« konozama ! キタコレ !! | Main | アイドルマスター インプレッション ~その2 ちょっと残念なところ »

January 30, 2007

アイドルマスター インプレッション ~その1 良いところ

konozamaを喰らいながらも、土曜日に届いた「アイドルマスター」、3日ほどやってみた感想を少々...じゃなくて長くなってしまったので3分割で。

iM@S_20070128

まず第1回は「良いところ」。

・ナムコの技術の粋を集めた(?) トゥーンレンダリング

アーケード版よりパワーアップして、今現在では(たぶん)最高峰の「リアルタイム・トゥーンレンダリング」でしょう。セルフシャドウ、ハイライトもついてます。これ、普通のレンダリングより面倒なんですよ。

・モーションもなにげに芸が細かい

振り付け師の動きをモーションキャプチャしているのでしょうが、ゲーム用にメリハリが出るように調整されてますね。さらに、各キャラごとに「踊りのキレ」というか軽快さが微妙に違っているので、2人、3人組で踊った場合に完全にシンクロせずに、それによって「人間くささ」が出ています。
ほかイベントシーンでの仕草とかもよく作られています。

・イベントシーンなどの物量

各キャラごとに数十のイベントがあり、10キャラ分だと数百通りになります。
衣装50着以上。これからもダウンロードコンテンツとして追加されます。これ、全員デザインが一緒ではなく微妙に変わっているので、実は手間は10倍かかってます。生地の質感とかには凝ってませんが「アイドルの衣装」ってけっこうチープですから、それがかえって「アイドルらしい」という効果になっています(苦笑)。
曲は全16曲、それを全員がそれぞれ別々に歌うことに対応していて、計160曲分。さすがにデュオ、トリオ時の合唱はハモリではなくただ「一緒に歌っている」だけですが、それぞれ微妙に音がずれている(失礼 ^^;)ためか、これも「アイドルっぽさ」に役立っています。

・オンラインオーディションを(ちゃんと)実現

アーケードの「ウリ」であったオンライン対戦、そのまま、いやちょっとパワーアップして実現されています。これナシで「アイドルマスターです」って出されても、ファンは納得しなかったでしょう。

--
「その2 残念なところ」に続く。

|

« konozama ! キタコレ !! | Main | アイドルマスター インプレッション ~その2 ちょっと残念なところ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/13721059

Listed below are links to weblogs that reference アイドルマスター インプレッション ~その1 良いところ:

« konozama ! キタコレ !! | Main | アイドルマスター インプレッション ~その2 ちょっと残念なところ »