« August 2010 | Main | October 2010 »

September 27, 2010

「Red Dead Redemption」先行体験会に行ってきた

このレビューはWillVii株式会社の企画に参加し、掲載しています。なおこの記事の掲載によるブロガーへの金銭報酬は一切なく、本文章の掲載以外に記事への関与も受けていません。
Rdr_multiplayer_099
土曜日の話ですが、先行体験会に参加させていただきました、「Red Dead Redemption」。 海外では発売済みで、すでにたくさんのメディアで取り上げられているので、ここの紹介はさらっと簡単にしておきます。
タイトル: Red Dead Redemption (レッド・デッド・リデンプション)
機種: Xbox360、Playstation 3
発売日: 10月7日
価格: 7,340円
販売: テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
開発: Rockstar Games
(日本語版公式サイト)
オープンワールドタイプの西部劇アクションゲームです。 一応メインクエストはありますが基本的には、自由に広大な世界を移動し、 ストーリーを進めたり、 賞金稼ぎとして犯罪者を捕まえたり(殺したり)、 逆に一般人に悪事を働いて自分が賞金首になっちゃったり、 動物を狩ったり、 などなどけっこう自由にできます。

また、オンラインマルチプレイモードもいろいろあって、
一緒にクエスト/ミッション/狩りをしたり、
他のグループと対決/決闘したり、
などなどなど。

...相変わらず説明が下手ですね。すみません、他の紹介ページも参考にしてください。

Rdr_multiplayer_113

んで、体験会の話。前半は我々が操作に慣れるため序盤のストーリークエストを、後半はマルチプレイをそれぞれ触られてもらいました。

触られてもらったメインクエストは「賞金首の悪党一味のアジトをつきとめて襲撃、ボスを捕獲or殺す」というものでしたが、まさに映画を操作しているかのようでした。いやお世辞じゃなくて。気分はクリント・イーストウッドw

プレイして気がついたのは「どこに行けばいいか」「何をすればいいか」を見失わない、親切な、マニア以外にも間口が広い、ユーザインタフェイスですね。
クエスト受領中はその目的地、それ以外では全体マップ画面で行き先を指定したら、そこまでの道順がカーナビのように地図に表示されます。マーカーも出ているし。
最近のゲームではわりと当たり前になりつつありますが、馬に近づくと「Bボタンで馬に乗る」というように、何かアクションができるときはどのボタンを押せばいいのかのガイドも出ます。
ほか、「覚えなければならない操作」はわりと少なくて、都度どのボタンを押せばどうなるのかを見てから判断できるようになっているので、操作に関して「どうするんだっけ」ということは(まず)ないと思います。
そしてオートエイム。設定で切れますが、銃を向ければ対象の中心に照準が当たってくれます。これも「親切ユーザインタフェイス」ですね。
このあたり、よく練り込んで作ってあるな、と感心しました。

Rdr_multiplayer_116

後半はマルチプレイ大会でした。

まずは上記とは違う「悪党一味のアジトを襲撃する」クエストを8人で。馬に乗って集団で移動する様はさながら暴走族のようでしたが、まあゴロツキという意味では似たような感じでしたかね(^_^;
即席チームなのでたいしたチームプレイはできませんでしたが、それでも独りでAIに助けてもらいながらよりも中身のある協力プレイができて、達成感がありました。
そうだ、質問タイムに聞きそびれましたが、独りプレイと協力マルチプレイとの切り替えはスムースなんでしょうかね ?

続いてはチームに分かれて、または個人での対戦。
対戦はモードがたくさんあり、いくつかプレイさせてもらいましたが、チーム対抗戦が熱いですね。
Capture the flagならぬCapture the bagでは仲間に援護してもらいつつバッグを味方の陣地まで運んで得点王になったり、別のバッグ争奪戦ではバッグそっちのけで殺し合いになってしまったり。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。この辺の楽しさはFPS共通ですね。むしろ西部劇という、普段とは違う意味の「ファンタジー」が楽しいです。

Rdr_multiplayer_124

総括というか私の感想は、「体験会に行かなければよかった」です。
...買いたくなっちゃったじゃないですか。というかアマゾンで注文しちゃいましたよ。
ただでさえこれから年末にかけてたくさん購入予定なのに、また出費が増えましたよ ! (苦笑)

