« まとめ。MP57-dへのVMWare ESXi4.1インストール方法 | Main | 謹賀新年 2011 »

December 31, 2010

超私的アニメ批評 2010年12月期

今年もたくさんアニメ観ました。来年もアニメ漬けでしょうw

[ 今月で終了 ]

・俺の妹がこんなにかわいいわけがない: C+ → C

原作が未完だからか、無理矢理に「一段落つけた」感じですね。
一部「謎」のままの設定とか、二期目に持ち越しのようです。


・荒川アンダー ザ ブリッジX2: B → B

原作が未完だからか、核心部分の種明かしはさっぱりされないままでした。
もっとも、ヘラヘラとした「彼らの日常」がこの作品の持ち味なので、そのままでいいんですけども。
三期目も楽しみです。


・おとめ妖怪ざくろ: B- → B

少年マンガにも通じるような、すがすがしい「王道」の佳作でした。
続きがあるなら二期目を作って欲しいです。


・侵略 ! イカ娘: A → A

ゲラゲラとした「面白い」というよりは「和む」という形容がぴったり来るような、ほっこりとする作品でした。
1クールだけとは短すぎです。ぜひ二期目をやってください。ここまで人気出たんだから次はゴールデンタイムに進出して欲しいです。


・そらのおとしもの f: E → E

一期目同様、取って付けたような、とりあえずの「締め」を設定して一区切りつけた感じ...というか締め方が一期目と同じじゃないですか。


・ヨスガノソラ: C- → C

最後は近親相姦とか、これから規制が強くなるのを見越して「今のうちに」と作られたんじゃないかと思うぐらい、いいタイミングで放送されました。
多少、話の展開が速いところもありますが、共通ルート込みで1ヒロインごとに4話、見せ場(濡れ場?)もたっぷりで、よく構成されていると思います。
「ディスク買えば全部丸見えです」系作品のひとつの金字塔でしょう。


・それでも町は廻っている: A → A

最終回に違和感がありました。
この作品ではそういう「締め」というか「これで(仮に)おしまい」にする必要はなかった気もします。
なかったらなかったで「半端に終わった ! 二期目やらないと承知しないぞ !」と思うんでしょうけども(笑)。


・パンティ&ストッキングwithガーターベルト: C → C

最後のオチはともかく、最後までこのクソ下品なノリを貫いたことを評価したいです(苦笑)。
よく企画が通って予算が出たな、と感心します。


・海月姫: B → B

最後はバタバタとご都合的に話が進みましたが、結局は恋愛話もアパート周辺再開発もうやむやで、ちょっと「投げっぱなし」感がします。


・アマガミSS : B → B

ゲーム中からイベントを抜粋して、ヒロイン毎に綺麗にまとめられたオムニバスでした。
最後の隠しヒロイン(?)はゲームでは出していないので、本当にああいうシナリオなのかどうか、よくわかりません。


[ 継続 ]

・STAR DRIVER輝きのタクト: A- → B+

うーん、ちょっと中だるみっぽい気が。
長ーいキャラ紹介を見ているようで、本筋がどこにあるのかよくわかりません。


・バクマン。: B → B

相変わらず原作通りですが、それでいいと思います。って先月も書きましたか。

|

« まとめ。MP57-dへのVMWare ESXi4.1インストール方法 | Main | 謹賀新年 2011 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/50451347

Listed below are links to weblogs that reference 超私的アニメ批評 2010年12月期:

« まとめ。MP57-dへのVMWare ESXi4.1インストール方法 | Main | 謹賀新年 2011 »