June 08, 2008

「戦極」を観てきた

いつもツーリングに連れ回してくれている、小中学校時代の友人から連絡が来たのが金曜日。「格闘技の戦国(字が間違っている)ってののチケットが安く手に入るんだけど、見に行く ?」ツーリング以外の連絡とは珍しい。しかも格闘技。「いや、俺もよく知らないけど」とのこと。

「出場選手では吉田しか知らないけど、せっかくだから行ってみようか」という感じで、「戦極~第三陣~」@さいたまスーパーアリーナを観てきました。

20080608動画とかも撮ったんですが、どこまで公開していいか判断しかねるので無難な写真だけ載せておきます。

こんなかんじで、実況・解説席の後ろ、VIP席の直後の列で、リングまでわりと近かったです。選手の表情とかもよく見えました。心なしか汗の臭いも漂ってきたような(^_^; 格闘技を生で観るのは初めてですが、いい席で観られて良かったです。遠くから米粒のような選手を観ていたら、わけがわからなくて二度と行きたくなくなるでしょうね(^_^;

さて、試合内容についてですが。
正直格闘技はあまり詳しくありません(^_^; 知っている選手と言えばグレーシー(兄弟ひとからげ^^;)、シウバあたりの有名どころとか、話題になった曙とかw あとは、ああ、「クイズマジックアカデミー」の問題で覚えてしまった名前が少々(苦笑)。もちろん、観ていて駆け引きとかよくわかりません。
最初の方のカードで、パンチ一発でTKOなんてのがあったんですけど、なにが起きたのか訳がわからず、スロー再生を観てやっと理解したような感じです。後のカードでも、グラウンド状態から腕を取りに行ったのは見えていても、腕ひしぎ逆十字がいつ極まってギブアップを取ったのかはよく見えなかったり。
それでも、何か惹きつけられるというか集中して観てしまったのは、本能的に何か感じるところがあったかもしれません(^_^; 時間が短く感じられました。生観戦は家でだらだらとTVを観ているのとは違いますね。

次回も同じコネを使えて安く行けるなら、もうちょっと人数を集めてワイワイと観たいですかね。そうすればもっと楽しめそうな気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2007

2007 F1日本GP 観戦記 (Side A)

F1観てきました ! 友人がチケットを手配してくれた5月から、ずっと楽しみにしてましたですよ !!
もっとも、セナが亡くなって、ヒルやシューマッハの時代になった頃に観なくなって、それからずいぶん経っているので、ドライバーとかあまり知らなかったんですけども(^_^; 急いでハミルトンとか琢磨とか覚えましたよw

席は、「よく描かれるコース図」の左下、シケインから坂を登っていくあたりの外側(下記動画参照)。メインスタンド、第1コーナーにはかなわないけど、けっこうイイポイントだったと思います。

・予選

ラルフ・シューマッハがシケイン入り口で接触、そのままリタイヤする様子を、接触の瞬間から目撃しました。
最後、マーシャルの運転するビッグスクーターの後ろに乗ってトコトコと引き揚げていく様はちょっとマヌケでしたw

20070929_02
20070929_03
20070929_04

最後のルイス・ハミルトンのアタックは鬼気迫るものがあり、けっこう迫力がありました。逆転でポールポジションをゲット、とけっこう盛り上がりました。

・決勝

あいにくの天候で、セーフティカーの先導によるローリングスタートになってしまいました。
セーフティカー、けっこう上手いドライビングですねw 動画を撮ってしまいました。


さすがにハミルトンは速いです。一人だけ別次元の走りで、後続をぐんぐん引き離すのがよくわかりました。
そして、終盤のフェラーリの2人のそれぞれの順位争いのバトルは、観ていて熱くなりましたね。特に最終週のマッサの押し合いへし合いは、いつ「クラッシュして両者リタイヤ」にならないかとヒヤヒヤもしました。

・総括

年に一回のお祭り、そして(チケット入手などの面で)そうそう簡単には観られないF1を観られたのは、いい思い出になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2005

第50回 有馬記念

以前はPCでデータ管理と予想をしていたのですが、今年春にJRA-VANが提供するデータ形式を大改造してしまったせいでプログラムが使えなくなってしまいました。そんなこんなでしばらく競馬から遠ざかっていた(そういうときに限って三冠馬とか出るし !)のですが、「年の締めくくりのグランプリ」有馬記念はついつい買ってしまいました。

[予想]
◎「無敗の三冠馬」ディープインパクトは外せないでしょう。つーかこの馬は負けちゃいけません(笑)。
○ハーツクライ。前走JCの超僅差負けほか、惜敗続きで実力はちゃんとあるので、鞍上がうまく乗ればディープを差すかも。
▲ゼンノロブロイ。去年の勢いはないにしても、やっぱり古馬勢「対ディープ」の筆頭、総大将でしょう。でも下がり調子なので評価下げ。
△デルタブルース。ローテーションと鞍上が不気味。なんかやりそう。
△ヘヴンリーロマンス。牝馬で買うならこれ。秋天勝ちは伊達じゃない。

有馬記念は、よく「その年の事件・世相」とかを表す結果(9-11が起きた2001年はマンハッタンカフェ-アメリカンボス)になったりという、オカルト的な側面もあることから、ハーツクライ、ヘヴンリーロマンス今年の漢字「愛」のイメージも予想に加味されています(苦笑)。

[レース結果]
1着 ハーツクライ。いつもは差していたのに、今回はまさかの先行抜け出し。騎手がうまく乗った。
2着 ディープインパクト。いやぁ、負けるところは観たくなかったなぁ。スタート後から後方で競馬していたのでちょっと不安だったのが、的中。「いつもの武戦法(3コーナーあたりからスロースパートをかける)」も届かない展開でした。
3着 リンカーン。ああ、ノーマークでした。直線でするするっと伸びてきた ? いつの間にか3着でした(^_^;

ハーツクライが来たのは愛の力か実力か(苦笑)。
あれ、ロブロイは何着ですか ? 見所なかったなぁ。「世代交代」がはっきりしたなぁ。

で○-◎で的中したのはいいのですが、ほかにも買いすぎたのと配当が安いのとで「当てたのに損」というシロウト競馬になってしまいました...とほほ、情けない。残念でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 17, 2005

ロッテ優勝キター !!

いや、別にロッテファンというわけではないんですが「31年優勝なし」となると判官贔屓したくなるじゃないですか。
そして相手が阪神って、ちょっと前まではどっちも「最下位争いチーム」で、とても考えられない、ある意味「夢の組み合わせ」ですよ(苦笑)

こりゃ今年は異常気象だし地震も来るわけだ。...もうこれ以上おかしなことが起きないことを祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)