« October 2009 | Main | December 2009 »

November 29, 2009

Let'snote S8届きました

発表から2ヶ月、通常版の発売から1ヶ月余り、私が注文した「My Let's倶楽部限定プレミアムエディション」も、ようやく出荷され、私の元に到着しました。長かったですが、仕事が忙しくて「あれ、もうそんなに月日が経っていたのか」という気もします(^_^; それはさておき。

これ、「プレミアム」なだけあって、性能に妥協がありません。
前回も書きましたが、CPUがほかのモバイルPCとは別カテゴリともいえる通常電圧版だったり、RAMを8GB積んでいたり、インテル製の高速SSDを積んでいたり、64ビット版 Windows 7だったり。
おかげでお値段も「プレミアム」でしたけども(苦笑 具体的な値段は、MyLet'sのページを参照してください)。


今日は夕方からセットアップしてました。

RAMドライブドライバのGavotteがインストールできなかったので代わりにDataramという会社のドライバを使い、
同様に仮想DVDドライブはVirtual Clone Driveに乗り換えました。
それ以外は、今までLet'snote R4で使っていたものと同じものをシコシコと再インストールです。
ATOK、Firefox、卓駆、Dana、mIRC、Cygwin、Jane Style(^_^;
データはネットワーク越しにコピー。

以下、参考までに合間に取ったベンチマーク結果。

S8_crystalmark
C_drive
D_drive

RAMドライブ(Dドライブ)のスピードに圧倒されてはいますが、SSD(Cドライブ)も通常のHDDの2倍以上速いです。
おかげで、旧型のR4はもちろん、会社のPC(他社製、昨年発売モデル)でさえもかなりもたついてしまっている操作が、かなりサクサク動いています。

もちろん、ちょっとお高かったしこの先4~5年使い続けるものなので、今の時点ではサクサク動いてくれないと先が思いやられてしまうのですが(^_^; 期待通りのパフォーマンスを見せてくれて、ひとまずは安心、そして満足しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2009

ボージョレ・ヌーボー 2009

Nouveau2009
バックナンバー: 2008年2007年2006年2005年2004年

この「樹齢100年を超えるぶどう樹から(以下略。全文は2007年に掲載)」は3年連続です。今年はほかに美味しそうな銘柄のものが売ってなかったので、この1本だけ。
能書きがどこまで本当かはわかりませんけども、葡萄自体の味が良くて酸化防止剤のイヤな苦みが少なくて、「まとも」な味だったもので、これだけは買おうと思ってました。

さて、今年の味は...うーん、去年はもうちょっと濃かったような気がしますが、今年はいかにも「若い」「軽い」という感じですね。あっさりとしてるというか。「薄い」「不味い」というほどではないですが、濃いのを飲み慣れていると物足りない感じ。

でも、カマンベールをかじりながら、すいすいと飲んで、あっという間に1本空けてしまいました(^_^;

来年もこれ買おう、っと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2009

やっぱり大きい ! ニンテンドーDSi LL

「どうしようか」とか書いてましたが、結局買っちゃいました、DSi LL。
やっぱり大きいです(^_^; けど、あまり重くないので、持ち歩くのも問題なさそうです。

Pb211237

写真は、持っているゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲーム機。
古い順にゲームボーイポケット2台(手前)、アドバンス2台(奥)、アドバンスSP(手前左)、DS Lite(右)、DSi(左)...あれ、ゲームボーイカラーも持っていた記憶があるんだけど、どこ行ったかな...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2009

超私的アニメ批評 2009年10月期

何かがおかしい...。
今月はあまり録画が溜まらずに順調だったのに...気がついたら15日になっていました。


[ 口上 ]

以前ゲーム業界で働いていた関係でアニメも知ってないといけなかった...という口実で(苦笑)、今でもアニメをたくさん観ているのです(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)が、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。
でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

ネタバレ回避の意味もありますが、主に面倒なので作品紹介に当たるような文は書きません。あらすじとかはググったりwikipediaで検索してください。

[ 注意 ]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見による「ただの感想」ですので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
親類、友人、知人、元同僚、「友達の友達」とかが作品に関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[ 新番組 ]

