« iPod touch を 1週間使ってみて | Main | ボージョレ・ヌーボー 2007 »

November 08, 2007

超私的アニメ批評 2007年10月期

[ 口上 ]

以前ゲーム業界で働いていた関係でアニメも知ってないといけなかった...という口実で(苦笑)、今でもアニメをたくさん観ている(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)のですが、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

ネタバレ回避の意味もありますが、主に面倒なので作品紹介に当たるような文は書きません。あらすじとかはググったりwikipediaで検索してください。

[ 注意 ]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見による「ただの感想」ですので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
親類、友人、知人、元同僚、「友達の友達」とかが作品に関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[ 新番組 ]

・バンブーブレード: B

原作は読んでません。
剣道もので、スポ根でなくて、女の子が主人公、という組み合わせは珍しいような。ああ、「YAWARA!」を剣道にしたようなものか(苦笑)。でも、主人公がいきなり強すぎて、この先どう展開させるのか楽しみ、かつ不安です。

・スケッチブック full colors: C

原作は読んでません。
「ARIA」っぽいなと思って観ていたらアリア社長が出てくるし、スタッフもかぶってました(^_^; まったりとした展開でちょっと退屈になることもありますが、これはこれで。

・逆境無頼カイジ: B

原作は途中まで(指を落とすまで)は読みました。
萩原聖人、すっかり声優が板についたなぁ。それはさておき。
原作の雰囲気がよく出ているというか、そのまま、ですかね。
「主人公は元々ダメ人間だったはずのが、いきなり頭がキレ出す」とかツッコミどころは多々ありますが、その辺は原作自体にツッこむべきですかね。

・げんしけん 2: B

原作は途中まで(笹x荻がくっつくまで)読みました。アフタヌーンは買い続けてますが1年半ほど積んでます。
おおむね原作通りですが各種オタ話とかパロディとかがパワーアップしている気がします。スタッフが豪華になっていたり、部室で遊んでいるゲームはちゃんと許可を取った本物だったり。
このまま、原作を増幅させた状態で進んで欲しいですね。

・キミキス pure rouge: C

原作ゲームはプレイしていません。アニメ化に合わせて低価格化してくれたら買ったのに。
キャラクタの見分けがまだつかないので、声で聞き分けています(苦笑)。また、ときメモやTo Heartに置き換えて理解したり(苦笑)。
最初から「誰と誰がくっつくか」がわかってしまっている(?)ので、あとはその過程を見るだけですか ? 盛り上がるストーリーがつくかどうかもわかりませんが、ヤマ場を期待...無理かなぁ。

・もっけ: D

原作は途中まで読みました。アフタヌーンは(以下同文)。
うーん、原作の雰囲気ってこんなだったかなぁ。なんかイメージが違う気が。
まあ、何より作画がヘタれてるので、さんざんな出来であることは否めません。

・逮捕しちゃうぞ フルスロットル: C

原作は読みました。旧アニメシリーズも観ています。
6年ぶり新作ですか、根強い人気があるのかなぁ。まあ、私も好きですがね(苦笑)。
ノリも中身も相変わらずですね。安心して観ていられます。

・CLANNAD: A

原作ゲームはプレイしていません。やってみようかな。
「Kanon」といい、このシリーズは相変わらず「変な人」だらけですね(笑)。まあ平凡なキャラだと埋もれてしまって話を作れないんでしょうけれど。
原作を知らないで観ていると、やっぱり各キャラの登場が唐突だったり展開が強引な気がしますね。
メインストーリーの展開がなんとなく読める気がしますが、毎回楽しみに観ています。

[追記]
書き忘れてた。

・ガンダム00: B

「戦争・紛争根絶のために武力介入をする」とか、「その実際の介入の仕方はただの虐殺」とか、「衛星軌道を飛んでる物体を地上から光学スコープで狙撃」などなど、シナリオ的にも科学的にもいろいろとツッコミどころが多いですが、とりあえずは「第1回が「ガンダム強奪」から始まらなかった」という点を評価したいと思います(笑)。
上記の矛盾は劇中でも指摘されているので、脚本家は「わかってて書いている」と思いたいところです。
どう展開させるのか、いろいろと楽しみです。

オープニングの曲が不評ですね。私も合ってないと思います。タイアップとか「大人の事情」なんでしょうが、どうにかならなかったのでしょうか。
[/追記]

[ 継続 ]

・スカイガールズ: B → B

おお、深刻な展開にならずに、明るい雰囲気のままだ。
このまま最後までやって欲しいけど、山場では暗くなるのかなぁ。

・電脳コイル: A → A

一山越えたら、一つどんでん返しが...これ、お子様には難しくないですか ? (苦笑)。
私も、「復習」の回があるおかげでやっと理解した感じです。そして、まだまだ底が見えない謎ばかりで、最後まで気を抜けないです。
DVD買ったら、通しで見直そう。

・ハヤテのごとく: E → E

とうとうナベシンまで。無法地帯ですね。

・ケロロ軍曹: D → D

出来は悪くはないですよ、私にはちょっとマンネリ気味なだけで。
でも、毎週観ているんですよね(苦笑)。

|

« iPod touch を 1週間使ってみて | Main | ボージョレ・ヌーボー 2007 »

Comments

追加。

キミキスの廉価&改良版が出る、とのこと。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000Z1TOYM/bishibashi-22

でも、2月じゃ遅いような。

Posted by: びしばし | November 19, 2007 at 18:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/17013486

Listed below are links to weblogs that reference 超私的アニメ批評 2007年10月期:

« iPod touch を 1週間使ってみて | Main | ボージョレ・ヌーボー 2007 »