« 自炊4日目の自炊速度 | Main | 「あの花BD最終巻発売記念イベント」に参加してきた ~前編~ »

November 14, 2011

超私的アニメ批評 2011年10月期

既に「10~12月期前半」ですね。

[ 口上 ]

以前ゲーム業界で働いていた関係で、アニメも知ってないといけなかった...という口実で(苦笑)、今でもアニメをたくさん観ているのです(学生時代とかはあまり観てなかった。これ本当)が、ただダラダラ観ているだけではもったいないので、こんな感じで評論家のまねごとをしています。
でも、文章とかヘタなので「どこが気に入った/気に入らない」のかわかりにくいことでしょう(^_^; まあ、「こいつは今こんなのを観て、こんな感じに思ってるのか」程度に読んでください。

ネタバレ回避の意味もありますが、主に面倒なので作品紹介に当たるような文は書きません。あらすじとかはググったりwikipediaで検索してください。

[ 注意 ]

・基本的にABCDEの5段階です。脚本(通しのストーリー構成、各話の展開)、映像(作画/動き)、音響(声優演技、OP/ED曲、劇伴)の順にウエイトがある感じでしょうか。

A: イイ!! 絶対おすすめ。
B: 個人的には合格点。人にも勧められる。
C: つまらなくはないし、見続けられる。
D: ちょっとつまらない。何かの拍子に観なくなるかも。
E: ダメダメ。見続けるのは考え直そうかな。

+/- はその中で上位/下位寄りであることを意味します(おおむね15段階化)。
放送終了時、とくにお気に入りのものにはS(個人的殿堂入り)がつくことがあります。

・この評価はあくまで私個人の独断と偏見による「ただの感想」ですので、世間一般の評価と一致しません。評価に納得できないからと文句を言わないでください(苦笑)。
親類、友人、知人、元同僚、「友達の友達」とかが作品に関わっていても手心は加えていません。

・特定作品を貶めたり、営業を妨げたりなどの意図はありません。

・評価は直感的なので、別作品と優劣を比べるのはあまり意味がありません。(例: C+評価の○○はC評価の××より面白い、とは限らない) むしろ同一作品の評価を時系列で見て「今月は良かった/悪かった」のほうが重要です。

[ 新番組 ]

・バクマン2 : B

第二期です。前期も観ていました。原作はコミックスで読んでいます。
ほぼ原作通りで、原作をよくアニメで表現しています。
コミックスを読み返すつもりでいつも観ています。


・WORKING' !! : B+

第二期です。前期も観ていました。原作は読んでいません。
前期から相変わらずかと思っていましたけど、どうやら今度はラブコメ分が増えた感じ ? ノリは相変わらずなので今期も楽しく観られそうです。


・ちはやふる : A

原作は読んでいません。
スポ根で三角関係で、と王道じゃないですか。それでいて題材が目新しい。これをきっかけに百人一首を勉強する学生が増えるんじゃないですか。
ついでに、主役の役者さんが子供時代も高校生もイイお芝居をしてくれています。(今年亡くなった)川上とも子さんを彷彿とさせる感じで、また今後の活躍が楽しみな人が増えました。


・たまゆら~hitotose~ : B

先に出ているOVAは観ていません。
同じ監督の「ARIA」同様、癒しというか、あたたかいおはなしですね。悪い人はいない、誰も不幸にならない。
そしてベネツィアより「聖地巡礼」しやすいのがいい(苦笑)。どちらもいつか行きたいです。


・ましろ色シンフォニー : E

原作ゲームはプレイしていません。
まあ典型的な「ハーレムゲーのアニメ化」ですかね。それぞれのヒロインのストーリーも詰め込んでしまうと主人公の落ち着きがなくなってしまいますが、これはそれほど「浮気」はしていない印象です。今のところ。


・僕は友達が少ない : D

原作は読んでいません。
一応子供時代の話を伏線にして、トラウマ解消まで、が軸なのかもしれませんけど、どこに向かいたいのかよくわかりません。毎回あれこれドタバタしている様子だけで間をつながれているような。


・機動戦士ガンダムAGE : C

「新作」のはずなのですが、既視感のあるシーンが目白押しです。
また、「ガンダムファン」の評判は芳しくありませんね。制作側も視聴者側も「ガンダムとはこうでなければいけない」と勝手に縛っちゃってるような気がします。
たぶん「ガンダム」とついていなければそこまで問題にはなっていないでしょう。そもそも注目もされなかったかもしれませんけども。
とりあえずは見続けます。


・ベン・トー : C+

原作は読んでいません。
題材の着眼点はイイのですが「出落ち」感は否めませんね。何話も話を作る必要はなかったのでは...。
ただ、私のさらに斜め上を行く展開で度肝を抜いてくれるかも、とちょっと期待しています。


[ 継続 ]

・侵略!?イカ娘 : A → A

休止が2回もありましたが、相変わらずイカちゃんがかわいいです。
毎回テンポ良く詰め込まれた3話構成で、けっこうな見応えがあります。
そうそう、英語の回、シナリオ監修に気を遣ったようで、とくに英語の間違いは見当たりませんでした。


・アイドルマスター : A- → A-

各キャラの見せ場的なものとライバル事務所との諍いとのバランスがよく、アニメ当初はキャラクタの判別がつかなかった人でも最後までには馴染めているのではないかと思います。そしてディスクを買ってもらって最初から見直してもらう目論みでしょうか。
それはともかく、既存ファンにも上手くアピールできていると思います。


・輪るピングドラム : A → A

二転三転。あの人もこの人もメインストーリーの関係者で、「実はこうだった」のたたみかけ具合がめまぐるしいほどです。
ラストまでもう1山2山あると思います。どんな結末になるのか、まったく目が離せません。

|

« 自炊4日目の自炊速度 | Main | 「あの花BD最終巻発売記念イベント」に参加してきた ~前編~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/53245184

Listed below are links to weblogs that reference 超私的アニメ批評 2011年10月期:

« 自炊4日目の自炊速度 | Main | 「あの花BD最終巻発売記念イベント」に参加してきた ~前編~ »