« October 2008 | Main | December 2008 »

November 24, 2008

ボージョレ・ヌーボー 2008 [追記]

Nouveau2008
バックナンバー: 2007年2006年2005年2004年

はい、もう毎年恒例になりつつある(?)素人ワイン批評記事です(苦笑)。

今年も、近所の安売り酒屋で2本買いました。1本は去年も買った「樹齢100年を超えるぶどう樹から(以下略」という触れ込みのもの(シリアルナンバーは去年よりだいぶ若いです)、もう1本はまったく初めて見るラベルのものです。

今週飲んだのは後者の方。「9月26日収穫」というストレートな表現のラベルです(^_^;

味は...うーん、「ヌーボーらしい」と言えばらしいのですが、「若い」というか「薄い」感じ ? 「軽い」んじゃなくてワインとして味自体が薄い感じ...。酸化防止剤の味の向こうに、かろうじてワインらしい味はします。それ自体はあまり悪くない感じですが...。

去年そこそこ美味しかった銘柄の、もう1本のほうに期待したいところですが、今年はこんなかんじで「薄い」のかもしれません。

-- 以下、11月30日 追記 --

もう1本のほう、写真左側の「樹齢100年を超えるぶどう(略)希少なワイン」(全文は2007年版を参照)も空けました。先日の「9月26日」が正直ハズレだったのであまり期待はしていませんでしたが...。

... !

なんだ、ふつーに飲めるじゃん。去年のもの同様「フルーティ」というよりミディアムボディぐらいの味ですね。言われなければヌーボーだとわからないでしょう。

銘柄の違いというか、身も蓋もなくいうと値段の違い(^_^; というか、ここまで変わるとは。

来年もこれ買います。ラベル憶えておこうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2008

新生、Xbox360

もう数日前の話題なので完全に祭りに出遅れてますが、それでも書きます(^_^;

19日、Xbox360のOS部分が更新されました。題して「New Xbox Experience」。大々的に前宣伝やカウントダウン告知をしていました。

0811221200491920x1080i000651

ユーザーにとっての主な改善点は以下の3つですかね。ほかにもいろいろ変わっているみたいです。

・ダッシュボード(メニュー画面)のデザインがまるっきり変わった。

以前のメニューは実用性重視で悪くはなかったのですが、今回だいぶ垢抜け(?)ました。
でも、メニュー構成は複雑にはなっていないようで、操作性は落ちていないみたいです。まだ慣れてませんけども(苦笑)。

・アバターを作るようになった。

強制的に作らされますが、これが「自分の分身」としてチャットやら対応ゲームやらで使われます。
とりあえず自分に似せて(美化しつつ)作ってみました。
もちろんリアルの自分に似せる必要はありません。フレンドのみなさんは性別を逆にしたりネタに走ったりしている人もいるようです。

・ゲームをHDDにコピーして、そこから起動できるようになった。

これが一番嬉しい機能追加ですね。
360のDVDドライブは、12倍速タイプなためかコストダウンのせいか、回るとうるさいドライブでして、これがゲーム中でもワンワン唸っていたんです。ゲーム音楽でかき消せはしますけども。
そしてもちろん、DVDはロードが遅いです。「もうちょっとキビキビ動いてくれないかなぁ」とはいつも思っていました。

それが、HDDに入れられるようになって、一気に解消しました。これは素晴らしい。
長いロードでのイライラが減り、細かいロードでの(自分の)テンポ落ちなどがなくなりました。
ドライブ音がなくなって360がかなり静かになり、今まで設定していたゲーム中の音量がうるさく感じられるほど(笑)です。また、細かい音が鳴っていたのがわかるようになりました。
かなり快適です。

--
ああ、Xbox360が発売されて(買って)から、もう3年になるんですね。
何回か書いたかもしれませんが、
当時は、再びこんなにゲームに熱中するようになるとは思わずに、軽い気持ちで買いました。
ネット対戦を楽しんで、フレンドができ、体験版を試し、で気がついたらパッケージソフトだけで32本、オンライン販売で20本(ともに今日現在)も買ってしまうほどゲーム漬けになっていました(^_^;

で、今回の更新でまたゲームするのが快適になってしまったので、ますますゲームにのめり込んでしまいそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2008

やっぱり安物はダメだった。

4月に買った、怪しいPCP用バッテリ、今日気がついたらさっぱり充電されなくなっていました。
ずっと「長門時計」を起動しっぱなし、USB充電ケーブルつなげっぱなしで約7ヶ月でした。
たぶん、いやきっと、明らかに、ハズレだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2008

超私的アニメ批評 2008年10月期

[ 口上 ]

以前ゲーム業界で働いていた関係でアニメも知ってないといけなかった...という口実で(苦笑)、今でもアニメをたくさん観ているのです(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)が、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

ネタバレ回避の意味もありますが、主に面倒なので作品紹介に当たるような文は書きません。あらすじとかはググったりwikipediaで検索してください。

[ 注意 ]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見による「ただの感想」ですので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
親類、友人、知人、元同僚、「友達の友達」とかが作品に関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[ 新番組 ]

・ケメコデラックス ! : C

原作は読んでません。
このノリ、「ハレのちグゥ」を思い出します。
ドタバタがメインで、ラブ要素はおまけですかね。


・とある魔術の禁書目録 : D

原作は読んでません。
説明的な長セリフばかりで、見ていて疲れます...。
また、セリフだけで盛り上げようとしているから、キャラの感情変化が伝わりにくいです。


・機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン : B

とりあえずは、前期とのキャラ配置の違いなどを理解するのが一苦労でした。
んで、中身はあまり変わってませんね(^_^; たぶん、このまま進むんでしょう。

ラストが「宇宙世紀に続く」とかにならないことを、今から祈ります(苦笑)。


・今日の5の2: B+

原作は...読んだような読んでないような。「みなみけ」と混じってるかな。
「5年生」ってあたりが「第二次性徴期直前の、無邪気でいられる年頃」としていろいろと話をふくらませられる、絶妙な選択ですね...とか思ったりもしましたが、単に「みなみけで三女の小学校編のネタがいろいろあるから、別作品にしても行けそうだと思っただけ」かもしれませんw

先生とか親とか「大人」がほとんど出て来ません。この「子供の世界/社会」ってのがいい感じに無邪気さを演出しています。
でも、描かれている小学生生活は「一昔前」ですね(苦笑)。我々の世代に近いぐらい。今どきの子供たちは「パンツ大作戦」なんてやるんだろうか(^_^;


・のらみみ 2 : C

原作は読んでません。前期は見ました。
よく2期目をやる気になったなぁ。いや、私は好きですけども(^_^;
前期(26時とか)よりは早い時間(23:30)での放送になりましたが、まだまだ深夜です。これは夕方とか朝に、親子で観るべきアニメです。ぜひ3期目や再放送でそういう時間に放送して欲しいところです。

「ちょっといい話」率が増えた気がしますけども、それはそれで可です。

前期にも書きましたが、毎回ゲスト声優が豪華です。声優ファンにもオススメ。


・とらドラ ! : E

原作は読んでません。
うーん、コロコロと切り替わる釘宮理恵の演技ぐらいしか面白みが...。


・ミチコとハッチン : A

「カウボーイ ビバップ」「サムライチャンプルー」のスタッフによる似たようなノリの...って監督は元絵コンテ・演出をやってた人で、以前の監督は「音楽プロデューサー」でしたか。
OPが曲からしてまんまビバップっぽいところは、まあエラい人の指示もあるだろうからしょうがないとして...。

1話目から演出がきめ細かいというか、行き届いています。生臭牧師(字が読めないかも ?)っぷり、家族のいじめっぷり、それに耐えまくってついに爆発するまでの「溜め」、などなど。
この先、どう話を転がしていくのかが楽しみです。


・タイタニア : C

原作は読んでません。
ファンは銀英伝のヤンがスーダラになった感じ ? (苦笑)。
まだあまり話が進んでないのでどんな話になるのかよくわかりませんが、楽しみではあります。

ところでファン(van)・○○ って名前、ふつーはそれで一つながりなような...(例: 画家の「ゴッホ」は正しくは「ファン・ゴッホ」)


・夜桜四重奏 : B+

原作は読んでません。
「紅」と同じ監督による、プレスコ作品ですね。相変わらず会話のテンポがいいです。
そして話の展開もサクサク進んで、前半で一山来そうな感じ。無駄話で中だるみされるよりはいい感じです。


・CLANNAD AFTER STORY : A

原作ゲームは...まだ途中です。
前期にやらなかった、ゲーム版でいうところの「別キャラエンド」等をアニメにした感じですかね。いきなりベイカーズだし。
本来春のお話なのを無理矢理後の季節に持ってきているので、一部元の話と違うところもありますが、まあ、大きな問題ではないですね。
短い時間(今のところ前後編)にきれいにまとめてあって、むしろゲームやるより話にのめり込める感じです。


・黒執事 : D

原作は読んでません。
なぜ藤村俊二 !? 作者がファンなのか、キャラクタが彼にピッタリなのか。それはともかく。

執事というより鉄人28号に見えてきました。リモコンは奪われないでしょうけれどw


・鉄のラインバレル : E

原作は読んでません。
「サイテーです」。
痛い主人公の成長物語、なのかなぁ。ちょっと面白みが伝わってきません。


・地獄少女 三鼎 : C

原作は読んでません。1期、2期は観てました。
ますます「逆恨み」「勘違い」での地獄送りだらけになったような...。
一応今期は「主人公の周辺(主に同じ学校)」での出来事に絞ることに何らかの意図があるかもしれませんけど、どうなんだろう。


・かんなぎ : B

原作は読んでません。
内輪ネタ、楽屋落ちなどがチラホラ観られますが、まあ、全体的には悪くはない感じです。

そういえばOP観て思い出しましたが、最近のアイドルのライブって紙テープを投げなくなってません ? 禁止されているのか、廃れたのかわかりませんけども。昔はテープに絡まりながらも歌って踊る様子がよく見られたのですが、そういえばいつの頃からか見られなくなりましたよね ?


[追加]

・天体戦士サンレッド : A

原作は読んでません。
ヴァンプ様のような上司が欲しいですw いや、フロシャイムには入りたくはないですけどね(^_^;
怪人の無気力ぶりやサンレッドのダメっぷりなどなど、所々妙にリアルな描写が、笑いというよりちょっと痛いですけれど、全体を見れば、短時間に話がテンポ良く収まっていていい感じに仕上がっています。

[/追加]


[ 継続 ]

・ヤッターマン : C

放送なし ! 11月10日から再開の様子。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »