« September 2009 | Main | November 2009 »

October 29, 2009

ニンテンドー DSi LL [追記]

DSiが広視野角・大画面に!

ニンテンドーDSi LL

― 11月21日、20,000円で新発売 ―

(ニュースリリースより)

数日前から日経の記事などで噂になっていた、「大画面DS」が本当に発表になりました。

最初の印象は、「でかっ !」です。(サイズ比較) 画面サイズはPSPが4.3インチ、DSiLLが4.2インチx2枚...やっぱりでかっ ! w

でもこれ、欲しくなってきました(^_^; DSの画面サイズは常々小さいなと思ってましたから。

DSiはこの夏に買ったばかりですが、購入したDSiウェア(主にゲーム&ウオッチシリーズ)を移動できるのなら(下記注釈参照)、このLLを買ってDSiを親や甥っ子に譲ろうかと...。
あれ、元々は「高年齢層向け」でしたっけ ? まあいいや(笑)

注: オンライン販売のゲームはコピー・海賊版対策のために、「購入した本体だけでしか起動しない」等のプロテクトがかかっていることよくある...というか普通はそういう処理が施されています。

[追記]

今のところ、購入したゲームだけでなく、すでに登録したDSiポイントも、別の本体への移動は不可のようですね...。残念。
任天堂に2台のDSiを送る等すればデータを移動してくれるようなサービスを期待したいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2009

Windows7 移行計画

Windows 7は買ったけれど、XPからは単純にアップグレードできず、アプリは全部入れ直しになるとのことで、ちょっと躊躇しています。

以下、自分用メモ。

・Let'snote S8:

11月末到着予定。以降は下記R4の後継メインPCとしてweb、チャット等に使用。

・Let'snote R4

現在、Windows 7ベータ版を使っていて、メインPCとして常用しているが、S8に交代。
以降はXPに書き戻して、地デジ録画専用機として使用。低騒音、低消費電力だし。

・デスクトップPC

現在、WindowsXPで、iTunesライブラリ管理、メール送受信・メール蓄積、地デジ録画、など、ノートPCでは非力だったり容量が足りなくてできない処理をさせているが、(主に深夜に地デジ録画をさせると)動作音がうるさい。
S8到着後、R4に録画をさせるようになれば夜寝ている間は電源を切って、静かに寝られるようになる(^_^;
その際にWindows 7に入れ替えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2009

「貧困率」って ?

なんか、「日本は先進(?)30カ国中ワースト4位」だとか。えーと、何の話 ? そして、それが何か ? あれ、もしかして俺も「貧しい」に分類される ? (心が。苦笑)

正確には「相対的貧困率」、定義はえらく単純で、

国民の所得分布の中央値と比較して、半分に満たない国民の割合。

とのこと。

...この数字が大きいからって、以前よりちょっとばかり大きくなったからといって、そのまま「格差が広がっている !」とか結論づけるのはどうなんでしょう ?

経済学、統計学とまではいかなくても、数学をちょっとでも勉強していれば、「所得分布は国によって様々」であること、そしてこの数字自体が「たいした根拠がある数字じゃない」「あくまで日本国内で比較した数字(文字通り相対的)」であることぐらいは気がつきます。
まあたぶん、所得分布のヒストグラムを描くと、下ぶくれの、ハクション大魔王が出てきそうな壺のような形なんでしょうけども、ざっくりと「中央値(平均値ではない)の半分」とか、たぶん「人並みの半分」という程度の意味なんでしょうけど、根拠があるんだかないんだかわからないラインで線を引いた、その下側の割合がよそと比べて多いとか少ないとかいうだけの話です。

で、その数字だけ持ち出されても、正直、判断のしようがありません。標準偏差等、他の統計学的な数値がさっぱり示されていないし、具体的に「中央値って年収いくら ?」という数字すら(私は)見ていないので、分布の偏り具合もわからなければ、実際「中央値の半分」の収入でどのような生活を強いられるのか、さっぱりわかりません。

まあ「格差」はたしかにあるでしょう。いくら働いても、気の毒なくらい大変な生活をされている方々はドラマだけでなくリアルでも見たことがあります。
でも、今回出てきた「15%」という数字、20人中に3人、7人弱に1人ですよ。そんなにもの高い割合が、そこまで貧しい人たちなのか ? と考えると、「そんなにいないよ」と思いますよ ?

たぶん(私も)「貧困」率というネーミングでミスリードされているんだと思いますが、これはただの数字遊びでしかないですよ。実際にその収入額でどの程度の暮らしぶりなのか等は地域ごと、年代ごとに見ないといけませんし、どれだけ働いた上でのその収入なのかの実態もよく見ないといけませんよね。極端な話「自給自足なロハス生活だからお金なくても平気」なケース(極端か ^^;)と、「毎日睡眠時間を削って働いているけど、子供を養っていくのも大変」というケースとで、「収入額だけの比較だと後者が上」とかいう比較をしているかもしれません。

だらだらと何が言いたいかというと、「せめてこれを読んだ皆さんは、「言葉の響き」や「なんか説得力がありそうだけど、実はたいした意味がない数字」にだまされないでくださいね」ということです(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2009

山本正之 Live 「Solo弾きの夜09」

@吉祥寺スターパインズカフェ

に行ってきました。前回行ったのが2007年3月だったので、ライブは1年半ぶりでした。年末のリクエストショーも偶数年のツアーもなかなか予定が合わず、こんな間隔でしか行けなくなっています。
また、ソロライブも初めて行きました。(私が観に行った範囲で)普段はピアノ(藤原いくろう氏とか)、キーボード(タバサさんとか)に他の人が参加しているのでチューニングし直している間(アコースティックギターなのでしょうがない)をつないでくれていましたが、1人だとちょっと間をつなぐのが大変だった様子でした。様々な「○○職人っていいよね」と話を振っていましたが、ちょっと滑り気味でした...(^_^;

でも、やっぱりライブはイイですね。「生の迫力」といいますか、臨場感などなど。久しぶりにひれ伏しましたしw あ、今回は拝んでないや。
「アニソンなし」縛りで、初公開の曲も多く、今まで行った中では異色というか「チャレンジ」が多かったのかな、と思います。
生ならではのトラブル(ピックも歌詞もコードも飛びまくったw)はご愛敬(苦笑)。


次は来年7月に草月ホールを予約したとのこと。何週目かはわかりませんけど、とりあえず心に留めておきます。

--
長編シリーズで歌われていたRoy Saari、>写真は見つかったけど、映像が見つからない...。どんな泳法だったのか見てみたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2009

超私的アニメ批評 2009年 8~9月期

バタバタしていたら8月分を書き忘れていました。なので、まとめて。


[ 今月で終了 ]

・懺・さよなら絶望先生: B → B+

「原作通り」でした。
ただの「原作通り」に終わらず、単行本収録前にアニメ化(短期制作)とか、「絵描き歌」や「複数週に分割」などのアクセントとか、いろいろがんばっています。

ぜひ、次はまた別のアプローチでお願いします。


・化物語: A → B

あれぇ、「つばさキャット」の話はどうなったんですか ? あと2~3話続くような気がしますけども。
話数の切り分けというか構成のミスなのか、ディスクを買わせようということなのかはわかりませんが、こういうのはあまり好きではないですね。

全体的にセリフ回しをメインに楽しむ作品でした。映像は「演出・表現」なのか「苦し紛れ」なのか判断が付きかねます(^_^;


・咲 : C → C

団体戦終了以降(原作を追い越してから)は蛇足でしたね。これならやらないほうが良かった。
個人戦はもっと盛り上げられたでしょうし、合宿は本当に蛇足。
次は数年後ですかね。原作がゆっくり進んでいるのですぐには期待できないでしょう。


[ 継続 ]

・うみねこのなく頃に: B → B

7月分の4回だけだと、「連続殺人事件ミステリー」だと思ったのですが、一気にファンタジー、そして「逆転裁判」調の論戦劇になってしまいました(^_^;
繰り返される「連続殺人事件」が毎回違って、次々に新事実が明かされるため、推理に参加するのも(ほぼ)不可能で、ただぽかーんと眺めているだけしかできないのが残念です。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST : B → B

2ヶ月だとだいぶ話が進みますね。
作りが安定しているので、安心して観ていられます。
土曜夕方に放送するには、ちょっとグロかったりもしますけれど(^_^;


・獣の奏者エリン : B → B

2ヶ月だとだいぶ話が進みますね。
主人公もすっかり大人になって、いよいよ佳境なのかな。

ところで「王獣」ってほ乳類だったんですね(^_^; 鳥類だとばかり思ってたら、妊娠→出産の話になってびっくりしました。言われてみれば「獣」とついてました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »