« 甥っ子の高校入学祝いと今どきの電子辞書 | Main | 超私的アニメ批評 2010年2月、3月期 »

April 03, 2010

御柱祭を観てきました。

P4031474
7年に1度の「御柱祭」が昨日から始まったとのことで、早起きして観てきました。 4月になったとはいえまだ寒く、朝は手足が凍え、昼の待ち時間でも陽が陰ると寒さを覚える陽気でしたが、氏子衆たちは勇壮に冷たい川に入って柱を運んでました。滅多に観られるものではないので、良い経験をしましたです。

ってこれじゃニュースとかわらんか(^_^; んじゃ時間順にだらだらと書きましょうか。

朝4時起きで私は一人でバイクで行きましたが、別に車で深夜に出発していた友人たちと合流するつもりでいた立ち寄り温泉の待ち合わせに遅れ、ようやく合流できたのが9時過ぎ。10時の「木落し」には間に合いましたが、あれよあれよという間に落ちていってしまう様子は、ちょっと遠くてよく見えませんでした。
その後すぐに「川越し」の会場の河原へ。さすがに予定の3時間(以上)前だけあって、よく見える場所を取れましたが、待ち時間が長い(^_^; 天気は晴れていましたが風はまだ冷たく、陽が陰るととたんに寒さを覚える陽気の中、現地・諏訪在住の古い友人も合流してみんなして少し震えながら待っていました。
お待ちかねの「川越し」ですが、これがまたじれったい(^_^; いろいろ儀式やら段取りなどがあるんでしょうけど、なかなか先に進まないんです。客席にはなんのアナウンスも解説もないので「まだかー」「早くしろー」なんていうヤジが飛ぶほど。結局は上記の通りに、川に柱を落として向こう岸に引き揚げるまでを勇壮に、かつ無事故で執り行ったので、良いんですけどもね(^_^;
今日は4本を順に送るとのことでしたが、帰りが遅くなるとまた寒くなるし渋滞するし、1人は夕方から東京で用事があるし、ということで早々に引き揚げました。そうそう、引き揚げる途中で3本目が街を通るところに遭遇しました。街を通るだけなら御神輿とかだんじりと同様なんでしょうけど、御柱祭はなぜかラッパと太鼓、さらにホイッスルで囃し立てるんですよね...日本の、古くからあるお祭りなのに、なぜ ? まあ、それもあって「奇祭」と呼ばれる...わけはないか(^_^;

|

« 甥っ子の高校入学祝いと今どきの電子辞書 | Main | 超私的アニメ批評 2010年2月、3月期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/47987580

Listed below are links to weblogs that reference 御柱祭を観てきました。:

« 甥っ子の高校入学祝いと今どきの電子辞書 | Main | 超私的アニメ批評 2010年2月、3月期 »