« 大山鳴動して鼠一匹、かも。 | Main | ぐるっと富士山一周 »

August 21, 2007

まさか、耳が遠くなった ? (たぶん違う)

耳の異常の件の続き。病院で検査してもらいました。とはいえ、土曜日に鼓膜にこびりついていた耳垢を取ってもらってからは聞こえが悪くなることもなく、順調だったわけで...。

頭部のレントゲンを撮ったり、周波数をいろいろ変えての聴力検査とかをしました。でも、無音室がかなり外の音聞こえてるし、コンパネ操作の様子が見えちゃうので「音が来るな」とわかっちゃうんですけど(^_^; あと、耳鳴りがキーンと鳴りっぱなしなので低音とか聞き取りにくいんですよね...まあ、それはいいとして...。
果たして(「やっぱり」のほうの意味で)、検査の結果は「特に異常なし」。やや低音が聞こえてないみたいだけれど、右耳片方だけではないので今回とは無関係っぽい...ん ? これは老化によるもの ? (とは言われてないけど)。
「聞こえが悪い」と訴えるならその症状が出ている時に来ないと検査もあまり意味がない、とのこと。

一応「脳の血の巡りをよくし、耳の障害から来るめまいを改善する薬」と「末梢性神経障害を改善する薬」をもらい、「これを飲み終わった頃に、まだ現象が出るなら、それが出た時にいらっしゃい」ということに。

まあ、これで耳垢説が実証されるならそれでいいし、何か病気の兆候だというならきっちりと見つけてもらいましょうかね。最悪メニエール病にもつながると言いますが、さすがにそこまではないでしょう...ないといいなぁ。

|

« 大山鳴動して鼠一匹、かも。 | Main | ぐるっと富士山一周 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/16186231

Listed below are links to weblogs that reference まさか、耳が遠くなった ? (たぶん違う):

» 【突発性難聴の治療】 [突発性難聴(治療法から難聴の種類まで)]
【突発性難聴の治療】 適切な早期治療と安静が極めて重要です。 早期からきちんと治療しても不幸にして治らないこともありますが、発症して1ヶ月を越えるとほとんど病状が固定してしまうので、悔いを残さないためにも早期治療を心がける必要があります。 症状を自覚した場..... [Read More]

Tracked on August 21, 2007 at 10:20

« 大山鳴動して鼠一匹、かも。 | Main | ぐるっと富士山一周 »