全体的に「西部劇」をよく再現している、というかさすがアメリカの会社だけあって「本物の西部劇」を体験させてくれます。画面は去年アリゾナの西部劇テーマパークで見てきた & その周辺の自然の風景そのまんまですし、シナリオ・演出は映画等で見たことがあるような展開が目白押しです。
また西部劇はそれほど知らなくても「銃がメイン武器のファンタジー世界」として、このゲームを楽しめると思います。
体験会で「宣伝して」と頼まれたからではなく、自分でプレイして面白かったので、オススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

超私的アニメ批評 2010年7月、8月期

2ヶ月分まとめて。1クール新番組がもう終盤になってますけども。

[ 新番組 ]

・生徒会役員共 : D

原作はマガジン連載を読んでいます。
よくアニメ化したなぁと思います。ストレートな下ネタとチビネタばかりで正直アニメ化されるほど売れているとは思っていませんでした。
アニメになって、ばかばかしさに拍車がかかって、「これはこれで」と思えるようになりましたが、もっとはじけてしまってもよかったかもしれません。


・世紀末オカルト学院 : B

原作は...あるのかどうかも知りません。「アニメノチカラ」シリーズはオリジナル作品だったような...。
11年前にノストラダムスの予言が的中した未来から世界を救いに来た、というスタート地点はよいのですが、いかんせん話が脱線しすぎ。というかもっと掘り下げたり膨らませたりできるところを無駄話で時間を浪費してしまっている気がします。
どうせあの人もあの人も未来人なんでしょうから、もっと伏線やら対決やらしても良かったのではないかと思います。惜しいなぁ。


・アマガミSS : B

原作ゲームは2人ぐらいクリアしていたと思います。
前作「キミキス」で不興を買ったのを反省して(?)か、他の同様ゲームのアニメ化作品も参考にしてか、ヒロインごとのオムニバスというかまったく独立したストーリーになっています。つじつま合わせに汲々とするぐらいなら、こっちの方が潔くていいですね。
ゲームの特徴(?)とも言えるお馬鹿シナリオのせいか、「泣き」よりも「笑い」の方に傾いた展開で実にアマガミらしい出来だと思います。

2話目の音響がおかしかったのは何だったのだろう... ? トラックダウン時に何かミスったのかいな。


・ストライクウィッチーズ 2 : D

1期目は観てました。原作は...ありましたっけ ?
2期目。ここまでのところ、さっぱり「ないようがないよう」です。毎回ハダカ(規制あり)が出てくる「サービス回」状態。ストーリーとくに進展無し。ディスク販促にしてもひどすぎる。
あと4話、とってつけたような戦闘を入れて終了ですか ?


・学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド : C

原作は読んでいません。
話数が進むにつれてゾンビがただの「(何も怖くない)障害物」になってしまって、別にゾンビでなくてもいいんじゃないの、という気になってきます。
この先どう収拾をつけるのかが気になりますが、原作も完結していないようですし、投げっぱなしで「俺たちの戦いはこれからも続く」で打ち切られないかが心配です。


[ 継続 ]

・けいおん !! : A → A

学園祭ライブの回はいいお話でした。
他は軽音部である必要がないような「高校生生活日記」ですね。「あずまんが大王」でも観たことがあるような。卒業して終了まで、この調子を維持して欲しいです。


・こばと。 : C+ → C+

「他人のお世話」よりも身近な人たちの話の比率がぐっと高くなりました。
一つ一つ解決して、最後にきっちり大団円になるように計算されているさまが見ていてわかります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2010

健康診断 2010

定期検診を受診しました。3年ぶり...あれ ?

その間に2回転職して、いろいろ待遇タイミングが悪くて間が空いてしまいました。

以下自分用メモ。

身長 : 一番高かったときから3mm縮んでるが、ここ数年は誤差範囲。
体重 : 鍛えていないのに増加。つまり、このお腹の緩みはちょっとまずいということ。見た目はガリなのに。
視力 : なぜか今日は絶好調で1.5(裸眼)。でもすぐに疲れちゃうので変なメガネしないと仕事できない。「すでに老眼が始まってる」とも言われてる。

血液 : よかった、赤かった。...ではなくて、毎回「サラサラ過ぎ」なので今回はどうか。
他 : 前回(3年前)、肝臓エコーで再検査しているが、今回はどうだろう...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »