« ラーメン大戦争「梵天」(渋谷) | Main | 怪しい、PSP用バッテリを買ってみた »

April 10, 2008

ウマ辛担々麺「萬力屋」(池袋)

前回の口直しに、今日はサンシャインAlpaの「萬力屋」へ。

20080410
写真は「紅(くれない)大陸担々麺」。中国の本来の担々麺はスープがないはずですが、「大陸風味付け」なのでしょう(^_^;
「汁なし担々麺」は別にメニューに載っています。

前の会社に勤めていた頃、系列の「万豚記」の八丁堀店に何度か行ったことがあります。退職後、ハローワーク池袋に行くときには昼食はここで食べています。心なしか八丁堀より美味しい気がします。

この紅のほかにも多数の担々麺があり、この紅は2~3番目の辛さです。でも、辛いだけでなく、スパイスやハーブによる不思議な風味が独特の美味しさを出しています。初めての人はちょっと苦いとか臭いと感じるかもしれませんが、食べるうちに印象が変わってくるはずです。ほかにも辛くない「胡麻担々麺(黒、白)」などがありますが、どれも同様にスパイス・ハーブの風味がします。私は病みついてしまい、全担々麺を制覇してしまいました(^_^;

「ウマ辛ラーメン」としてはかなりオススメです。

-- 以下、思い出話。 --

ちなみに1番辛いのは「超辣(ちょう らー)担々麺」。1回食べたことがあります。注文したらカウンターの向こうのおじさんが「通常のものの数倍辛いんだけど、お客さん、大丈夫 ?」と確認してきたんです。「え、そんなに凄いんですか ?」「うん、よく挑戦する人はいるんだけど、完食するのは100人に1人ぐらいかな。スープまで飲み干すのは300人に1人ってところ」...かなりびびりましたが、いろいろと辛いものを食べてきた私は逆に「これは挑戦しなければ」と思い、「ええ、たぶん大丈夫」と注文を決行しました。「じゃあ、作るよ」とやっと作ってくれたあの表情は「やれやれ、こいつも無謀な挑戦者か」といった感じでした(苦笑)。
そして数分後、出てきたのはこの真っ赤な「紅」よりさらに赤い、というかどす黒い(苦笑)、見るからに「辛いぞ」という代物でした。
意を決してまずはスープを一口...うわっ本当だこれは凄い。紅も一口目は辛さが来ますが次第に気にならなくなります。でも超辣は何口食べても毎回辛い刺激が続き、口の中を痛めつけ、身体を熱くします。
でも、いつもの担々麺の味もして、けっして不味くなかったんですよね。なんとか食べ進めることができ、ついにはスープまで飲み干してしまいました。どうだw
おじさんは見てくれていなかったようですが、ホールの女性が驚いていました「私が勤めてから、スープまで飲み干した人は初めて見た」。ちょっと誇らしげに気分良く店を出たのを覚えています。

辛いものが好きで、いろいろな「激辛メニュー」に挑戦されているほどの方なら、ぜひお試しください。辛いだけでなく、美味しいですし。
最近メニューが変わって、消えてしまったか「麻辣(まー らー)担々麺」と名前が変わったかしたようです。「名前替えたの ?」と聞いてみてください。

そうそう、超辣を食べた数時間後、トイレで悶絶したのも今となっては「イイ思い出」です(苦笑)。ですから、私は二度と挑戦しません(^_^;

|

« ラーメン大戦争「梵天」(渋谷) | Main | 怪しい、PSP用バッテリを買ってみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/40840644

Listed below are links to weblogs that reference ウマ辛担々麺「萬力屋」(池袋):

« ラーメン大戦争「梵天」(渋谷) | Main | 怪しい、PSP用バッテリを買ってみた »