« 「オメガファイブ」は80年代シューティングのかおり | Main | 動画共有SNS「zoome」を試してみる »

January 27, 2008

HDC-HS9 動画変換メモ

一つ前の記事に貼ったこの動画について、自分用メモ的なことを少々。

HDC-HS9でTV画面(ブラウン管)を撮影したわりには、走査線も映らずに綺麗。本当に60フィールド(30i)で撮っているのか ? うーん。
ホワイトバランスなどの調整項目はすべて「オート」なので、冒頭の各社ロゴのフェード時など、追随遅延が丸わかり。まあ、「そういう映像効果」と思ってしまうこともできるかもしれないけれど。
音声も画面から1m離れたところでカメラが拾う音。全方向マイクなので、コントローラをカチカチやっている音も拾ってしまっている。これはモード切替で前方向を強調することもできる。が、もうちょっと本格的に外部マイクを付けたかった。入力端子がないので、別録りしてmuxするしかない。
30分ちょっとを記録して、ファイルサイズは約4.1GB。ファイル形式はAVCHD、拡張子はm2ts。
AVCHDを編集するソフトがついていない & 持っていないので、仕方なくMPEG2(720x480)に変換してから、前後の不要部分を削った。音声はこの時点で2chにダウンミックスした。5.1chを保持したままにもできるが、編集しづらいので。
MPEG2に変換した後は、一般のMPEG2編集ソフトが使える。DVD2AVI、aviutilでDivXにした。音声は別途ノーマライズした。
MPEG2ファイルはMpegClaftDVDでDVD-Videoとしてディスクに焼けることも確認。チャプターを打ってメニュー画面つけて。

AVCHDから解像度などを落とさずに(劣化はする?)、編集可能形式(canopus HQ codec)に変換するコンバータがカノープスから提供されている。ただし、同社の編集ソフト「EDIUS」がないと動作しない...まあ、カノプ製品はいくつも持っているので「優待価格」で買えるけれど。EDIUSでAVCHD形式ディスクを焼けるかは要調査。もっとも、AVCHDを再生できる機械を持ってないから当面はMPEG2で編集してDVD-Videoに焼くだけで問題なさそうではある。

本体の編集機能と付属のソフトで、簡易編集したAVCHDディスクを作ることは可能の様子。まだあまり試してない。

|

« 「オメガファイブ」は80年代シューティングのかおり | Main | 動画共有SNS「zoome」を試してみる »

Comments

はじめまして。突然すみません。
m2tsファイルの変換に7時間もてこづっててこのサイトにたどり着きました・・・
びしばしさんはm2tsのmpeg2への変換にどんなソフトを使っていらっしゃるのですか??はじめてなのに質問ですみませんでした。

Posted by: cd | February 28, 2008 at 02:03

こんにちは。
私の場合は、m2tsからMPEG2への変換は、カメラに付属のソフト「HD Writer」で行いました。
EDIUS、nero、Ulead~ など、ほかのソフトは、対応入出力フォーマットをよく確認しないといけないみたいですね。

Posted by: びしばし | February 29, 2008 at 12:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/17864014

Listed below are links to weblogs that reference HDC-HS9 動画変換メモ:

» youtube アニメ 速報 ! 新着動画 多数 [youtube アニメ 速報 ! 新着動画 多数]
youtube アニメ 速報 ! 新着動画が多数です! [Read More]

Tracked on February 25, 2008 at 09:48

« 「オメガファイブ」は80年代シューティングのかおり | Main | 動画共有SNS「zoome」を試してみる »