« January 2007 | Main | March 2007 »

February 24, 2007

ハッピーバースデー、わたしー !

って、もう日付変わっちゃったよ(^_^;

昨日2月23日は誕生日でした。

...もう、年取っても嬉しくないよね。天気は悪いし、なんか気分が滅入る。
今年は金曜日なので仕事のあとは英語学校のレッスンがあるから、去年のように東京タワーに上ったり、「誕生日割引」のある店に行ったりとかするヒマもなし。

そうそう、あの遠藤雅伸氏も同じ誕生日だそうで。もう25年ぐらい(もっとかな)彼のゲームのファンなのに、今頃知りましたよ(^_^;

(タイトルは「あずまんが大王」より)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2007

Test Drive Unlimited 日本語版発売決定

だそうです(ニュースリリース製品紹介ページ)。

概要等についてはすでに書きましたので省きますが、今でもたまにプレイしてて、飽きませんね。
「速く走る」だけの「レースゲーム」とは違って、まったりと楽しめますから、そういうのが苦手の人にもオススメです。

このゲームでは英語でもあまり困らないとは思いますが、それでも「英語はどうしても抵抗が...」という人には朗報でしょうね。あとは「海外ショップや怪しい(失礼)輸入ショップの通販で買うのはちょっと...」という人とか。

オアフ島で会いましょう > これから買う方々

おまけ。まだ消してません。
Test Drive Unlimitedの施設をGoogle Mapsで表示してみる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2007

声優アワード2006 ノミネート発表

以前勝手に予想した「声優アワード2006」のノミネートが発表されました。
URLからして、来年になったら消されるか移動しそうなので転記します。そして、前回の私の推薦と、コメントと、「この候補の中からなら誰が選ばれるか」の予想を書いてみます。

(敬称略)

・主演男優賞
(ノミネート)小山力也、櫻井孝宏、杉田智和、関智一、福山潤、保志総一朗、三木眞一郎、宮野真守、森田成一、吉野裕行
(びしばし推薦)小山力也

そうそうたる顔ぶれで、誰が受賞してもおかしくないですが、作品の人気度、ノミネート役の出来映えなども考慮すると、

◎(本命)小山力也、○(対抗)福山潤、▲(単穴)宮野真守

・主演女優賞
(ノミネート)川澄綾子、釘宮理恵、桑島法子、坂本真綾、田中理恵、田村ゆかり、能登麻美子、朴ロ美(ロは王へんに路)、平野綾、堀江由衣
(びしばし推薦)平野綾

そうそうたる顔ぶれで、誰が受賞しても(以下略)。涼宮と藤岡の「ハルヒ対決」も見もの。どっちも受賞しないかもしれませんけれど。

◎平野綾、○釘宮理恵、▲堀江由衣

・サブキャラクター賞 男優部門
(ノミネート)石田彰、置鮎龍太郎、小西克幸、櫻井孝宏、杉田智和、鈴村健一、諏訪部順一、保志総一朗、宮田幸季、若本規夫
(びしばし推薦)風間杜夫

風間杜夫はなかったですか(^_^; で、候補者は誰も主役を張れる人たちばかりですな。誰が受賞しても(以下略)。

◎石田彰、○櫻井孝宏、▲保志総一朗、×(大穴)若本規夫

・サブキャラクター賞 女優部門
(ノミネート)釘宮理恵、小清水亜美、後藤邑子、沢城みゆき、田中理恵、田村ゆかり、豊口めぐみ、能登麻美子、平野綾、松岡由貴
(びしばし推薦)雪野五月

あれま、「ひぐらし」では田村ゆかりより雪野五月のほうがいい芝居だったのになぁ。ノミネートすらされないとは。

◎田中理恵、○能登麻美子、▲平野綾

・新人賞 男優部門
(ノミネート)入野自由、小野大輔、柿原徹也、杉田智和、鈴木達央、寺島拓篤、羽多野渉、福山潤、宮野真守、森田成一
(びしばし推薦)該当無し

あれれ、杉田智和って「デビュー5年以内」に数えるのか。

◎杉田智和、○福山潤、▲宮野真守

・新人賞 女優部門
(ノミネート)鹿野優以、喜多村英梨、小清水亜美、小林ゆう、斎藤桃子、酒井香奈子、茅原実里、平野綾、牧野由依、宮崎羽衣
(びしばし推薦)菊地美香

えー、この顔ぶれが並んでも菊地美香が入ってないってどういうこと ? それから、平野綾って「デビュ(以下略)。

◎平野綾、○小清水亜美、▲小林ゆう

・歌唱賞
(ノミネート)坂本真綾、鈴木達央、諏訪部順一、高橋直純、谷山紀章、田村ゆかり、平野綾、平野綾+茅原実里+後藤邑子(SOS団)、堀江由衣、水樹奈々
(びしばし推薦)南里侑香

平野綾ノミネートされすぎ(笑)。「SOS団」ってありですか。
なんか、各レコード会社の「綱引き」「大人の取引」が見えてきそうで、そのような決着にならない、公平な判断をお願いしたいです。

◎坂本真綾、○水樹奈々、▲堀江由衣

・ベストパーソナリティ賞
(ノミネート)浅野真澄、小山力也、櫻井孝宏、鈴村健一、田村ゆかり、林原めぐみ、堀江由衣、水樹奈々、宮田幸季、柚木涼香
(びしばし推薦)岩田光央

「うたわれるものらじお」は二人ともですか、すごい。でも、これに賞をあげてしまうと、今後こういう「変化球」ばかりになって、逆にラジオがつまらなくなるんじゃなかろうかと心配になります。

◎林原めぐみ、○田村ゆかり、▲鈴村健一

--
予想は、あくまで「今回、2006年度のノミネート作品」で選んでいます。
とくに主演男優/女優の候補の皆さんは、それぞれの「代表作」「一番売れた作品」なら誰もが受賞に値する活躍ですから、それらで比べたら収拾がつきませんw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2007

任務(おおむね)完了、撤収。

昨年の5月に再び赴任した13号地のミッションはほぼ終了、本日を以て撤収、帰還することになりました。

とはいえ、完全には終わっていないのと追加の仕事もあるので、まだ現場とのやりとりは続きますし、必要があれば出向いてミーティングをします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

腰痛い...

「ぎっくり」とはやってませんが、今、腰がものすごく痛いんです。同じ姿勢を続けた後、ほかの姿勢に変えようとすると、ズキズキピリピリと。

以前から姿勢が良くなくて腰痛持ちで、ぎっくりも2回やったことがありまして。去年の3月に今ぐらい痛くなって以降はカイロプラクティックに通って、背骨の矯正から周りの筋のストレッチなどをしてもらい、だんだん症状が軽くなってきていたのですが、一昨日の朝から一変、またひどくなりました orz
昨日、耐えきれなくなって緊急で診てもらったのですが、一時的に症状が治まっただけでまた出てきてしまいました。トイレに行くのも腰を気遣いながらですよ...とほほ。

明日の晩に予約入れてあるのでまた診てもらいますが、これはすぐには治まらなそうな感じ...日曜の、英語学校のクラスメイトが走る東京マラソンの応援は行かないほうがいいかもしれません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 09, 2007

12枚組 !

「アウトラン20周年」だそうで、「Anniversary Box」が出ました。私は初代から最新の2SPまでアーケード版は欠かさずプレイしてきたほどのファンですから、ついでに(失礼)PS2版「Out Run 2SP」とセットの、DXパックを買ってしまいました。

懐かしいなぁ、当時高校生ですよ。世はバブル真っ盛り。映画「バブルでGo」の話もこの頃ですかね。ゲーセンも客があふれ、ゲームメーカーがウハウハ儲かっていたように記憶しています(高校生の視点だから違うかな ?)。
ある日現れた、赤い、車型の巨大な筐体。それがモーターの稼働音もやかましく、左右に傾く ! もうインパクト抜群。初めて見たときは「なんじゃこりゃ !」と驚きました。

ゲーム自体は「レースゲーム」のシミュレーター的挙動ではなく、「ドライブゲーム」でした。シフトはLOW/HIGHの2速(テスタロッサなのに !)、ハンドルは一気に最大まで切るのが基本。シフトレバーを素早くHIGH→LOW→HIGHと操作(ギアガチャ)すると数秒タイヤが鳴って煙が出てグリップ力が上がり、非舗装路に乗っても速度が落ちなくなる、なんていう、今思うとトンデモな(苦笑)ゲームでした。でも熱かったんだよなぁ。

BGMが当時としては豪華かつ先進のFM音源+D/A音源(ドラム、パーカッション等)で、和音数(具体数は忘れたけど)も贅沢なもので、従来の「ゲーム音楽と言えばPSG音源でピコピコ鳴るものだ」を覆すものでした。さらに画期的だったのが、「ラジオを聴いている」という設定でBGMがスタートからゴールまでずっと垂れ流しだったこと。この一つ前の「スペースハリアー」も長い曲で垂れ流し風でしたが、途中のステージで替わってしまっていました。
で、その曲にどっぷり、心底ハマってしまいまして。友人が買ったレコード(CDではない !)をカセットテープ(!!)にダビング(死語)してもらってからは、すり切れるほど聴いて、学校の放送部(正式には部じゃないけど)で校内にガンガン流す始末(苦笑)。もう、私の担当の週はほぼ毎回流してましたね。いやー、今となっては微笑ましい(?)思い出です。


で、やっと本題(前振り長っ)。

そんなこんなを思い出しながら、12枚(11枚+初回特典)のCDの曲名一覧を見て、吹き出してしまいました...初期の曲多すぎ(笑)

・Magical Sound Shower 27トラック
・Splash wave 19トラック
・Passing Breeze 20トラック
・Last Wave 21トラック

家庭用で「別音源曲」だったり、アレンジされていたり、ライブ演奏版だったりするものも多いですが、基本的には同じ曲です。
いや、これ、いくらなんでも多すぎだろう ! とツッコまずにはいられませんでした(笑)。いや、好きな曲だけどさ...。


mp3には変換し終わったので、内容についてはこれから、ゆっくりと、ひたりながら聴きます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 07, 2007

アイドルマスターは「親ばかシミュレーター」かもしれない

動画貼り付けのテストも兼ねて。参照先の、640x360サイズのものはこちら

再生するには、DivXプラグイン(無料版で可)が必要です。

アイドルマスター、いろいろと批評しましたが、結局は気に入って毎日のようにプレイし続けています。

で最近思うのは「子供のお遊戯発表会を見守る親って、こんな気持ちなのかなぁ」ということ(苦笑)。

上記動画のとおり、彼女らはいっぱしの「アイドル」のくせに、ずっこけるわ歌詞を忘れるわでミスを連発します。かと思うと「見て見て~」とばかりにキラキラと媚びを売ったりして、落ち着きがありません。
見ている方も「ちゃんと歌、踊りができるか」「カメラの方を向いて」などハラハラしながら見守ります。
そんな感じで考え始めると、とたんにこのステージが公民館とかのしょぼい舞台に見えてきて、彼女らが幼稚園から小学校低学年ぐらいの幼児(おさなご)に見えてくるのは、「"幼い系"のこの2人組だから」だけではありますまい(苦笑)。

こういうのを観ると娘が欲しくなりますね。その前に嫁さんもいないわけですが(苦笑)。その辺の話はツッコまないでください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2007

ドライブが飛んだ、データが消えた

実は日曜の晩に大変なことが起きて以降、本当はアニメ批評を書いているような場合じゃなかったんです。

データ保存用として利用していたディスクアレイ(RAID5)が、アレイとして認識されなくなりました。

もちっと具体的に書くと、「複数のHDDの集合体(アレイ)で1ドライブと見なされていた」ものが「ただのバラけたHDD」となってしまった、「アレイとして認識する情報が消えて(?)しまった」ということでして、まあ、もっとストレートに言えば、「ドライブが飛んでしまった」となります。

ディスクアレイのサイズは約1600GB。過去にも1回飛ばしたことがありますが、ここ3~4年間無事故(修復可能なトラブルはあったけど)で運転してきたため、データがぱんぱんに詰まっていました。
とくに「RAID5」であることに信頼しきって、大切なデータを記録して、「ここに置いておけばまず消えないだろう」と安心していました。
甘かったですね。これだから電子データは管理は難しい。

もう、量が膨大すぎて、「何が失われたのか」を把握することすら難しく、思い出しながら「取り返しがつくもの/つかないもの」「なくなって困るもの/困らないもの」を判別し、重要なデータであれば思い出すたびに毎回ずーんと落ち込んでいます。(なんか日本語おかしいな)

特に痛いのは
・2001年に実家から引っ越して以降詳細に記録していた家計簿
・バイクの給油/燃費記録
・金融機関系を含む、様々なサイトのID/パスワードの備忘録
・Windows95とか98の時代からの、送受信メール
あたり。なんとか今の状態から再構築するしかないですかね...。とほほ。

--
とりあえず、アレイは認識がおかしくなってからは電源を切っていますが、どうにか復活出来ないものですかね。たぶんディスクの特定領域に書き込まれているであろう「ディスクアレイのn番目ですよ」情報が欠落しただけだと思うんですが...。
どなたか直せそうな方とか、修理情報とか、いません/ありませんか ? アレイはPromiseの「Ultratrak TX8」という型番のものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 04, 2007

超私的アニメ批評2007年 1月期

[ 口上 ]

以前ゲーム業界で働いていた関係でアニメも知ってないといけなかった...という口実で(苦笑)アニメとかたくさん観ている(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)わけですが、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

各タイトルのあらすじとかはググったり wikipediaで検索してください。

[ 注意 ]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見によるもので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
知り合いとか元同僚とか「友達の友達」とかが作品に関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[ 新番組 ]

・セントオクトーバー: D

たこ焼きから染み出す汁(たぶん違う)を浴びて変身する、ってのは斬新だ(笑)...わけがわかりません。ストーリーも、大して内容がありません。

・神様家族: C-

あれ、4話で完結 ? ってほど、まとまっちゃいましたよ。まとめ方が唐突でどうしてそうなったのか説明不足なため、感動も何もなかったですけど。
小清水亜美がイイ感じなので、5話以降も期待しておきます。
あ、4話で原作1冊分だったのかな。

・月面兎兵器ミーナ: E

うーむ、ダメダメだ。何がやりたいのかわからない。

・Master of Epic: E+

うーむ、ダメダメだ。でも、役者陣がアドリブ入れ始めてアレンジされるようになってきたので、化けるかも。

・まなびストレート: B

ああ、タイトルも話もストレート、「まっすぐでゴー !」でかえって好印象ですよ。単純にイイお話ですし。こんな生徒会のある学校なら退屈しないでしょうね。

・プロジェクトブルー 地球SOS: C

小松崎茂の「50~60年代SF」だ ! 今観るとパロディとしか思えませんが、これは今のSFとのギャップを楽しむのが正しいのかな(苦笑)。でも真面目に作られてますね。

・のだめカンタービレ: B

月9ドラマの直後に、また同じ話、というのは厳しいかなぁ。こっちも出来は悪くないんだけど、ドラマが良すぎましたね。

・ひだまりスケッチ: C

手抜きなのかそういう演出なのかよくわからないけど、いろいろと「おもしろい」表現が多いです。ちょっと「あずまんが大王」っぽい気もしますが、4コマ漫画が原作だからでしょうか。

・Venus Versus Virus: D

ふつーのアニメですね。深夜じゃなくて、平日夕方とか土日の朝とかにやってもいいような。...ああ、おもちゃが使われてないからか。

[ 継続 ]

・パンプキン・シザーズ: A → A

原作を読んでませんけど、シリアスな展開が原作通りの話なのかな ? で今月はそればっかりでしたか。出来はよいですが、そろそろ息抜きも欲しいところ。

・ときめきメモリアル ~Only Love~: C → C

毎月書いてますが(苦笑)、「ときめきメモリアル」だから許せる内容です。ベタ。
なんだかんだ言いつつも見てますよ、はい。

・DEATH NOTE: A → A

安定してますね。実写映画版から入った人にも勧められます。

・ネギま!?: C → C

ネギくん、結局動物だったのは1話だけで、すぐに人間に戻っちゃいましたか。でも戻す回のあの演出は、前シリーズへの敬意なのか当てこすりなのか(苦笑)。
そして話はどんどん原作から遠ざかり、原作ファンも先が読めない展開へ...もう、このまま突っ走りきってもらいましょう。

・Kanon: A+ → A+

栞シナリオ終わり。劇中でも言われてますが、確かにあんな短期間で何人もの女の子と仲良くなるなんて、主人公はなんて女たらしだ ! (笑) ほとんどが昔の因縁とはいえ、プレイボーイ過ぎ。
残り2人で8話...ああ、いいペース配分だったんですね。

・コードギアス 反逆のルルーシュ: C → D

あちこちで評判の新OP、「解読不能」の曲名は伊達じゃないですね。さっぱりわかりません。
本編の方も、迷走し始めて、よくわからない展開になりつつあります。

・地獄少女 二籠: C+ → B

各キャラの過去を掘り下げたり、地獄に流さなかったり、やっぱり今シリーズはいろいろと飽きさせない作りになっていて良いです。

・ふしぎ星のふたご姫Gyu: A- → A-

今月はちょっとマンネリ気味だったかも。つまらないわけではないんですけども。

・ケロロ軍曹: D → D

明らかにマンネリですかね(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

恐怖 ! トラックバックスパム地獄

最近、トラックバックスパムがたくさんついて、ものすごくウザイんです。

毎回、管理画面から「ニフティに通報して削除」を選択して、ニフティに通知しながら削除しているのですが、どうもこれが逆効果になっているんじゃないかと思い始めています。以前その機能がなかったときはここまでしつこくなかったので。

ココログにも、すでにトラックバックを拒否する機能があるにはあります。現在「トラックバックを拒否するアドレス」は、32ビットすべて表記しなければならず、相手がIPアドレスを一つずらすだけですり抜けてしまいます。「aaa.bbb.ccc.0」のような「ネットワーク」を表す表記が使えれば、「そのプロバイダが提供するユーザすべて」を拒否することができて、かなりの数のスパムを遮断できます。バージョンアップで対応してほしいです。
でも、それは手動での指定で面倒なので、ほかのblogで採用例がある「トラックバック先の記事に、元(こちらの)記事へのリンクが張られていない場合は無視する」という機能をココログでも採用してほしいですね。

というか、「通報」しているんだから、何らかの手を打ってくださいよ > 管理者様。 ただ「スパムリスト」を作るだけじゃダメなんですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »