« 死んでしまった人より生きている人を優先した話 | Main | ああ不覚。 »

April 26, 2008

新会社で勤務開始1週間

月曜日から勤務を開始して1週間、やっと週末が来ましたよ...今まで9ヶ月休んでいたから、5日連続の勤務がきついきつい(苦笑)。


配属されたのはJava開発チーム。一応面接で「C++でもC#でも使えるけど、一番得意なのはJava」と言った甲斐があったという感じでしょうか...いや、元々「Java Developer」として応募したはずなんだけど...。

すでにプロジェクトが「スケジュール的にやばい」という状態のようです。だから「すぐに勤務を開始してくれ」とうるさかったのか、と入社後に理解しましたですよ(苦笑)。
外国人が大多数の会社で、開発の手法自体が日本の会社とは大きく違います...もしかしたら「リーダーがこの手法でやってみたかっただけ」かもしれません(苦笑)。そこから慣れないといけない上に、すでにかなり動いているプロジェクトの仕様/現状の理解、さらには同僚/相手会社の人の顔と名前など覚えることが多すぎて、てんてこ舞いを踊るだけで1週間が終わってしまいました。いや、のべで言うと丸1日以上はPCのセットアップでつぶれてしまったような。
最初にあてがわれたSolaris PCは、日本語フォントが足りないのかFirefoxでwebページを見るだけでも日本語が正しく表示できない(漢字の字体が中国語っぽい & 一部は文字化け)し、pdfビューアはまるっきり日本語が表示できない始末。日本語の仕様書を読まないといけない仕事だし、後から入った中国人が使うからと、そのマシンは彼が使うことになり、続いて私には日本語Windows XPが入っているLenovo ThinkPadが割り振られましたが、以前の所有者がどう使っていたのかものすごく不安定なPCで...orz どんなアプリを使ってもすぐ「反応なし」に陥っていたかと思えば、あげくにトロイが検出されて...ちょっと古い目の英語版XP DELL Latitudeに換えてもらいました。不安定ではなくなったけれど、やっぱり遅いし、開発環境がまるっきり入っていない...そりゃあIDEをインストールするだけなら独りで出来るけど、会社独自のものとかプロジェクト用の設定はわかりっこない(どこにもマニュアルがない)ので同僚に手伝ってもらいました。

取引相手の会社との相互接続システムを作るプロジェクトなんですが、相手は日本の会社、向こうはこちらの開発手法とのギャップに戸惑っていて、こちらの進捗がかなり心配な様子です...とここまでわかったのが彼らと顔合わせした木曜日。「やっと日本語 & 日本の会社の開発手法がわかる人が来た」と言われてしまいましたよ(苦笑)。彼ら(外部の人)との話し合いで私もようやくプロジェクトの現状を知ったという有様orz

すでに「GWどれだけ休めるのか」すらわからないタフな状況に放り込まれて、かなり疲れていますorz まだこの土日は休めるので、ゆっくりします。

...あ、ツーリングの誘いが来た。走りに行くか。

|

« 死んでしまった人より生きている人を優先した話 | Main | ああ不覚。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/41002586

Listed below are links to weblogs that reference 新会社で勤務開始1週間:

« 死んでしまった人より生きている人を優先した話 | Main | ああ不覚。 »