・夏のあらし! ~春夏冬中~: C

第2期目。前期は全部観ました。原作は読んでいません。
今のところ、以前にも増してドタバタばかりで、ちょっと食傷気味です。


・君に届け: A

原作は読んでいません。
ベタな少女漫画なんでしょうけど、主人公の人柄で周囲が徐々に打ち解けていく様を丁寧に描いているところが琴線に触れました。
主人公は元からもっと人気者になっていてもおかしくないのでは ? というのは野暮なツッコミというものです(笑)。
最近の少女漫画は少年漫画よりどぎつい描写が多いと聞きますが、このまま「80年代でも通用しそうな学園生活」な世界が展開することを期待します(^_^;


・そらのおとしもの: C+

原作は読んでいません。
「よくアニメ化したよな」と思いたくなる、中二病 & 中二の妄想全開のお馬鹿アニメです(^_^;
それをいい大人が、大まじめにアニメ化したのでしょう(苦笑)。ここまでやってくれると、むしろ清々しいです。このまま突っ走っていただきたいですね。


・空中ブランコ: B

原作は読んでいません。
「精神病」という題材も面白いし、映像表現的にも面白いのですが、今のところ結局「ストレスを解消・発散すれば解決」で終わってしまっているのがちょっと残念ですかね。


・にゃんこい!: E

原作は読んでいません。
話が進むにつれて猫が話に絡まなくなって、ふつーのドタバタものになってしまっているような...。
そして、すでに作画が崩壊してしまいました...。なんとも、いろいろと残念です。


・とある科学の超電磁砲: B-

原作は読んでいません。「スピンアウト」の元になった「とある魔術の禁書目録」のアニメは途中まで観ていました。これは最後まで観られるといいのですが...。
最初の数話がベタすぎて、見限ろうかとも思ったのですが、なんとか観ているうちに面白さが理解できてきました(^_^;
あんまり大げさな話に展開しないで、こぢんまりと話が進んでくれるといいのですが...。


・KIDDY GiRL-AND: D

原作は...あるかどうかも知りません(^_^; 前作「キディグレイド」は一応全部観ました。
今のところ、前作との絡みも少なく、新キャラがドタバタやっているぐらいですかね。いろいろと「いいのかこれ ?」という悪ノリが見受けられますけど、そういう路線なのでしょう。
この先どう転ぶのか、ちょっとだけ期待しています。


・青い文学シリーズ: A

10月は「人間失格」でした。すみません、原作は読んでいません(^_^;
ただ「文学作品のアニメ化」をしただけでなく、作者本人の人物像と重ねるなど、ちょっと独自の解釈が入っているようで、太宰治ファンがどう思うかはともかく(^_^; 私はなかなかいい試みだと思います。
この調子でいろいろな文学作品を見せてもらえると、活字が苦手な私にはありがたいですね(苦笑)。


・天体戦士サンレッド: A

第2期目。前期は全話観ました。原作は読んでいません。
今期も、「ヒーローらしくない正義のヒーロー」と「ほのぼのとしている悪の秘密(?)組織」との溝の口ローカルな日々(?)を楽しく観ています。
これはニコニコで他の人のツッコミと一緒に観て、楽しむべきものですね。それがないと面白さは3割減でしょう(^_^;


[ 継続 ]

・うみねこのなく頃に: B → C+

なんやかんやあって、主人公もその対戦相手も交代。うーむ、結局視聴者は謎解きに参加するわけではなく、ただの観戦者なのね...。


・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST : B → B

来年の4月までの延長が決定とか。
しかし、すでにラスボス(もしくはその直前のボス)も明らかになっているわけだし、どうするんだろう...。
もっとも、今月分はまたいろいろと謎が深まったし、中ボス(?)も増えちゃったしで、いくらでも話は作れそうですけれど。


・獣の奏者エリン : B → B

政治の話もメインストーリーに絡んできて、いよいよ大詰め感が漂ってきました。
放送時間帯的にちょっと話が重い気もしますが、100%理解できなくても、再放送などで後から思い返してもらえれば良いのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »