« 「エースコンバット アサルト・ホライゾン」ブロガー体験会に行ってきた (前編) | Main | 3ゾロ »

July 22, 2011

「エースコンバット アサルト・ホライゾン」ブロガー体験会に行ってきた (後編)

このレビューはWillVii株式会社の企画に参加し、掲載しています。なおこの記事の掲載によるブロガーへの金銭報酬は一切なく、本文章の掲載以外に記事への関与も受けていません。
前編からの続き。
Acah_e3_cutscene_008
開発途中バージョンをプレイさせていただきました。 戦闘機によるミッションと、攻撃ヘリによるミッションそれぞれをプレイしました。

まずは戦闘機ミッションから。画面の印象がガラッと変わりましたが、操作感覚は従来シリーズと変わりませんね。初心者向けの「スタンダード操作」はさらに初心者に優しくなったとのことですが、私はすぐに「オリジナル操作」に切り替えました。

Acah_demo_ms01_05

遠距離では敵機の後ろについて、ロックオン、ミサイル発射。でもなかなか当たりません。
ある程度の距離まで近づくと、「LB+RB同時押しでDFMが発動する」と表示される(設定で表示しないようにもできます)ので、その通りにLBとRBを押すと、ちょっとズームされてDFM画面に切り替わります。移行はスムースです。
DFMモードでは敵機の後ろを追尾しやすくなり、また(ちょっと)ズームされているので機関銃で狙いやすくなりますね。そして長時間(数秒)背後を取っているとロックオンして(当たりやすい)ミサイルが撃てます。
こうして敵機にダメージを与えていくと、破片を飛び散らせたり煙を噴くようになり、最後には空中分解や爆発を起こして撃墜、となります。このあたり、先のプレゼンの通りに、ねちっこい、凝った演出で写実的に表現されていました。
Acah_demo_ms01_09

また、機体の基本操作からロックオンの仕方、DFMでの撃墜の仕方等を教えるチュートリアル的なステージだったのですが、「チェックポイント」が細かく切ってあり、また次から次へとたくさんの「指示」に従って進めていく構成になっていて、間延びや中だるみがしないように工夫されているようでした。
最後にはライバル機も登場し...おっと、ネタバレになるので結末は書かないでおきます。すみません。
Acah_demo_ms01_14

攻撃ヘリのミッションも、同様に操作方法から教えてくれるチュートリアル的なステージのようでした。
が、要求される操作内容がだいぶ難しく感じられました。最初は「目標物を破壊しろ」程度だったのですが、「味方地上部隊を援護して、行く手を阻む敵部隊を排除しろ」、「重要人物を連れ去ろうとしている敵兵だけを撃て」、「敵攻撃ヘリを撃墜しろ」、「味方が占拠した建物に、敵部隊が近づくのを阻止しろ」等々、大忙しです。
初プレイで操作に慣れていないため、何回か失敗しているうちに体験会が終わってしまいました。
Acah_ah64050
Acah_ah64043

攻撃ヘリモードは、戦闘機と移動速度・高度が違うためか、建物等のオブジェクトが詳細に作られていました。後の質疑応答で河野さんがおっしゃるには「開発チームから「ヘリモードは全く別のゲームを作るようなものなので、工数がかかりすぎる。止めてくれ」と言われたが、それでも「作れ」と指示した」とのことで、開発に苦労されたのだと思います。でも建物一つ一つ丁寧に作られていて、ちゃんと「街」になっていましたし、そこで敵味方の歩兵部隊、車両が動いていて「戦闘をしている」様子はちゃんと作られていると思いました。
...一般市民は見かけませんでしたが、既にどこかに避難しているんでしょう(苦笑)
Acah_ah64053

続いて質疑応答です。河野さん自らが回答・解説してくださいました。

が。

いろいろお話を聞けたのですが、「やっぱりこれはオフレコで」という話が多くて、ここで書けることはあまりありません。すみません、今後の各種メディアへの公開情報を参照してください。
私が質問した、「過去シリーズでは恒例の、巨大兵器類は出るのか ?」について、「今回はリアルにありそうな兵器しか出さない。なので過去にあったような大型空中兵器のようなものはない」とは回答していただきました。

P7182000

最後に、特別な「お土産」をいただきました。
高画質プリントアウトに河野さんの直筆サイン ! 嬉しくて早速フレームに入れて玄関に飾りましたですよ。ありがとうございました !!
(それが前編冒頭の写真)
Acah_e3_flightassist01_042

まとめ。
従来からのシリーズのファンには、「劇的に進化したAC」として期待を裏切らない出来になっていると思います。少なくとも私の期待はますます膨らみました。
こういう「フライトもの」に慣れていない新規の方も、スタンダード操作(簡易操作)とDFM・ASMとで楽しめる作りになっていますので、大丈夫でしょう。
気がかりは体験できなかったネット対戦だけですかね...ほかは安心していいと思います。私は予約をキャンセルせず、そのまま購入します。
Acah_e3_cutscene_010

|

« 「エースコンバット アサルト・ホライゾン」ブロガー体験会に行ってきた (前編) | Main | 3ゾロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/52273470

Listed below are links to weblogs that reference 「エースコンバット アサルト・ホライゾン」ブロガー体験会に行ってきた (後編):

« 「エースコンバット アサルト・ホライゾン」ブロガー体験会に行ってきた (前編) | Main | 3ゾロ »