June 01, 2014

黒梅酒 2014

例年通り、今年も漬けました。

[ 材料 ]
・梅 600g (「和歌山産」とは書かれているけど「南高梅」とは書かれていない ^^;)
・黒砂糖 300g x2 袋
・泡盛 1升 (いつもの「アキバ泡盛」こと瑞穂 5年)

「アキバ泡盛」こと、いつも泡盛を買っている、秋葉原というより末広町駅出てすぐの、「琉球泡盛 前里商店」のおじさんが、足を悪くしているせいか年々元気がなくなってきているのがちょっと心配です。
今年は「昨日から食欲がなくて」と言われてぎょっとしましたが、飼っているネコの話題でした。もう十数年、私が通い出すより前からおじさんに飼われている、赤グレーの猫です。今日の暑さのせいかぐったりと寝ていました。突つくと「邪魔すんな」とばかりに睨んできましたが、頭を向けるだけで起き出そうともしません。この夏を越せるのかどうか。
おじさんともども元気で過ごして欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2013

黒梅酒 2013

P6093065
実際に漬けたのは1週間前の話。書き忘れてました。 今年も漬けました、黒糖泡盛梅酒。

レシピは「いつも通り」なのですが梅の大きさのせいか、お酒の量が多いような気がします...。

[ 材料 ]
・梅 それぞれ300g x2 (なぜか今年は小分けで売られていた)
・黒砂糖 300g x2 袋
・泡盛 1升 (いつもの「アキバ泡盛」こと瑞穂 5年)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2012

ボージョレ・ヌーボー 2012

Pb223005Pb223006
バックナンバー: 2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年

ノートPCをメンテナンスに出していて(これについてはまた後で書きます)記事が遅れましたが、今年も飲んでいます。今年も「樹齢100年以上のぶどうの樹~」の...ってラベル変わってる ? と店頭でてきとうに見つけたものと計2本買いました。

今年はぶどうが不作だったとのことで、あまり期待していませんでした...やっぱり不味いですかね。酸っぱいです。
同様に「酸っぱい」でも去年は「ぶどうというより他の果物のような酸味」で「フルーティ」でした。今年は「カスカスな味」で、単純にぶどう自体の糖度が足りないんじゃないかと思います。要するに味が悪い。
個人的には、2006年のコンビニで買った安物以来のハズレ年でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2012

黒白梅酒 2012

去年の黒梅酒も、いい感じに漬かりました。

P6092345

2009年の容器が空いたので、2009年同様2種類漬けてみました。
P6092347

すでに「梅雨入り」の季節の年間行事ですね。
花見・花火大会等、あちこちで好評をもらっているので作りがいがあります(おだてられて調子に乗っている、ともw)。

[ 材料 ]
・梅 それぞれ500g (南高梅 大玉と表示)
・黒砂糖 300g (ダイエー おいしくたべたい 沖縄黒糖)
・氷砂糖 約300g (目分量)
・泡盛 1升を分配 (いつもの「アキバ泡盛」こと瑞穂 5年)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2011

ボージョレ・ヌーボー 2011

Pb222141
バックナンバー: 2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年

いつも買っている安売り酒屋が居抜きで別のチェーンに代わり、「樹齢100年以上のぶどうの樹うんぬん」のワインが復活していました。ついでに別のボトルも買いました。「エコ」だとかで、首の部分にカバーがついていません。化学肥料なしでぶどうを育て、酸化防止剤添加も最小限だとか。

今日になってやって両方飲んでみましたが、今年はどうも「酸っぱい」ですね。どちらのボトルも酸味が強く、ぶどうというよりキウイとかの別の果物っぽい酸味がします。
かといって不味いわけでもなく、「酸っぱ目のぶどう」ならばフルーティであると評価できる味になっていると思います。通常期待するのはもっと「ぶどうぶどうした果実味、甘味」だと思いますが、これも「ブドウ」と大きなくくりでは果実味がしっかりとしているかと。
個人的にはもっと甘めの方が好みですが、これはこれでうまく料理を併せれば、十分楽しめる出来だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2011

黒梅酒 2011

去年の黒梅酒も、いい色に漬かりました。まだ試飲していないので懸念の味の方はわかりません。でも美味しそうです。

P6121885

そして今年も漬けました。

P6121883

・梅 1kg (南高梅 中玉)
・黒砂糖 600g (ダイエー おいしくたべたい 沖縄黒糖)
・泡盛 1升 (いつもの「アキバ泡盛」こと瑞穂 5年)

来年は新居で「漬かった/漬けましたた報告」かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2010

ボージョレ・ヌーボー 2010

Pb201808
バックナンバー: 2009年2008年2007年2006年2005年2004年

昨年まで3年連続で買った「樹齢100年超のぶどうの樹の実だけを使った」というワインを今年も買おうといつもの安売り酒屋に行ったのですが、「今年は別の企画ワインで様子を見る」とかなんとかで買えませんでした。んで代わりに買ったのがこれ。なんでも「有名な杜氏(ワインだと違うかw)3人による合作ワインで、さらに有名な人が監修している」とかなんとか...まあ、コンビニの不味いワインでよく見るあの人のように、名前が有名だからといって美味しいワインかどうかは別問題なんですけどもね(^_^;

そんなわけであまり期待しないで飲んでみたわけですが...お、今年のはけっこう美味しいですよ ? フルーティで軽くてさっぱりとした飲み口です。でも「薄い」わけじゃない。「若い」感じ。でもしっかりと「ワイン」になっています。2008年のものに近いのかな。
あちこちで「在庫僅少」になっているのを見ると、円高だけじゃなくて出来の良さもちゃんと評価されているのかな、と思います。

余談。
合わせるチーズ選択をちょっと失敗。新宿サザンテラスにできた北海道ショップで買った「チーズ工房角谷 手作りカマンベール」、とてもチーズ臭くて強い味で、ワインのほうが負けてしまいました(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2010

手打ちそば「みの屋」(長野県・大町)、スパケッティ「どんぐり」(長野県・松本)

土日の木崎湖キャンプのときに立ち寄ったお店の紹介。

土曜日の昼食は大町市街から木崎湖へ行く道沿いの「みの屋」に入りました。
そばの味がしっかりとする手打ちそばと、サクサクの天ぷらです。

P8211651
P8211652

日曜日の昼食は、松本まで移動して「どんぐり」へ。
「パスタ屋」というより「スパゲッテイ屋」で、スパゲッティをオムレツにしたりグラタンにしたりという、ちょっと変わった料理もありました。
繁盛店のようで、午後2時過ぎに入店しても満席でした。
注文したのはオーソドックスな、ナスとベーコンのパスタソース。シコシコ・ぷりぷりした麺とちょい辛のソースとがよく絡まって、夢中で食べてました。

P8221788

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

黒梅酒 2010

去年の黒白梅酒は、こんな感じに漬かりました。

P6061581
白の方はイイ色が出てます。黒い方もよく漬かってる感じです。

今年も黒を漬けました。
・梅 1kg
・黒砂糖 600g
・泡盛 約9合 (1升使い切らずに余ってしまった)

P6061580
今回あわてて作業したので瓶が乾ききっていなかったり、ヘタ(?)をうまく取れなかったりしたかもしれず、味が落ちるかも...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2010

あなご料理と大分豊後料理「あな太朗」(歌舞伎町)

昨日の話になってしまいましたが、XboxのSNSを通じて知り合った友人たちと、歌舞伎町の「あな太朗」に行ってきました。
なんでも、あなごの美味しい店だとのことで、刺身、寿司など生のあなごが目当てです。

お通しの次に出てきたのが鶏のたたき。うん、肉質も悪くないです。
2010020801

そしてお目当てその1、あなごの刺身。魚でも獣でもない独特の食感です。
言われてみればあなごの味がしますが、普段刺身では食べませんから「これな~んだ ?」と出されたら、たぶん答えられません(^_^;
2010020802_2

茶碗蒸し。中に焼いたあなごが入っています。これは、まあ想像がつく味ですかね。いつものあの味です。
2010020803

鶏肉、牛肉と野菜の溶岩(?)焼き。肉質は悪くないです。
2010020804

お目当てその2。生あなごのにぎり寿司。刺身同様、白身でも赤身でもない食感と薄めの味で、黙って出されたらあなごだとわからないかも。
2010020805

どうしても気になるから、とコースに含まれないユッケも注文してみました。
タレと生卵とあなごが不思議な取り合わせで、「よくこんな食べ方をしようと思ったよな」と関心してしまいました(^_^;
2010020806

コースだけでは足りない食べ盛り君(笑)が頼んだのが、このあなご茶漬け。贅沢に盛られたあなごが魅力的です。
大将曰く「まずはお茶をかけないで食べてみて」...それってあなご丼 ? w
次に来たときは忘れずに注文します。
2010020807

デザートは「豆乳チーズケーキ」...というかどう見ても杏仁豆腐w と、かぼす(って言ってたような...)のシャーベット。ジューシーで口の中がさっぱりしました。
2010020808


生のあなごは臭みが心配でしたが、そんなこともなく、すんなり美味しくいただきました。
大分では普通なのかもしれませんが、東京ではあまりあなごを生で食べませんから、なかなか貴重な体験をしました。
まだ試していないあなご料理もあるので、また機会を作って食べに来たいですね。

場所はコマ劇場の前の道をそのまま突っ切って歌舞伎町の奥へ、大久保方面に向かって、病院の前です。
ちょっと門構えで損をしているかも ? (^_^;
2010020809

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