しみに待ちます。

・エアギア: D- → D-

なんだかんだ言いながら観てしまいました。なんでだろう(苦笑)。
4月に見始めて途中で観なくなってしまったもので、これより良かったのはいくつかあるのに...。

・ひぐらしのなく頃に: A → B+

えぇー、最後のオチはそれですか。ちょっと失望。確かに、今までの謎はだいたいは明かされたけどさ...。読んでないけど、原作もこうですか ?

・ゼーガペイン: B- → B+

最後さわやかにまとめましたねぇ、すばらしい。久々に「ロボットもの」をラストまで観きった気がします...あ、種があるか。
ストーリーがわからないお子様でも(たぶん)ロボシーンを楽しめ、ストーリーが理解できればさらに楽しめ、そういう意味の「夕方アニメ」としての出来もいいです。
「オモチャとかゲームの宣伝」として成功したかは不明ですけど(苦笑)。

・capeta: B → B+

最後まで熱かったです。久々に「スポ根もの」、しかもオカルトや必殺技が出ないスポーツものを最後まで観たのはいつ以来でしょうか...ちょっと思い出せないかな、これはかなり遡りそう。
原作がまだ続いているため、ラストは尻切れ気味ですが、それでも上手くまとまっていたと思います。

[継続]

・NHKにようこそ: A- → A

ラブコメはラブコメでも、コメ分が少なめかも。こういう「ちょっとココロを病んだ人たちのドラマ」ってそういやあまりなかった ? 鴻上尚史の舞台劇「トランス」にも似たような世界だったんですね。
前半が終わって、次回以降やっとヒロイン(?)の素性が明らかになりますな。

ちなみにこの作品の「引きこもり」はただのNEET。本来の「引きこもり」は精神疾患にも分類される、かなり深刻なもの、とは以前の出向先の先生の受け売り。

・僕等がいた: B- → B

うわ、どろどろの学園メロドラマだ(苦笑)。「少女マンガのほうが少年マンガよりエグくて、よっぽど教育に悪い」というのは本当だったんですね。

・不思議星のふたご姫Gyu: A- → A-

半期末でラスボス交代 & 変身がグレードアップですか。前シリーズのラストほどは盛り上がりませんでしたが、対象年代を考えると前のは「やり過ぎ」だったのかもしれません。でも「王道」的作り方で安心して観ていられます。

・ケロロ軍曹: C- → D

半期末でちょっと盛り上がりましたが、いつもよりしょぼかったような...。上記「ふたご姫」と違うんだから、もっとガツーンとかましてくれないと「つまんない」と飽きられますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2006

Test Drive Unlimitedの施設をGoogle Mapsで表示してみる

Google Mapsにプロットしてみた、TDUの施設。(「TDU.kmz」をダウンロード)

Google Earthで作成したブックマークファイル(kml/kmz)をそのまま利用できるようですが、フォルダ分けは反映されていませんね。

あと塗装屋は追加するつもりですが、不動産屋とレンタカー屋は気力が足りません。誰かお願い(^_^;

アイコンの画像、どこかにないかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »