« August 2011 | Main | November 2011 »

October 24, 2011

山本正之 コンサート Vol.29 スタンダードショー 「美しい港」

土曜日(22日)の話。

秋川キララホールで行われたライブに行ってきました。2009年10月の吉祥寺以来2年ぶりになりますね。

今回のキララホールは初開催で、正直遠かったです。
理由を、ライブ前は「スタンウェイのピアノがあるからじゃないのか」とか勝手に思っていましたが、一部正解だったようです。「ライスシリーズ」の新曲「卒業の味噌汁ライス(要するにぶっかけご飯)」内で明かされた理由は、駒沢大学時代の友人が来年の定年までここの館長をしていることがわかったから、でした。

以下、曲紹介と、ちらほらと感想を混ぜたグダグダ文...。


構成は「いつも通り」。まったくの「スタンダードショー」的セットです。
アニソンメドレーでは新曲「ほんわか戦士タコヤキンガーZ」のフルバージョンが初披露、
当初予定になかった「人妻セレナーデ」が昨晩急に歌詞が思い浮かんで追加され、
ひれ伏して、
「江」に刺激されてか「時代劇シリーズ」は関ヶ原が題材、
「美少女シリーズ」のハカセとカワセくんは南米に行き。

「味噌汁ライス」はキララホールを選んだわけが明らかになり、続く「下宿町挽歌」で昭和の学生時代を語り。

シリーズ連覇と監督解任で、例年にないご機嫌で(苦笑)「燃えドラ」と応援歌を歌い上げ。

スタンウェイのピアノを自ら弾きながらの2曲と、ギターに戻って「ニューヨーク恋愛物語シリーズ」とで都合3曲ニューヨークにかぶれ。

続いて「秋はあきとて」...あれ、どんな曲だったっけ。次の曲で吹っ飛んじゃって憶えていません...。


さて今回の山場、「長編シリーズ」。ライブ前から「何かしら言及はあるだろう」と思ってた、「最愛の教え子」川上とも子さんに捧げる「長編 アノ世ノ果テ」でした。
歌詞中に彼女との想い出をあまり入れず、いつまでも悼んで悔やむ歌ではなく「サスクハナ号シリーズ」のように未来に前向きになる歌にはなっていましたが、それでも彼女の元気な声が聞こえてくるようで、涙が止まりませんでした。
他にも客席のそこかしこから鼻をすする音が聞こえてきました。
機会があればまた彼女の元気だった頃の想い出とか聞かせてほしいですね...。

「アノ世ノ果テ」歌詞中に「先生、いつか私に歌を作ってください。それを私が歌います。そして、それ歌をまた先生がライブで歌ってくださいね」と約束をした、とありました。MCでは何も言われませんでしたが、続く「やんちゃマーブルブルース」はその「約束の歌」だったんだと思います。

ラスト「美しい港 PORTO BELLO」は震災でショックを受けてしばらく曲が書けなくなってしまったところをクロマニヨンズの甲本ヒロト(元弟子)との長電話をきっかけに「きれいごとを言おう」「がんばろう、じゃなくて、がんばるしかないんだ」と開き直ってから作った曲とのこと。一日でも早く東北の美しい港の風景が戻ってくることを、祈るではなく私も何か手伝えたらと思います。

アンコールは「LIFE」とスタンウェイ弾き語り版「月の動物園」で〆。
セットリスト的には18曲ですが、3時間超のライブでした。

もう60歳になったとことで、若干Jijy的な言動が近年見られてきましたが、まだまだ3時間ギターかき鳴らすライブができるほど元気だし、毒吐きも相変わらず(苦笑)なので、この先10年でも20年でもライブをやってくれることを期待します。

年末のリクエストショーの次は、もう来年3月に吉祥寺スターパインズカフェを2日間押さえているそう。2日共は無理でも1日だけでも行きたいかな...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2011

ルータ故障 2011

昨晩までは稼動していた家のルータ(2004年7月に購入したマイクロ総研のNetGenesis SuperOPT-GFive)が、今日突然電源が入らなくなりました。
これで3回目の故障です。1回目は2006年6月、有償修理で3250円かかりました。2回目は2008年4月。なぜか無償交換でした。以前は2年おきに故障してたのが、今回は3年半保った ? 交換対応で耐久性が上がった ??

それはともかく。修理依頼・見積フォームに記入して、送る準備を始めます...。

1つ前のルータをそのまま保存しておいてよかった...。

[10月27日 追記]
21日(金)にFAXで見積もりが届いて、日曜日に修理を依頼。
そして26日(水)に不在通知が届き、今日27日(木)受け取りました。
故障箇所はまた「ACアダプタ」。修理内容も「ACアダプタ交換」でした。2000円+送料850円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2011

超私的アニメ批評 2011年8・9月期

半月遅れてしまいました。「2011年夏期後半」分です。

[新番組]

・侵略!?イカ娘 : A

原作は読んでいません。前期は観ました。
これは評価軸が「面白いかどうか」ではなく「イカちゃんがかわいい」になってしまうという、恐ろしい作品です(笑)。たいした内容がない、「やおい」でも許せてしまう不思議。
子供も安心して観られるアニメなので、この2期の評判も良ければ、次はゴールデンタイムとか土日の朝に移動するかもしれませんね。

[ 今月で終了 ]

・うさぎドロップ : A → A

原作全部読みました。
アニメは4巻までですかね。「いきなり子供を引き取った独身男が「父親」としての自覚を持つまで」という一種の「成長物語」でした。
子供のしぐさ、職場、他の子の父兄等々、今どきのリアリティのある描写がうまく、現代版「パパと呼ばないで」と言っても過言ではないと思います。
原作5巻以降は...どうだろう、アニメで観たいような観たくないような。


・まよチキ! : D- → D-

原作が続いているからでしょうけど、中途半端に終わってしまったような...。
2クール目も続くのかと思ったら[終]マークがついていました。


・バカとテストと召喚獣にっ! : C → D

原作が続いているからでしょうけど、中途半端に終わってしまったような...。
数話で原作1巻分(と思う)の構成は、時間配分的にはちょうどいいと思います。
でも、それぞれのエピソードのつながりが希薄で、散発的なのが残念でした。


・ゆるゆり : C → B-

後半から魅力がわかってきた気がします。この作品も「面白いかどうか」ではなく別の評価軸が存在するんだと思います。
突拍子もないことを始める女の子たちのドタバタでしたが、不思議な魅力がありました。「まぬけ時空」とか別空間、異世界に引きずり込まれたような感じ。


・シュタインズ・ゲート : A → A+

いつにも増して最後は駆け足気味でしたが、長大な原作シナリオをよくこの話数に詰め込んで魅力を伝え切れたものだと感心します。
「世界線」、「記憶だけの過去逆行」といった斬新(?)な理論による「時間旅行モノ」として、金字塔を打ち立てた、は褒めすぎですか ? 私はけっこうシビレてしまいました。
「別の世界線の話」としていくらでもサイドストーリーを作れてしまうという点でも、「うまく考えたな」と感心しますw 劇場版がどの世界線の話なのか、気になります。


・花咲くいろは : A- → A

主人公3人娘のみならず、旅館の人たち全員での「青春もの」と言えるような、ちょっと青臭い、前向きな〆めで、私も元気をもらいました。


・逆境無頼カイジ 破戒録篇 : B- → C

わかっていましたが、パチンコ編は、一つ一つ障害をクリアして攻略していく描写も丁寧に作られていましたが、ちょっと話が長かったように思います。
いつ観てもひたすら同じパチンコを打ってる、ちょっとずつしか違いがなく、数話飛ばしてもたいした影響がない。
原作からそうだったとはいえ、工夫が欲しかったところです。


・TIGER & BUNNY : B+ → A

結局、「Next Generation」より先に娘が重要なキーになってしまいました(苦笑)。
全体の印象としては「大団円」に近いですが、モヤモヤしたものが残されているのは、次シリーズの構想があるからでしょうか。
続けて欲しいですが、主人公交代もなんだか寂しいですね。


[ 継続 ]

・アイドルマスター : B- → A-

「売れないアイドル、やっとブレイク」ですね。1話1話丁寧に、かつ全キャラの魅力を引き出すように作られていて、スタッフの熱意と力量に感心します。
この先はゲーム版「2」に沿ったストーリーも予想されますが、うまく「アイマスらしさ」を出してまとめて欲しいと思います。


・輪るピングドラム : A → A

ストーカー話から、もっとややこしい、大げさな話へ...監督お得意(?)のヘンテコ世界も登場(いや、最初から出てた?)して、理解しづらさに拍車がかかってしまいました。
毎回目が離せません。そして、たぶん、最終回後は通しで見直さないとなにがなんだか狐につままれる気持ちになると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | November 2011 »