« Twitterに既視感 | Main | 日光2007 初夏 »

May 09, 2007

超私的アニメ批評 2007年 4月期

ああっ、ゲームとか忙しくて「DEATH NOTE」観てないし、いくつか新番組も「録画するだけ」で溜まっていく...あとで観る時間作れるかなぁ。

[ 口上 ]

以前ゲーム業界で働いていた関係でアニメも知ってないといけなかった...という口実で(苦笑)、今でもアニメをたくさん観ている(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)のですが、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

各タイトルのあらすじとかはググったり wikipediaで検索してください。

[ 注意 ]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見によるもので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
友人、知人、元同僚、「友達の友達」とかが作品に関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[ 新番組 ]

・ヒロイックエイジ: C

うーん、この「人類」の人たちって、主人公を餌付けして自分らの都合いいように利用してる悪い人たち ? ってのはうがちすぎですかね(苦笑)。
なんかあまりスキッとしない展開です。

・瀬戸の花嫁: B-

モモーイがメインヒロインで、しかも(本人が)ドタバタしていない、って見慣れない...というか初めてかも。そのぶん周りがドタバタしてますけど。
原作は読んでませんが、話自体、展開の仕方などは悪くありません。基本設定以外にひねりもないし。
ふつーに観ていられますね。

・英国戀物語エマ 第二幕: A-

第二期キター!! 前シリーズのラストからそのままの続きのため初回に回想編が来ましたが、2話目以降が「片思い物語2本」の並列進行で、観ていて非常にもどかしいというか「いつまでこんな展開続けるんだ」とハラハラしながら観てますよ。

・ひとひら: C-

「ガラスの仮面」とはぜんぜん違う演劇少女物語...ですかね。だいたい展開は読めてしまうものの、作画とか出来が崩れないので、ついつい観てしまいます。

・大江戸ロケット: A

ファーストインプレッションは良くなかったものの、続けて観ているうちによく思えてきました。テンポ良く展開するし、今では楽しみにして観ています。
で、これって同名のお芝居が元になっているんですね。舞台からのアニメ化って珍しいかも。

・Sola: D

うむー、これといって特筆することはないかも...これからの展開に期待。

・アイドルマスター XENOGLOSSIA: B

タイトルの前半やキャラクタが既存のゲームのものに似ていたりします(苦笑)が、それを気にしなければ、普通のロボットアニメですね。展開も王道的。

・精霊の守人: B

観ていてなんか「攻殻機動隊っぽいなぁ」と思ってみていたら、監督兼脚本が同じ人でした。wikipediaの記述によると「主人公の性格が少佐に似ているから企画を持ち込んだ」とありますね。なるほど。

・天元突破 グレンラガン: C-

4話で大騒ぎになりましたが、たしかにひどい出来でした。それはさておき。
昔ながらの「熱い」ロボットものを彷彿とさせますが、なんか空回りというか「年寄りの冷や水」的な印象があります...なんでだろ。

・ハヤテのごとく: C

原作コミックスは毎週読んでます。ノリがそのままアニメになっていて、まあ悪くはない感じです。でもパンチが弱いというかもうひと味欲しい感じで、ちょっと物足りません。

・らき☆すた: C-

OPとかキャッチーだし、中身はオタク系ネタ満載だしで「パッと観」でだまされそうですが、あまり話の内容は濃くないし(むしろスッカスカ)、画面も寂しいです(動きがない、華もない)。で落ち着いてよく観てみると「騒ぐほどの出来じゃない」と判断します。


[継続]

・ケロロ軍曹: D → D

新年度になっても、相変わらずです。もう「国民的人気アニメ」ですね。
初年度の「オタク臭さ」が薄くなってしまい、私の好み(苦笑)から外れてしまいましたが、このまま末永く続けてください。

|

« Twitterに既視感 | Main | 日光2007 初夏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/15015216

Listed below are links to weblogs that reference 超私的アニメ批評 2007年 4月期:

« Twitterに既視感 | Main | 日光2007 初夏 »