« ドロンボーは不滅 | Main | 超私的アニメ批評 2008年6月期 »

June 29, 2008

ノートPCのバッテリセル交換サービスを利用した

3年前に買ったLet'snoteR4。
アメリカ出張 (2005年 2006年)とか北海道ツーリングに持って行ったときは大活躍でしたが、普段は家でほこりをかぶっていました。

デスクトップPCを拡張しすぎて、椅子に座って操作できなくなり、さらに調子が悪くなってきた頃(詳しくは後日)から、こたつで使いだし、以来普段のネット/2chブラウズ、IRCチャットなどはこちらでこなすようになりました。

昨年の春だったかなぁ。久々にR4を外に持ち出して使用したら、バッテリが10分と持たなかったんです。フル充電だったのに。「AC電源を差しっぱなしにしているとバッテリの劣化が早くなる」というのは本当のようです。気がつくと、バッテリ状態を示すLEDが「充電中」表示になったり(フル充電なのに)、「充電不能」になったりもしています。「バッテリ残量表示補正ユーティリティ」(全放電して満充電、を自動でやってくれる松下のツール)を試しても効果なし。完全にバッテリがダメになった様子でした。

でも、去年はゴタゴタしていたし、「どうせPC持ち運ばないし」と言い訳してバッテリの件は無視していました。何より、買うと高いし(^_^;

で、この春に落ち着いて、いろいろと余裕が出てきたので「PC買換(?)計画 2008」(詳しくは後日別記事で)を立案、その「第0段階」として今回このバッテリ問題を解決しました。

以下、やっと本題(苦笑)。
--

Brs.Co.が、バッテリユニットの中身のセル(電池本体)だけを交換してくれるサービスをやっている、のを見つけました。高品質(らしい)セルへの交換だし、新品で買うより安い(R4の場合約半額)しで、「こ、これは素晴らしい !!」と飛びついてしまいました。即依頼注文。こちらからバッテリを送って、4~5日で帰ってきました。

さっそくR4につないで、充電。そしてAC電源を外して稼働時間測定。こういうときはベンチマークソフトとかを走らせても参考にならないので、普段通りあちこちのウェブサイト見たり2ch見たりIRCでチャットしたり、だらだらと使っていました。
3時間半後ぐらいで電池切れ警告が出て、強制的にハイバネーションされました。確か、新品で買った当時(もちろん純正バッテリ)は2時間半~3時間弱ぐらいだったような...確かに大容量化されたみたいです(中身は直接確認できない ^^;)。あとはバッテリの寿命が長ければ嬉しいのですが、これは測れませんよね(^_^; すぐに壊すわけにも行きませんから。長持ちしてくれることを願うだけです。

まとめ。
迅速な対応、処理をしてくれたし、(今のところ)結果も満足できるし、何より新品買うより安いので、かなりイイです、このサービス。ほかの機器のバッテリがダメになったときも、利用しようと思います。

|

« ドロンボーは不滅 | Main | 超私的アニメ批評 2008年6月期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/41680482

Listed below are links to weblogs that reference ノートPCのバッテリセル交換サービスを利用した:

« ドロンボーは不滅 | Main | 超私的アニメ批評 2008年6月期 »