« November 2010 | Main | January 2011 »

December 31, 2010

超私的アニメ批評 2010年12月期

今年もたくさんアニメ観ました。来年もアニメ漬けでしょうw

[ 今月で終了 ]

・俺の妹がこんなにかわいいわけがない: C+ → C

原作が未完だからか、無理矢理に「一段落つけた」感じですね。
一部「謎」のままの設定とか、二期目に持ち越しのようです。


・荒川アンダー ザ ブリッジX2: B → B

原作が未完だからか、核心部分の種明かしはさっぱりされないままでした。
もっとも、ヘラヘラとした「彼らの日常」がこの作品の持ち味なので、そのままでいいんですけども。
三期目も楽しみです。


・おとめ妖怪ざくろ: B- → B

少年マンガにも通じるような、すがすがしい「王道」の佳作でした。
続きがあるなら二期目を作って欲しいです。


・侵略 ! イカ娘: A → A

ゲラゲラとした「面白い」というよりは「和む」という形容がぴったり来るような、ほっこりとする作品でした。
1クールだけとは短すぎです。ぜひ二期目をやってください。ここまで人気出たんだから次はゴールデンタイムに進出して欲しいです。


・そらのおとしもの f: E → E

一期目同様、取って付けたような、とりあえずの「締め」を設定して一区切りつけた感じ...というか締め方が一期目と同じじゃないですか。


・ヨスガノソラ: C- → C

最後は近親相姦とか、これから規制が強くなるのを見越して「今のうちに」と作られたんじゃないかと思うぐらい、いいタイミングで放送されました。
多少、話の展開が速いところもありますが、共通ルート込みで1ヒロインごとに4話、見せ場(濡れ場?)もたっぷりで、よく構成されていると思います。
「ディスク買えば全部丸見えです」系作品のひとつの金字塔でしょう。


・それでも町は廻っている: A → A

最終回に違和感がありました。
この作品ではそういう「締め」というか「これで(仮に)おしまい」にする必要はなかった気もします。
なかったらなかったで「半端に終わった ! 二期目やらないと承知しないぞ !」と思うんでしょうけども(笑)。


・パンティ&ストッキングwithガーターベルト: C → C

最後のオチはともかく、最後までこのクソ下品なノリを貫いたことを評価したいです(苦笑)。
よく企画が通って予算が出たな、と感心します。


・海月姫: B → B

最後はバタバタとご都合的に話が進みましたが、結局は恋愛話もアパート周辺再開発もうやむやで、ちょっと「投げっぱなし」感がします。


・アマガミSS : B → B

ゲーム中からイベントを抜粋して、ヒロイン毎に綺麗にまとめられたオムニバスでした。
最後の隠しヒロイン(?)はゲームでは出していないので、本当にああいうシナリオなのかどうか、よくわかりません。


[ 継続 ]

・STAR DRIVER輝きのタクト: A- → B+

うーん、ちょっと中だるみっぽい気が。
長ーいキャラ紹介を見ているようで、本筋がどこにあるのかよくわかりません。


・バクマン。: B → B

相変わらず原作通りですが、それでいいと思います。って先月も書きましたか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2010

まとめ。MP57-dへのVMWare ESXi4.1インストール方法

AOpen MP57-dVMware vSphere Hypervisor (ESXi) 4.1をインストールする方法のまとめ。

...と言っても、スクリプトを実行してカスタムISOイメージを作ってしまえばあとは普通にインストールできるのでたいした話ではありませんが、これから同じことをしようとされる方の人の参考になれば。
価格.comにも同様のレビュー投稿をしました。
( (2)のスクリプトの実行にLinux環境が必要だと思います。cygwin等では試していません。 )

(1) 下記フォーラムから、82578DC用のドライバoem-8086-10f0-v1119.tgzをダウンロードする。
http://www.vm-help.com/forum/viewtopic.php?f=12&t=2194&start=0

(2) 同様に下記サイトから、カスタムISO作成スクリプトmkesxiaio_4.1.shをダウンロードする。
http://code.google.com/p/mkesxiaio/

(3) VMWareのサイトから、ESXi4.1のインストールイメージISOをダウンロードする。
http://www.vmware.com/products/vsphere-hypervisor/

(4) 同一ディレクトリに(1)~(3)のファイルを置いて、mkesxiaio_4.1.shを実行する。

(5) メッセージに従って選択していき、「pci.idsの編集をするか ?」にyを押してpci.idsの編集を行い、下記の1行を追加する。インテルのNICの行が並んでいる中、私の場合は「10e5」と「10ec」の間に挿入。
10ea 82577LM Gigabit Network Connection

(6) 同様にsimple.mapに下記の1行を追加する。「8086:10e5」と「8086:10ec」の間に挿入。
8086:10ea 0000:0000 network e1000e2.o

(7) スクリプトで作成した改造インストールイメージISOファイルをCDに焼いて、あとは普通にインストール。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MP57-dにESXiをインストールできた !

過去記事にコメントをいただきました。

ここを見て
http://communities.vmware.com/thread/280107
82577LMなら、e1000e2.oを使えば、ESXiインストールできる。

Posted by: satoshi | December 26, 2010 at 00:02

なるほど、8086:10ea 82577LMにもe1000e2.o(82578DC用ドライバ)が使えたんですね !

早速、pci.idsとsimple.mapにエントリを追加、e1000e2.oを含むoem.tgzを認識させたインストールCDイメージを作り、インストールしてみました。

結果、インストールできました !! ありがとう、正義のsatoshiさん !!

Pc291830

Esxi_mp57d

CPUもメモリ容量も正しく認識されている様子。
でもここからが本番。

すでに運用を始めていたWindowsXPサーバのP2Vイメージ(Paragon Backup & Recoveryを使用)がうまく動いてくれて、基本的なインストール作業は省略できましたが、フリーオを使えなくては意味がありません。今いろいろと設定をいじっているところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2010

光明。動かしてる人がいた ! ~ MP57-dにESXiをインストール計画(3)

前回であきらめてましたが、続きました。

私がインストールディスクにいろいろと小細工して悪戦苦闘している間に、価格.comに「ESXi 4.1 動作報告」とのレビューが投稿されていました。

ESXi 4.1 動作報告より抜粋
標準搭載のNIC(82577)が認識しないため、PCI Express mini cardのNIC(82574)を増設しています。(minipc.jpのMPX-574Dを購入)
なるほど、NICが対応していないなら対応NICを積めばいいんですよね。というか拡張ポートがあることを知りませんでした(^_^;

ありがとう、正義のまさちゅあさん ! 私もそれ買ってみます !!

ということでさっそくMPX-574Dを注文しました。続きは届いてから。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 09, 2010

超私的アニメ批評 2010年11月期

やった、10日までに更新できたぞ(苦笑)。

[ 継続 ]

・STAR DRIVER輝きのタクト: A → A-

あれもこれもと展開が速いですが、十分ついて行けてます。
そうでない回もあるにはありましたけども、「新キャラ登場、主人公に挑む、負ける」パターンが多すぎる気がします。


・俺の妹がこんなにかわいいわけがない: B- → C+

いきなり小説を書く→すぐにアニメ化とか「ご都合」にもほどがある、と思いましたが、根本的にご都合世界でした(苦笑)。
相変わらず「うちの兄貴がこんなに面倒見がいいわけがない」のほうが似合いそうな話ばかりです。


・荒川アンダー ザ ブリッジX2: B+ → B

核心に触れかかったと思ったら、また日常に戻ってしまいました。
たぶん残り2回ぐらいで駆け足的にかつ強引に「綺麗な」終わり方をして、3期につなげるんでしょう。
様々なものをてきとーにあしらいながら、へらへらと進めてくれてぜんぜんかまわないわけですけども。

・おとめ妖怪ざくろ: C+ → B-

「悪(っぽい)敵方とのバトル」「ヒロインの出生の秘密」「恋のライバル」等々ベタというか王道というか。でも悪くない展開です。


・侵略 ! イカ娘: A- → A

古い意味での「萌え」ですかね、恋愛したいわけじゃなくて、「カワイー」と愛でていたい、または見守っていたい感じ。
あざとくなく、媚び媚びでもなく、いいさじ加減だと思います。


・そらのおとしもの f: D → E

お馬鹿ネタもそろそろネタ切れというかキレがなくなってきたような...。
核心部分はケリがつくのかどうか。


・ヨスガノソラ: D- → C-

まんまエロゲでしょ、これ(笑)。しかも「エロ イッカイ ズツ」じゃなくて何回もヤってるし。
アニメから原作ゲームへのポロロッカは相当数あるんじゃないかと思います。
しかし、よく放送できたな、これ...。


・それでも町は廻っている: A → A

各キャラクタの魅力をようやく理解しました。
テンポいいしセリフ掛け合いも面白いしで、けっこう気に入りました。


・パンティ&ストッキングwithガーターベルト: B → C

やっぱり「悪ノリ」ですかねぇ。
取り上げるネタ等アメリカンな描写をみると、日本より海外で売り込みたいのかもしれません。


・バクマン。: B → B

原作通りですが、それでいいと思います。
劇中作の詳細な描写にけっこう力が入ってて、スピンオフ作品を作れるんじゃないか、いや作って欲しいぐらいです。


・海月姫: A → B

ちょっと中だるみ気味に感じました。恋愛話になるでもなく、アパート取り壊し騒動ばかりで主人公視点の話が薄気がします。

・アマガミSS : B → B

理穂子編はあまり盛り上がらなかったような...まあ、ゆっくり進展していく過程なのでしょう。
綾辻さん編は、ゲームでも未攻略なのでこれからの展開に期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2010

コメントスパム1日で290件

昨日か一昨日かも数百件単位で通報削除をしましたが、7日付け、いや日付変わったばかりなのにすでに8日付けのものがあって、今まさにコメントスパムが増殖中ですよ。
CAPTCHA有効にしててこの有様ってことは、何か穴が開いててそこからスクリプトで流し込まれているとしか思えないんだけどなぁ。

Photo

どうにかしてよ、Niftyさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2010

断念。Foltia on Ubuntuとフリーオで録画サーバ作成計画

MP-57dにVMWare ESXiをインストールできなかったので、OSを直接インストールして運用しなければなりません。

WindowsXPではすでに録画環境を動かしていてよく知っていますが、サーバとして堅牢度/安定度などを考慮すればLinuxでの運用をしたいところです。
ちょうどFoltiaというアニメ録画に特化した録画システムを知ったので、試してみました。
以下、設定メモ。Ubuntu+フリーオで運用しようとしている、通りすがりの方の参考になれば。

(1) フリーオ用録画ツールをコンパイルする。

http://myth.kariya.cc/friio-mythtv/friio-install/ubuntu-10-04/ の手順に従って、録画ツールをコンパイルし、他設定する。
make時に‘umask’ was not declared in this scopeと出てコンパイルエラーが出たら、そのファイルの頭に#include<sys/stat.h>を追加する。

(2) B-CASカードを使えるようにする。

sudo apt-get install pcscd pcsc-tools sudo /etc/init.d/pcscd start
pcsc_scan でカードを認識しているか確認。

(3) 録画テスト。

recfriio --b25 ch番号 10 出力ファイル名
busyと言われて使えなかったら、sudo rmmod dvb_usb_friioを忘れている。

(4) Foltiaのセットアップ。

Ubuntu Magazine Japan vol.05の記事通り。
ただしffmpegのコンパイル、インストールは http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=786095 の手順に従った。ソースはtrunkのものではなくtags/0.6.1から取得した。

PHPでsqliteを使うための設定が足りない。
sudo apt-get install php5-dev
sudo apt-get install php5-sqlite


セットアップに苦労はしましたが、Foltiaが動作するようになりました。

けど、どうもFoltiaは私の「やりたいこと」には一致せず、またLinux系アプリのわりに小回りが利きません...。
下記のような点が気に入らなくて、結局私はFoltiaの運用を断念してWindowsXP + TvRockの運用を選択しました。
以下、Foltiaを使ってみて不満に思ったところ。読む価値はないので読み飛ばしてください(苦笑)。
今せっせとWindowsXPを入れ直しているところです。


・録画ファイル名から番組名がわからない。

ファイル名が2026-13-20101205-0800.m2tというように、ぱっと見で何の番組の何話目かわかりません。web画面から辿る分にはいいのかもしれませんが、私はtsファイルを別途保存したいのにこれでは分類ができません。
ファイル名の要素から管理DBを参照して番組情報を取得してリネーム、もできなくはないようですけども。他の面倒ごとにつきあわされそうなのであきらめました。

・画面が操作しづらい。

録画予約時、解除時の挙動など、ユーザインタフェースがこなれていません。
録画した番組のts(m2t)ファイルは「録画一覧」からしか見つけられないようですし、番組名、各話タイトル名などがいちいちしょぼいカレンダーにリンクされていて、不用意にクリックするとよそに飛ばされます。

しょぼいカレンダーに頼りすぎ。

しょぼいカレンダーに登録がない番組はEPG番組表から録画予約するしかありません。まあそれはいいのですが、録画記録に番組名(番組ID)すら残りません。上記しましたがファイル名に番組名が入らないので、これでは後で何の番組かさっぱりわかりません。
そしてしょぼいカレンダーの更新が滞ったりサービス終了などした場合にどうするのか。「そのとき考えればいい」のでしょうけど、こちらは毎週何十本と録画しているので悠長なことは言って録画を止められません。

・動作ログが残らない。

まったくログらしいものが見当たりません。
エラーなしに運用できればいいのですが、自動録画予約などを使うと知らないうちに重複録画になったりしてエラーが発生するものです。また、何らかの障害で録画時に信号が弱くなってドロップフレームが発生したりしたときにログが残っていないとその障害すらも関知できません。

・セットアップが難しすぎる。

Linuxアプリだからしょうがないのかもしれませんが、今どき「インストーラなし」「オフィシャルドキュメントが特定ディストリビューションだけ対象、しかも記述が古い」という有様です。セットアップ方法の解説で8ページの雑誌記事になるほどです。その記事も一部誤記があったり足りない記述があったりで、ものすごく苦労しました。
20年ほど前の「Linuxインストールブーム」を思いだして、ちょっとめまいがしました...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無駄なあがきでした。MP57-dにESXiをインストール計画 (2)

前回からの続き。
8086:3bxxだらけなのと、ESXiにすでに用意されているpci.idsに8086:3axxが並んでいることから、3axxの行を3bxxに複製してみました。ドライバは3axxにもないのでsample.mapはNIC以外にいじらず。

...ダメでした。やっぱりlvmdriver読み込まず。

もう今の自分にはどうしようもないので断念しました。
正式(?)にESXiが対応するまでは、UbuntuなりWindowsXPなりを直接インストールして運用するしかなさそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »