« 2007 F1日本GP 観戦記 (Side A) | Main | 超私的アニメ評価 2007年9月期 »

October 01, 2007

2007 F1日本GP 観戦記 (Side B)

F1観てきました。友人がチケットを手配してくれた5月から、ずっと楽しみにしてたんですけどもね...。

・予選

小雨の降る中、朝の東名高速を走り、御殿場からバイク駐車場に到着。バイク駐車場は、小山球場の隣のグラウンドでした...バイク停めるのに土のグラウンドですか...。スタンドを立てるために、板きれを下に敷けということらしいです。
ぬかるんだ中、重たいバイクを押して(グラウンド内は降りて移動しろ、とのこと)...何人かこけた人いるんじゃないかなぁ。
ここからはシャトルバスで移動です。ちょうど出発するところだったので飛び乗りました。...普通の路線バスです。半数以上は立ってます。ほかの、車の駐車場からは観光バスで移動で、全員が座っていました。

しかし、500mほど進んだところでバスが停止。5分...10分...30分経ってもまったく動きません...だんだん車内の雰囲気が「これ、予選開始までに間に合わないんじゃ ?」という空気に変わっていきます。誰かが「歩いていこう」と言い出したのをきっかけに、降ろしてもらうことにしました。運転手は「徒歩で行っても会場には入れないですよ」とは言ってました(当初の運営ルールではそうだったらしい)が「ぜんぜん動かないじゃないか(怒」という話です。車内から外部に連絡を取っていた人の話では「どこかで土砂(?)崩れが起きてバスが通れなくなったらしい(実際は道路陥没だった)」ということでした。
バスを降りて会場までは上り坂です。約1.5km。ずーっとつながってるバスの脇の歩道を登っていきます。ほかのバスからも続々と人が下車して来る様子や、すでにカラのバスを見ながら歩きます。

20070929_01

バスの列は、サーキットの入り口まで、いや敷地内でも続いていました。ゲートに続く道三方向すべてバスの列です。一方通行にするでもなく、対面交通のままなので、バスの出し入れの誘導にてんてこ舞い...ではないか、動いてないんだもんw

後から聞いた話(バイク駐車場の警備員さん談)ですと、当初は予定通り徒歩でゲートに来た客を入れないようにしていたらしいのですが、数と勢いで突破され、そのままなし崩し的に徒歩入場が出来るようになったとのこと。

さて、私らの席は西側、入場した東ゲートから反対側までまだまだ歩かなくてはなりません。すでに疲れていましたが、ここでへこたれていられません、何せ予選開始時間が迫っていたものですから。
けれど結局席にたどり着いたのは予選開始から10分ほど経過したころでした。残念。

予選終了後。こんどは観客が一斉に帰り始めます。もう通路は大混乱。途中の関所ではなぜかまだチケットのチェックをしているし(客が渋滞していてもおかまいなし)、トイレは長蛇の列。
グッズ売り場とかで時間をつぶしても、まだまだ人が減りません。そして、バスがまったく動いていません。駐車場内で止まったままです。そりゃ客も減らないよ...。

20070929_05
20070929_06
後から聞いた話(同じくバイク駐車場の警備員さん談)だと、どうやら道路の復旧を試みたものの、失敗したとのこと。完全に詰まってしまって、サーキットの敷地内でバスがほぼ立ち往生状態、出たバスが帰ってくるにも再入場も困難な有様だったよう。
バイク駐車場行きのバス乗り場に向かうと、「次のバスが来るまで50分とは言ってますが、この様子(ほかのバスが止まっている様子)だと本当にその時間で来るかもあやしい」と乗り場から引き返してくる人が教えてくれました。一緒に引き返して、東ゲートから駐車場まで歩くことにorz
陽が落ちて暗くなる中、とぼとぼと歩きました。足は棒になり、皆口数が減り、「ゾンビの行進」か「難民の避難」かといった光景です。あ、登りの道路には相変わらずバスが列を作っていました。ぜんぜん動いてませんでしたけど。

ヘロヘロになって駐車場に帰り着き、バイクにまたがって出発。

御殿場あたりで宿が取れたら明日ラクだなぁ、と安易な気持ちで御殿場の街に到着、旅館で部屋が空いているか聞いてみました...。
「今夜は1年前から(注: チケットの発売は今年5月)予約で埋まってます。F1の開催が富士と決まったとたんに予約を入れる人もいました」
...甘かった。「こりゃ宿は無理、小田原、厚木などを宿を求めて彷徨うよりは」と東京に帰ってくることにしました。

