« レビュー企画参加記事 iOS版「MASS EFFECT INFILTRATOR」(EA) | Main | 新築マンション購入記 : 内覧会 »

March 27, 2012

レビュー企画参加記事 iOS版「Flight Control Rocket」(EA)


この記事はiOS専用ゲーム「Flight Control Rocket」のリリースにともないエレクトロニック・アーツが行うブログレビュー企画に参加して書いています。
本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、レビューのために本タイトルの提供を受けています。また、事実誤認の修正ならびにこの文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。

「MASS EFFECT INFILTRATOR」と一緒にレビューを請け負ったのが、この「Flight Control Rocket」です。

このゲームは、2009年3月にリリースされヒットした「Flight Control」をベースにした続編新作とも言えるものです。私も配信当初からよくプレイしていました。

Img_0004上: 旧作・「Flight Control」
下: 「Flight Control Rocket」Img_0002

舞台が地上から宇宙船に変わりはしましたが、「飛来してくる飛行体を滑走路に導く」という基本ルールは変わっておらず、相変わらず忙しい飛行管制(?)を行うゲームになっています。

旧作では飛行場のデザインが数種ありましたが今作では1つになりました。しかし、それを補って余りある機能追加がされています。

・スコアと併せてコインを稼ぐゲームになった。コインは後記ロボットの購入やコンティニュー、ロボットのメンテナンスに使用する。コインはリアルマネー(iTunesアカウント)で買うこともできる(買わなくてもプレイすれば溜まる)。
・ライフ制になった。3回衝突するとゲームオーバー。コインを払うとコンテイニューできる。
・飛来してくる宇宙船の種類が15種になった。色=着艦場所は3色のまま。
・飛来パターンに緩急がついた。
・得点に「倍率」の要素が加わり、着陸順を工夫して高得点を狙う戦略要素が増えた。
・「得点アップ」「取得コイン増加」「特定の飛行体のスピードダウン」等のサポートロボットでプレイ難度を調整できるようになった。ロボットにはバッテリがあり、ロボットを使用しない・ゲームをプレイしない等時間経過で再充電される。コインでバッテリを買ってチャージすることもできる。

といったところがすぐに目につくでしょうか。

細かいところでは、

・画面に出現する前から飛行体の色が表示され、画面に出現する前にルート指示を出せるようになった。
・長いルートの指定中でも、飛行体がそのルートに沿って方向を変えて飛ぶようになった。
・一度設定したルートを上書きするだけでなく、設定されたルートの端の点から続きを伸ばしてルート設定できるようになった。

等プレイしやすさも向上しています。

旧作から絵柄が子供向けになってしまいましたが、内容は相変わらず大人でも十分に熱中できる作りになっています。
私もついつい連続プレイして、ロボットのバッテリ切れでようやく「また長時間プレイしてしまった」と我に返る状態を繰り返しています。
値段のわりに(失礼?)「繰り返し遊べるゲーム」として、旧作ともどもオススメできます。

|

« レビュー企画参加記事 iOS版「MASS EFFECT INFILTRATOR」(EA) | Main | 新築マンション購入記 : 内覧会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6718/54318077

Listed below are links to weblogs that reference レビュー企画参加記事 iOS版「Flight Control Rocket」(EA):

« レビュー企画参加記事 iOS版「MASS EFFECT INFILTRATOR」(EA) | Main | 新築マンション購入記 : 内覧会 »