夜、ネット情報によるといろいろと阿鼻叫喚だったようで、駐車場まで徒歩で帰れた私たちはちょっとはマシだったのかもしれません

・決勝

昨日の疲れも少し残したまま、出発。昨日より雨が強いです。同行の友人たち(実家の地元)は朝早く出たらしいですが、私は一人家が遠いのとすでに一人でも会場に行けるので、待ち合わせずに遅れて行くことにしました。
バイク駐車場の警備員が言うには「昨日の晩から今朝にかけて、陥没地点の応急処置をした」「昨日よりはまだバスが動いている」「今日は徒歩での入場を絶対にさせないらしい」とのことなのでバスに乗っていくことにしましたが...バスに乗るまで30分、バスに乗ってから100m進むのに30分かかりましたorz で、また開始時間に間に合わなくなりそうだったので、降りて歩くことにしました。決断が早い人は停止してから数分で降りてましたね。

20070930
昨日と同様、空(もしくは数人が残ってる状態)になってもサーキットに向かうバスの列の脇をえっちらおっちら登り、昨日と同様、開始時間を気にしながら自分の席へと急ぎました。河村隆一の国家独唱やドライバー紹介は声だけしか聞こえず、「さあセーフティカーを先導に、ローリングスタート」の直前になってやっと席にたどり着きました。ぜえはあ。
冷たい雨が降り続く中熱いレースが続きますが、野ざらしのスタンドで観ていた我々はすっかり凍えていました。厚着はしていますが、急ぎ足で来た汗が引いて逆に身体を冷やします...。翌日の発熱も覚悟して観戦していましたよ。

レース後。昨日の件もあったので、ゆっくりと引き揚げることに。まずはラーメンを食べて身体を温め、グッズショップを回ってから。
お、見た感じ昨日よりはバスが動いている ? でもまだまだ大混雑で人があふれかえっていたため、我々は歩いて引き揚げることにしました。昨日と同様、とぼとぼと坂道を下り、疲労の蓄積で昨日よりもヘロヘロになって駐車場に到着、昨日より強い雨が降る中の東名高速、首都高を走って帰ってきました。

20071001
もう、一日中雨に打たれ続けて、頭から足まで、財布の中もぐっしょり。
これ、どこの「容疑者から押収した証拠品」だよw

・総括

年に一回のお祭り、そして(徒歩移動などの面で)そうそう簡単にはできないひどい体験をさせられたのは、イヤな思い出になりそうです。
来年も富士での開催とのことですが、こういう運営面での改善が見込めなさそうなら、家で観戦しようと思います。


とにかく運営の手際が悪いです。

場内の無駄なチケットチェックや仮設トイレの少なさ、不衛生さはちょっと考えれば回避できたでしょう。
一番ひどいのは交通誘導。道路陥没というアクシデントがあるにはありましたが、なくても道路は渋滞していたでしょう。バスが1台しか通れない(対面通行できない)ゲートに、三方向から多数のバスが押し寄せ、さらに中から外に出て行きます...とても捌けませんよ。もっとゲートを拡張しないと。
サーキット敷地内、バスの発着場周辺もひどいものです。未舗装でぐちゃぐちゃの地面で屋根もなく、行き先別にどこに並べばいいかの標識も少なく、「現在のバスの所要時間、運転間隔など運行情報」「現在の待ち人数、最後尾の待ち時間」などの情報はまったくなし。バスに乗らざるを得ない人たちは、いつ乗れるか、乗れてもいつ目的地に到着するかわからないバスを延々と雨に打たれながら待つしかなかったのです。
何人か係員に詰め寄った人もいたようです(私も数人見ました)が、よく暴動にならなかったものだと思いますよ。海外、そういうことが起こりやすい国だったら大変な騒ぎになっていたでしょうね。
来年、そして2年開けた4年後も富士で開催するなら、こういう問題をすべてクリアしてほしいものです。客をなんだと思ってるのか、運営本部の責任者を問い詰めたいところです。いや本当に。

|

« 2007 F1日本GP 観戦記 (Side A) | Main | 超私的アニメ評価 2007年9月期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/16628916

Listed below are links to weblogs that reference 2007 F1日本GP 観戦記 (Side B):

« 2007 F1日本GP 観戦記 (Side A) | Main | 超私的アニメ評価 2007年9月期 »